イーサリアム「ガス価格」問題は解決できる|Vitalik Buterin

by BITTIMES   

イーサリアム(ETH)の共同創業者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は、ETHのトランザクションフィー(取引手数料)が大幅に変動している問題などを解決するために、理想的なガス価格(*1)を実現する新しい方法を7月3日に提案しました。
(*1)ガス価格(Gas Price):イーサリアムのトランザクションやプログラムを実行するために必要な手数料

Gas(ガス)の仕組み

ether-gas

Gas(ガス)とは?

『Gas(ガス)』とは、イーサリアム(ETH)での送金やプログラムを実行するために必要な燃料(ガソリン)のようなものであり、実行するためのガス消費の単位です。

わかりやすい例を挙げると、ガソリンのリッター単位のようなもので、
20gas=20リットル
のようなものであると考えるとわかりやすいでしょう。

プログラムの作業量をカウントするための単位として使用されており、その燃料費はEther(イーサ)から差し引かれます。様々な用途に使われるGasはその用途によって次のような種類があります。

Gas Fee (ガス手数料)

『Gas Fee (ガス手数料)』は、トランザクション(取引/処理)やプログラムを実行するために必要な手数料(Fee)のことです。この手数料はこれらの作業を行なってくれたマイナー(採掘者)に支払われます。

Gas Price(ガス価格)

『Gas Price(ガス価格)』は、イーサリアム送信者がマイナーに支払う一回あたりの手数料のことです。ガス価格はその時のGasの需要に応じてGasとEtherの交換レートのなかで変化します。この価格は非常に小さい値であるため、『wei』という単位で数えられます。

つまりこれは、ビットコインでいうところの『Satoshi』のようなものであり、具体的には以下のような単位が設定されています。

単位ether
wei(最小)0.000000000000000001ether
kwei0.000000000000001ether
mwei0.000000000001ether
gwei(shannon)0.000000001ether
szabo0.000001ether
finney0.001ether
ether1ether
kether1000ether
mether1000000ether
gether1000000000ether
tether1000000000000ether

ガス価格は、マイニング(採掘)を行なったマイナーへの報酬として支払われるため、設定額大きいほど早く送金を処理をしてもらうことができますが、実際の送金にかかる時間は、トランザクションの混み具合にも影響されます。

Gas limit(ガスリミット)

『Gas limit(ガスリミット)』は、トランザクションを実行する際にかかるGasの最大量です。Ethereumのホワイトペーパーでは『startGas』と呼ばれており、Ethereumの仕様を実装したクライアントの一つ「Geth」では『Gas』と呼ばれています。

実際に送金にかかる手数料

「My Ether Wallet」などのウォレットでイーサリアムを送金する際には、手数料を指定しなければいけません。この手数料は、送金を行う人が自分で設定できるようになっているものの、その最低価格は事前に決まっており、
Gas limit × Gas Price
で導き出すことができます。つまりイーサリアムの送金を行う際にはこの計算式を使うことで送金にかかる手数料を知ることができます。

一方マイナーが受け取る手数料は、この中の『Gas limit』から『remaining gas』と呼ばれる"Gasが足りなくなった場合のために多めに支払われるGas"を引いた金額に『Gas価格』を掛け合わせることで導き出すことができます。

取引手数料の問題点

イーサリアム(ETH)は、ユーザー自身が支払うガス価格を選択することができるように設計されていますが、取引を処理するマイナーは、通常ガス価格が高いものから実行していくため、設定されたガス価格が他のものと比べてどれほど高いかに応じて、実際にそれらのトランザクションが実行される可能性も高くなります。

この方法の問題点は、ユーザーが平均レートよりも高い料金を設定する意欲がなくても、取引が確実に行われることです。

これはつまり、取引に1ドルを払うという人がいる場合には、本来ならば1ドルまでは入札するつもりであるものの、その他すべての人々が0.05ドルにガス価格を設定している場合は、1ドルを支払う予定であった人も、0.08ドルで送金できてしまうということです。

このシステムは、イーサリアムの取引手数料にボラティリティを与える原因となります。イーサリアムネットワーク上では、何千ものDApp(分散型アプリケーション)が実行されていますが、それらのすべてはトランザクションの処理が必要であるため、ユーザーの設定によってトランザクションフィーに極端な価格変動を引き起こす可能性があります。

安定性と利便性を向上させる解決策

この問題に対する一般的な改善策として挙げられるのは『価格オークション』のシステムをとることです。このシステムでは、ユーザーが"トランザクション処理を行うために支払う予定の価格"のオークションを行います。そしてそのオークションが行われた後に、マイナーから受け入れられた最低の手数料が全員に適用されます。

ガス価格市場の安定性と利便性を向上させるための1つの提案:

Casper(キャスパー)、シャーディング(分裂)、またはアブストラクション(抽象化)に依存しません。
人々によって十分に見直された上で、これが大幅な改善をもたらすことが認められたならば、技術的にはメインネットへの変更として実装することができます。

例えば、マイナーに対し3つのトランザクション領域があったとして、
[.03 / .05 / .07 / .10 / .35]
の5つの入札単価が設定されていたとします。
その場合には、最も高い取引手数料 [.07 / .10 / .35] の上位3名が入札者に適用されます。

Ethereumネットワークは、3つのトランザクションよりも可用性が高く、このシステムを外れ値(*2)を除去するのに有効です。
(*2)外れ値:統計において他の値から大きく外れた値

これは、より良い解決策となるかもしれませんが、欠陥がないわけではありません。ブテリン氏が注目している2つの問題は次のとおりです。

  • マイナーは、より高額な取引手数料を大量にばら撒くことによって、価格を引き上げることができる
  • マイナーは、トランザクションの送信者が入札単価を引き上げて差額を払い戻すように仕組むことができる

txfeesマイナーは自分と取引することができるため、平均的なトランザクション(TX)料金を引き上げることができます。

ブテリン氏は、価格オークションの概念を拡張して、これらの問題に対して可能な回避策を公式で求めました。

blockfee提案されたイーサリアムの取引手数料の公式

この方法を採用することによって、最低限の取引手数料が維持され、マイナーが不正に価格を操作することができないようにすることができるとのことで、ユーザーは料金を指定する代わりに、トランザクションを発生させたい最小限のブロック数を指定することができます。

また、ユーザーはEthereum取引の現在の価格を確認することができ、料金がユーザーにとって高すぎる場合には、これらの取引は発生しません。この方法は無意味な取引を排除し、予想外の取引手数料の変動を取り除くのに非常に有効な策となります。

自由で安価な取引が有効であるように見えるかもしれませんが、Ethereumの現在のシステムでは実用的ではありません。取引手数料は、マイナーに報酬を与え、スパム攻撃から保護するために必要です。

もしもこの新しい提案が開発者とコミュニティから十分なサポートを受けることができれば、すぐにでもイーサリアムのメインネットに追加されることになります。

イーサリアム(ETH)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MetaMask:Chromeウェブストアから一時的に除外|突然消えた理由とは

MetaMask:Chromeウェブストアから一時的に除外|突然消えた理由とは

SIRIN LABS:IOTAではなくEthereumブロックチェーンを使用する

SIRIN LABS:IOTAではなくEthereumブロックチェーンを使用する

BITMAINが噂のASICマイナー発表|イーサリアム側は?

BITMAINが噂のASICマイナー発表|イーサリアム側は?

仮想通貨が使える大型ショッピングモール「BTC City」すでに100店舗が対応:スロベニア

仮想通貨が使える大型ショッピングモール「BTC City」すでに100店舗が対応:スロベニア

JPMorganのビットコイン適正価格分析「27万円」にマイナーが反論|JPMコインにも飛び火

JPMorganのビットコイン適正価格分析「27万円」にマイナーが反論|JPMコインにも飛び火

イーサリアム、今後5年で「仮想通貨の王」に ー 格付け機関Weiss Ratings予想

イーサリアム、今後5年で「仮想通貨の王」に ー 格付け機関Weiss Ratings予想

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨取引など「ネット収入の課税逃れ」対策に専門チーム発足:国税庁

仮想通貨取引など「ネット収入の課税逃れ」対策に専門チーム発足:国税庁

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

3Dプリンター×ブロックチェーンがもたらす「製造業のデジタル変革」発展の鍵は分散型管理

3Dプリンター×ブロックチェーンがもたらす「製造業のデジタル変革」発展の鍵は分散型管理

北アイルランドの首都、独自仮想通貨「ベルファストコイン」を発表|都市の発展促進へ

北アイルランドの首都、独自仮想通貨「ベルファストコイン」を発表|都市の発展促進へ

ビットコインの強気相場「人民元下落」が開始の合図|鍵は「7.00」BitMEX CEO

ビットコインの強気相場「人民元下落」が開始の合図|鍵は「7.00」BitMEX CEO

Tron CEO:投資の神「バフェット氏とランチ」へ|ブロックチェーン業界のリーダーも招待

Tron CEO:投資の神「バフェット氏とランチ」へ|ブロックチェーン業界のリーダーも招待

SBI北尾社長:中国投資協会ブロックチェーン・ビッグデータ委員会の「高級顧問」に就任

SBI北尾社長:中国投資協会ブロックチェーン・ビッグデータ委員会の「高級顧問」に就任

仮想通貨取引所BINANCE:米国ユーザー向けの「サービス停止」を発表|9月12日から

仮想通貨取引所BINANCE:米国ユーザー向けの「サービス停止」を発表|9月12日から

ビットコインで「株式・ETF」に簡単投資|仮想通貨ウォレットアプリ:Abra(アブラ)

ビットコインで「株式・ETF」に簡単投資|仮想通貨ウォレットアプリ:Abra(アブラ)

「ブロックチェーンとは?」ヨーロッパ医療機関の「44%」が初耳=IDC調査

「ブロックチェーンとは?」ヨーロッパ医療機関の「44%」が初耳=IDC調査

フェイスブック独自通貨の衝撃|XRP含むアルトコインは「ほぼ不要」に:Max Keiser

フェイスブック独自通貨の衝撃|XRP含むアルトコインは「ほぼ不要」に:Max Keiser

Block.one:EOSブロックチェーン活用した分散型ソーシャルメディア「Voice」を発表

Block.one:EOSブロックチェーン活用した分散型ソーシャルメディア「Voice」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

人気のタグから探す