エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

by BITTIMES

エルサルバドルのBTC保有量を確認できる専用サイト

ビットコイン(BTC)を法定通貨として採用していることでも知られるエルサルバドルは2024年5月13日に、エルサルバドル政府が保有するビットコイン数量をリアルタイムで確認できる専用サイトを公開した。

エルサルバドルは2021年にビットコインを自国の法定通貨の1つとして採用して以降、継続的にビットコインを購入し続けており、現在は「毎日1ビットコインを購入する取り組み」も続けられている。

今回公開されたウェブサイトはエルサルバドル政府のBTC保有量などをリアルタイムで確認できる専用サイトで、エルサルバドルの仮想通貨関連プロジェクトを管理する機関であるThe National Bitcoin Office(ONBTC)からも以下のように報告されている。

エルサルバドルには現在、誰でもビットコイン国庫の保有状況を確認できる独自のmempoolスペースがあります。

詳細は次の投稿をご覧ください。

エルサルバドルのビットコイン国庫情報はこちら:
https://bitcoin.gob.sv

保有量の変化・BTC関連情報なども掲載

公開されたウェブサイトでは「エルサルバドル政府のビットコイン保有量」に加えて「過去7日間・過去30日間の保有量の変化」も確認することができる。

また、トランザクション履歴・トランザクション手数料・現在のブロック高・ハッシュレート・採掘難易度などといった各種情報も確認できるようになっている。

2024年5月14日時点のデータによると、エルサルバドル政府は現在5,749.76 BTCを保有しているとのことで、過去7日間では8.00 BTC、過去30日間では31.01 BTC保有量を増やしたと報告されている。

(画像:bitcoin.gob.sv)(画像:bitcoin.gob.sv)

少額の取引履歴なども詳しく記載

残高履歴の詳細を確認すると、エルサルバドル政府が現在も毎日1ビットコイン購入戦略を継続していることがわかるが、その他にも少額のビットコインが同アドレスに送金されていることも記録されている。

エルサルバドル政府はビットコインを管理するウォレットアドレスも公開しているため、一般のビットコイン保有者などからBTCが送金されている可能性もあると考えられる。

エルサルバドル政府のビットコイン保有量を確認できるサイトとしては「Nayib Tracker」が有名だったものの、このサイトは正確な保有量を記録したものではなく、過去には「実際の保有量とズレがあること」も確認されていた。

今回公開されたウェブサイトは、ビットコインのオンチェーンデータを使用してエルサルバドルのBTC保有量を可視化したウェブサイトとなっているため、エルサルバドル政府が保有するビットコイン数量を正確に把握したい場合には、このサイトのデータを確認すると良いだろう。

>>ビットコイン関連の最新ニュースはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

フィナンシェ「IEO支援事業」を開始|株式会社Lightとパートナーシップ契約を締結

フィナンシェ「IEO支援事業」を開始|株式会社Lightとパートナーシップ契約を締結

「スターバックス」でビットコイン決済導入の可能性|Bakkt経由で2020年開始か

「スターバックス」でビットコイン決済導入の可能性|Bakkt経由で2020年開始か

Huobi Japan「ベーシックアテンショントークン(BAT)」取扱いへ

Huobi Japan「ベーシックアテンショントークン(BAT)」取扱いへ

macOSを狙う新マルウェア「Realst」に要注意|仮想通貨ウォレット情報などが盗まれる可能性

macOSを狙う新マルウェア「Realst」に要注意|仮想通貨ウォレット情報などが盗まれる可能性

NFTの発行・運営まで総合支援「SBINFT Mits」登場|様々なサポート機能を搭載

NFTの発行・運営まで総合支援「SBINFT Mits」登場|様々なサポート機能を搭載

インドが仮想通貨ペトロの取引を停止

インドが仮想通貨ペトロの取引を停止

注目度の高い仮想通貨ニュース

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

米国の国家予算を「ブロックチェーン」で公開する方針:米大統領候補ケネディJr氏

米国の国家予算を「ブロックチェーン」で公開する方針:米大統領候補ケネディJr氏

カルダノのオープンソース開発を推進「PRAGMA」設立|dcSpark・Sundae Labsなども参加

カルダノのオープンソース開発を推進「PRAGMA」設立|dcSpark・Sundae Labsなども参加

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す