Symbol活用の服薬アプリ「DrugN」Web3健康管理サービス提供開始

by BITTIMES

DrugN「スマホアプリのα版」もリリース

シンボル(Symbol/XYM)を活用した服薬アプリ「DrugN」を展開している「HealthCareGate」は2024年6月6日に、健康維持で利用しているサプリや健康食品を"推し商品"として管理できる「Web3健康管理サービス」を開始したことを発表しました。

DrugN(ドラッグン)は、Symbolのブロックチェーンを活用したiOS・Android向けの服薬管理アプリであり、自分が使用している薬の情報や服薬記録を登録すると、ポイントやNFTが付与されるサービスが展開されています。

薬の登録は「バーコードスキャン」や「バーコード数字の手入力」などで簡単に行うことが可能で、病院で処方される薬だけでなく、サプリメント・健康食品・嗜好品なども登録できるようになっています。

DrugNは元々、一部ユーザーのみが利用可能なβ版サービスとして提供されていましたが、現在は「App Store」と「Google Play Store」から誰でもα版アプリをダウンロードできます。

なお、DrugNには「新しいSymbolウォレットの作成機能」も搭載されているため、Symbolウォレットを持っていない場合でも簡単にウォレットを作成してアプリを利用することが可能です。

薬・サプリ・健康食品を「推し商品」として登録・管理

今回発表されたWeb3健康管理サービスでは、アフィリエイトリンクのNFT管理システムが搭載されているため、ユーザーは自身が健康のために活用しているサプリメントや健康食品をお気に入り商品(推し商品)として登録・管理することによって、今後実装予定のヘルスケアデータクリエイターマーケットに参加することができると説明されています。

DrugNマーケット上に登録されていないサプリメントや健康食品をはじめて登録した場合には、自分の"推し商品"として実装予定の「推し活マーケット」における推し活権利を手に入れることができるとのことです。

これによって、ユーザーは健康インフルエンサーとして稼いだり、アフィリエイトリンクを育てて売却したりできると報告されています(最初は初期版を搭載、今後機能拡充予定)。

早期参加で「限定NFT参加賞獲得」のメリット

DrugNには参加するタイミングによって付与される会員レベルが異なる仕組みも搭載されているとのことで、今回の参加フェーズでは「EarlyPlayer」としての会員資格が付与されると報告されています。

今後は、会員資格によって受けられる恩恵が変化する機能の搭載も予定しているとのことです。(記事掲載時はβPlayerとしての会員資格、今後6月10日頃をめどに限定5000人分を準備予定)

また、DrugNアプリには服薬管理や飲み合わせの確認について、オンラインチャットで薬剤師に相談できる機能も搭載されており、今後は「国内製品・米国製品についてAIで自動レスポンスできる機能」も実装されると報告されています。

【株式会社HealthCareGate代表からのコメント】
DrugNを提供するのは、本日令和6年6月6日に6期目を迎えました株式会社HealthCareGate。

昨今Web3技術の社会実装が注目を浴びる中で、オンライン薬剤師とブロックチェーンを軸に基礎研究開発を続け、ヘルスケア分野への活用に向けておよそ2年の実証実験を積み重ねてまいりました。

最も効果的な活用方法やユーザー体験の向上ケースの1例としてこのプロダクトをストアから提供します。

DrugNの現在地はまさにここから始まるところです。

多くの方に使っていただきながらさらに使い勝手の良いプロダクトやインセンティブ満足度の高いアプリを目指して参ります。 どうぞ手にとっていただき今後の成長を期待し、推しの健康管理アプリとしてご活用ください。

>>Symbol・XYM関連の最新ニュースはこちら

HealthCareGate発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

The Sandbox:人気DJ「Steve Aoki」の近隣土地販売へ|LANDセールまもなく開始

The Sandbox:人気DJ「Steve Aoki」の近隣土地販売へ|LANDセールまもなく開始

OKCoinJapan:アービトラム(Arbitrum/ARB)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:アービトラム(Arbitrum/ARB)取扱いへ【国内初上場】

Gemini「XRP」の取引開始|リップル裁判の判決受け、米暗号資産取引所で上場続く

Gemini「XRP」の取引開始|リップル裁判の判決受け、米暗号資産取引所で上場続く

ビットコイン、2024年の半減期で「4万ドル〜5万ドル」になる可能性:PlanB氏の価格予想

ビットコイン、2024年の半減期で「4万ドル〜5万ドル」になる可能性:PlanB氏の価格予想

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

注目度の高い仮想通貨ニュース

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

米SEC委員長「イーサリアム現物ETFの上場承認時期」についてコメント

米SEC委員長「イーサリアム現物ETFの上場承認時期」についてコメント

バイナンスジャパン「Simple Earnの追加銘柄に関するアンケート第1弾」開始

バイナンスジャパン「Simple Earnの追加銘柄に関するアンケート第1弾」開始

Web3.0・ブロックチェーン技術の社会実装推進に向けて事業者募集:JISSUI

Web3.0・ブロックチェーン技術の社会実装推進に向けて事業者募集:JISSUI

【続報あり】マウントゴックス「1兆円相当以上のビットコイン」を別ウォレットに送金

【続報あり】マウントゴックス「1兆円相当以上のビットコイン」を別ウォレットに送金

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

急速に成長するマルチチェーンベースのミームコインBase Dawgz、プレセールで100万ドルを調達

急速に成長するマルチチェーンベースのミームコインBase Dawgz、プレセールで100万ドルを調達

coinbook:NIDT買い物サイト「C.B.Shop」でオリジナルTシャツを第二次販売

coinbook:NIDT買い物サイト「C.B.Shop」でオリジナルTシャツを第二次販売

トランプ前大統領「ライトニングネットワーク経由のビットコイン寄付」受付開始

トランプ前大統領「ライトニングネットワーク経由のビットコイン寄付」受付開始

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

イーサリアム共同創設者が語る「セレブミームコインに必要なもの」

イーサリアム共同創設者が語る「セレブミームコインに必要なもの」

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す