Celoの新たなレイヤー2テストネット「Dango」がローンチ

by BITTIMES

Celo Foundationが新テストネット「Dango」を発表

2024年7月7日、Celo Foundationは新たなレイヤー2テストネット「Dango」を正式にローンチしました。これは、EVM互換のスタンドアロンブロックチェーンをイーサリアムに統合するcLabsの取り組みにおける重要な一歩となります。

「Dango」は、EthCC 2023で提案されたAlfajoresテストネットからのフォークにより誕生しました。この新テストネットにより、開発者は高速かつ低コストの決済ソリューションを提供するブロックチェーン上でのプロジェクト展開を準備できるようになります。

今回のローンチによって、Alfajoresのスマートコントラクト、アカウント、残高を含むすべての履歴データが保存され、引き継がれることになります。また、テストネットはOptimismのOP Stack上に構築されているだけでなく、EigenDAを代替データ可用性レイヤーとして使用しています。

このフォークにより、Celoのエコシステムはイーサリアムとの統合が進み、開発者にとってより柔軟で強力なプラットフォームが提供されます。例えば、Dango上では取引手数料が低く抑えられ、ブリッジングも容易になります。また、ブロック生成時間が従来の5秒から2秒に短縮され、より迅速な取引が可能となります。

「Dango」の実装と今後の展望

Dangoの導入により、150カ国以上で使用されているCeloのL1の利点が最大限に活かされます。この成功により、インフラプロバイダーはレイヤー2ノードコードのアップグレードを開始しました。2024年冬にはCeloレイヤー2メインネットのローンチが予定されています。

新たにローンチされた「Dango」は、Celoエコシステムとイーサリアムの融合を促進する重要なステップです。これにより、低コストで高速な取引が可能となり、ブロックチェーン技術のさらなる普及が期待されます。

>>仮想通貨関連の最新ニュースはこちら

公式発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェック:仮想通貨の「毎日つみたてプラン」提供開始

コインチェック:仮想通貨の「毎日つみたてプラン」提供開始

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

Ripple社:モニカ・ロング氏を事業部門責任者に任命

Ripple社:モニカ・ロング氏を事業部門責任者に任命

ビットトレード:アプトス(APT)・トンコイン(TON)取扱いへ

ビットトレード:アプトス(APT)・トンコイン(TON)取扱いへ

DeFi・DEX・NFTなど暗号資産取引を集約&可視化「ディファイタクト」登場

DeFi・DEX・NFTなど暗号資産取引を集約&可視化「ディファイタクト」登場

Brave Software:広告契約の取引所「NYIAX(ナイアックス)」と提携

Brave Software:広告契約の取引所「NYIAX(ナイアックス)」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説