米SEC:イーサリアム現物ETFの19b-4申請を全て承認|年内上場に期待高まる

by BITTIMES

イーサリアム現物ETFの19b-4申請書類を承認

米国証券取引委員会(SEC)は2024年5月24日に、8社が提出していたイーサリアム現物ETFの19b-4申請書類を全て承認したことを発表しました。

「19b-4」は証券取引所でETFを取引できるようにするためのルール変更の提案書類です。今回の承認によって8社が申請している現物型のイーサリアムETFは証券取引所で上場・取引できるようになりました。

ただし、実際にイーサリアム現物ETFの取引を開始するためには、ETFの構造・投資目的・運用方法・リスク要因・手数料などの詳細情報を記載した「S-1」書類の承認が必要となるため、正式な取引開始までには数日〜数ヶ月ほどかかる可能性があります。

イーサリアム現物ETFの正式な取引開始日時はまだ不明であるものの、今回の承認によって米国でイーサリアム現物ETFがローンチされる可能性が大幅に高まったため、今後の展開やさらなる詳細発表には期待が高まっています。

承認されたイーサリアムETFと上場先

今回承認されたイーサリアム現物ETFは「Grayscale、Bitwise、BlackRock、VanEck、ARK 21Shares、Invesco Galaxy、Fidelity、Franklin Templeton」の8社によるもので、ETFの名称や上場先については以下のように報告されています。

ETFの名前上場先
Grayscale Ethereum TrustNYSE Arca
Bitwise Ethereum ETFNYSE Arca
iShares Ethereum TrustNasdaq
VanEck Ethereum TrustCboe BZX
ARK 21Shares Ethereum ETFCboe BZX
Invesco Galaxy Ethereum ETFCboe BZX
Fidelity Ethereum FundCboe BZX
Franklin Ethereum ETFCboe BZX

イーサリアム現物ETF承認の背景

最近では、米SECがイーサリアム現物ETFの申請企業に対して「19b-4書類の更新」を突如要求したことが報告されていましたが、その後は8社が「ステーキングに関する文言を修正した修正版書類」を実際に提出したことが確認されていました。

イーサリアム現物ETFに関しては「米SECが180度方針転換してイーサリアム現物ETFを承認する可能性がある」との噂も出ていました。

この方向転換については「2024年11月に予定されている米大統領選挙に関する政治的な要因が絡んでいる可能性がある」との意見も出ており、SECがイーサリアム現物ETFを非承認とした場合にはバイデン政権の支持率が下がる可能性があるため、承認する方向で動いている可能性があると予想されています。

ドナルド・トランプ氏は今月9日に「仮想通貨支持派ならドナルド・トランプに投票すべき」と語っており、バイデン政権の仮想通貨に対する敵対的な姿勢を止める方針を示しています。

>>イーサリアム関連の最新記事はこちら

米SEC発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融の歴史からみる「ビットコイン」BTCは未来通貨になるのか?イェール大学教授が解説

金融の歴史からみる「ビットコイン」BTCは未来通貨になるのか?イェール大学教授が解説

Mastercard×Bakkt「仮想通貨報酬還元」などを可能にする新サービス提供へ

Mastercard×Bakkt「仮想通貨報酬還元」などを可能にする新サービス提供へ

ロシア民間商業銀行:ブロックチェーン活用した「公共料金決済システム」を開発

ロシア民間商業銀行:ブロックチェーン活用した「公共料金決済システム」を開発

YELLtum「フードフェスティバル・スタジアムグルメEC」提供開始|食関連で地域活性化

YELLtum「フードフェスティバル・スタジアムグルメEC」提供開始|食関連で地域活性化

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

カルダノ(Cardano/ADA)ウォレット数「100万」を突破|半年で約5倍に増加

カルダノ(Cardano/ADA)ウォレット数「100万」を突破|半年で約5倍に増加

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ開発企業「ブエノスアイレス大学法学部」とMOU締結|アルゼンチンで提携進む

カルダノ開発企業「ブエノスアイレス大学法学部」とMOU締結|アルゼンチンで提携進む

Cardano分散委任ツールの「Atrium」2024年第3四半期にメインネット公開予定

Cardano分散委任ツールの「Atrium」2024年第3四半期にメインネット公開予定

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

【年率100%】ソラナ(SOL)の「貸して増やすキャンペーン」開始:ビットポイント

【年率100%】ソラナ(SOL)の「貸して増やすキャンペーン」開始:ビットポイント

PayPalのステーブルコイン「PYUSD」ソラナ上でも利用可能に|機密送金機能も提供

PayPalのステーブルコイン「PYUSD」ソラナ上でも利用可能に|機密送金機能も提供

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

バイデン大統領:米SECによる仮想通貨の会計規則「SAB 121」の撤回を拒否

バイデン大統領:米SECによる仮想通貨の会計規則「SAB 121」の撤回を拒否

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

coinbook:NIDT買い物サイト「C.B.Shop」でオリジナルTシャツを第二次販売

coinbook:NIDT買い物サイト「C.B.Shop」でオリジナルTシャツを第二次販売

オーストラリア初の現物ビットコインETF「Monochrome Bitcoin ETF(IBTC)」取引開始

オーストラリア初の現物ビットコインETF「Monochrome Bitcoin ETF(IBTC)」取引開始

ビットレンディング:金連動型暗号資産キンカゴールド(Kinka Gold/XNK)取扱開始

ビットレンディング:金連動型暗号資産キンカゴールド(Kinka Gold/XNK)取扱開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す