イーサリアムのブロックチェーンにエビやドラッグが負荷を与える

by BITTIMES   

イーサリアム(ETH)のネットワークには、Gas料金の上昇を招く新たなゲームが増加しています。これらの分散型アプリケーション(Dapps)が人気になるにつれて、イーサリアムのブロックチェーンは混雑してきており、エンタープライズ採用の準備ができているかどうかについての疑問を与えています。

人気を集めるイーサリアムのDapps

Ether CartelEther Cartel(ethercartel.comから)

イーサリアム(ETH)でアイテムを購入し交換できるという仮想通貨を基盤にしたゲームが増えてきています。海外で流行している代表的なゲームであるcryptokitties(クリプトキティーズ)をはじめとした、Ether Shrimp Farm(イーサ・シュリンプファーム)、Ether Cartel(イーサ・カルテル)などのゲームは、ETHで購入したアイテムを他のユーザーと交換したりしながら様々なアイテムをコレクションすることができます。

4chanで作成され育まれてきたこれらの新しいゲームは、Gus価格を引き上げ、現状のブロックチェーンの脆弱性を示しています

DappRadarの新しいカテゴリリストに1位として挙げられているゲーム『Ether Cartel』は、ゲーム上でドラッグを生産し販売します。このゲーム上では過去24時間で33ETH以上のイーサリアムが移動されており、2,500件もの取引が記録されています。

『Ether Shrimp Farm』は、イーサリアムで購入したエビを孵化して販売するといった内容のゲームです。こちらのゲームでは、先週だけで43,000件の取引が行われているとされています。

これらのプロジェクトはイーサリアムの人気を促進するはずだったにも関わらず、実際には深刻な問題をもたらす結果となりました。

ゲーム内の取引がブロックチェーンに負荷を

Ether Shrimp FarmEther Shrimp Farmの画面(ethershrimpfarm.netから)

猫の育成やエビの養殖、ドラッグの生産に熱中するプレイヤーが増加しすぎた結果、ゲーム内での購入や交換がブロックチェーン構造に大きな負荷をかけはじめています。

専門家によると、イーサリアムネットワーク内の全送金の約13%がゲーム内での取引で行われており、ゲームが人気になるにつれて多くのイーサリアムユーザーがゲームとは関係のない送金や購入に問題を感じた結果、イーサリアムを避けてその他の仮想通貨へと移動しているとのことです。

エビや猫による問題提起

これらのエビや猫のゲームは、世界で2番目の人気を誇る仮想通貨であるイーサリアム(ETH)に潜む重要な問題を提起しています。

1人のRedditユーザーが次のように述べています。

「2番目に大きい仮想通貨がデジタル猫の育成やエビ農場によって破壊される可能性がある場合、それはプライムタイムの準備が整っておらず、大量採用の前には長い道のりがあることを示します。これらのゲームは馬鹿に見えるかもしれませんが、生態系全体に対する貴重なストレステストとして機能し、弱点がどこにあるのかを示しています。

イーサリアムのVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏は、Shardingが現在開発中であることを発表しています。これはEthereumブロックチェーンを拡張してトランザクションの量を増やすことで、ブロックチェーンのトランザクション処理をスムーズにする方法です。

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)ならイーサリアムも取引手数料無料で購入することができます。

仮想通貨取引所 bitbank の画像イーサリアム(ETH)を取引手数料無料で購入できる仮想通貨取引所bitbankはこちら

(引用:news.bitcoin.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

日本国内の「ブロックチェーン普及促進」に向け業界団体が連携|参加企業500社を目指す

日本国内の「ブロックチェーン普及促進」に向け業界団体が連携|参加企業500社を目指す

My Crypto Heroes:仮想通貨取引所「Decurret」とのコラボキャンペーンを開催

My Crypto Heroes:仮想通貨取引所「Decurret」とのコラボキャンペーンを開催

ドミノ・ピザ:ブロックチェーンとAIで「業務効率化」へ|SingularityNETと提携

ドミノ・ピザ:ブロックチェーンとAIで「業務効率化」へ|SingularityNETと提携

仮想通貨が稼げる「駐車場情報共有アプリ」を発表:自動車部品大手Continental

仮想通貨が稼げる「駐車場情報共有アプリ」を発表:自動車部品大手Continental

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

注目度の高い仮想通貨ニュース

Abra CEO:投資資産の50%を「ビットコイン」で保有|BTCの将来に強気な理由とは?

Abra CEO:投資資産の50%を「ビットコイン」で保有|BTCの将来に強気な理由とは?

暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

トランプ大統領:新型コロナウイルス「陽性反応」ビットコイン・ドル円などが急落

トランプ大統領:新型コロナウイルス「陽性反応」ビットコイン・ドル円などが急落

ブロックチェーン用いたアニメグッズプラットフォーム「AniPic!(アニピク!)」公開へ

ブロックチェーン用いたアニメグッズプラットフォーム「AniPic!(アニピク!)」公開へ

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

本田 圭佑:デジタル通貨「KSK HONDA コイン」発行へ|ファンとの交流を強化

本田 圭佑:デジタル通貨「KSK HONDA コイン」発行へ|ファンとの交流を強化

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す