Charles Hoskinsonが語った「CardanoとGoogle提携の真相」

by BITTIMES   

CARDANO(カルダノ)の創設者であるチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、ここ最近で話題となっていたGoogle(グーグル)との提携の噂について、その真相と自身の考えを明らかにしました。

CARDANO×Googleパートナーシップの噂

iohk-mtg

CARDANOプロジェクトの一員であるIOHK(Input Output HongKong)のチームが、5月15日にGoogleのロンドンオフィスでミーティングを行なったというニュースは世界中で話題となりました。

Googleからの招待によって開催されたこの会合は、IOHKの最高経営責任者(CEO)であるホスキンソン氏が、カルダノやエイダコイン(ADA)の未来について解説し、複数の質問に答えています。

IOHKの公式ホームページに掲載された内容によると、この会合では「カルダノのロードマップ」、「ブロックチェーン技術を使用したプライバシー」、「Ethereum(ETH)とCARDANO(ADA)の違い」などのような、幅広いトピックについての説明が行われたことが記されているため、両社が今後パートナーシップを結ぶのではないか?との見方が強まっていました。

そして最近、ホスキンソン氏はこれらの噂の真相を明らかにしています。

「Ask Me Anything」で語られた真相

ask-me-anything

ホスキンソン氏は最近、著名人や有名人が一般の人々からの質問に答える「Ask Me Anything(AMA)」セッションを開催しました。仮想通貨市場やコミュニティに関する数多くの質問が寄せられ、それらの質問に答えた彼は『Googleとの提携には全く関心がない』ということを語っています。

彼はこれらの噂に対して、『Googleは多国籍企業であり、地球上で最も大きく強力な企業の1つであることから、パートナーになるつもりがある訳ではなく、単純に自分達の目的を実行しようとしているだけである』と説明しています。

さらにホスキンソン氏は、Googleがすでに非常に多くの科学者とハイテク技術を十分に備えていることを強調しています。

これまでにもビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)などの有望なプロジェクトや仮想通貨が数多く誕生しているものの、Googleはそれらをパートナーとしては必要としていませんでした。

ホスキンソン氏はこのようなことを踏まえて、その中であえてカルダノ(CARDANO)をパートナーとして選択する可能性は限りなく少ないと説明しています。

またホスキンソン氏は、この他にも「Googleはオープンソース技術の良い守護者である」とも語っており、「同社の従業員の多くが週末をオープンソースプロジェクトに費やしている」と述べています。しかし彼は、それについても『単純に仮想通貨愛好家なだけである』と説明しています。

彼は、Google、Microsoft、Apple、Facebookといった大手企業が、今後それぞれが"選ぶべき道をたどる"と考えています。しかし、すでに十分な力も持っているそれらの企業が自らのプロジェクトのために、その他の小さな企業の力を求めるとは考えていません。

ブロックチェーンの技術者求む?

recruit

今回ホスキンソン氏が語ったこれらの説明から、おそらく現時点ではGoogleとのパートナーシップが結ばれることはないと見られています。

Cardanoと提携する可能性は低いと見られているものの、Googleは以前にイーサリアム(ETH)の共同創設者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏に、仕事のオファーを出していたことも話題となっていました。

これに関しても詳しいことが明かされていないため、その真相は定かではありませんが、一つだけ確実と思われることは『Googleは仮想通貨やブロックチェーン技術に関する知識や技術者を求めている』ということです。

最近はFacebook(フェイスブック)が本格的にブロックチェーンや仮想通貨への取り組みを開始していると言われています。これに対してGoogleがどのような姿勢でブロックチェーンの技術に関わっていくのかに注目が集まります。

カルダノエイダコイン(ADA)は仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)で購入することができます。

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

CARDANOブロックチェーンのスマートコントラクト記述ツール「Plutus & Marlowe」公開

CARDANOブロックチェーンのスマートコントラクト記述ツール「Plutus & Marlowe」公開

eToro(イートロ)がカルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)の取り扱いを開始

eToro(イートロ)がカルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)の取り扱いを開始

カルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)とは?

カルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)とは?

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月4日〜10日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月4日〜10日

仮想通貨Cardano(ADA)の時価総額を110兆円へ|Charles Hoskinson

仮想通貨Cardano(ADA)の時価総額を110兆円へ|Charles Hoskinson

CARDANO(ADA)仮想通貨格付け企業DPRatingのランキングで「1位」を獲得

CARDANO(ADA)仮想通貨格付け企業DPRatingのランキングで「1位」を獲得

注目度の高い仮想通貨ニュース

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

ビットコイン、1週間後からの「急上昇」を予想:ジョン・マカフィー

ビットコイン、1週間後からの「急上昇」を予想:ジョン・マカフィー

ネット副業・仮想通貨投資など「モノなしマルチ商法」が増加|国民生活センターが警告

ネット副業・仮想通貨投資など「モノなしマルチ商法」が増加|国民生活センターが警告

ビットコイン決済端末を「パナマ」と周辺地域に拡大|PundiX × Chainzilla

ビットコイン決済端末を「パナマ」と周辺地域に拡大|PundiX × Chainzilla

ブロックチェーン基盤の「ギフトカード取引所」構築へ|国内大手売買サイトAmaten

ブロックチェーン基盤の「ギフトカード取引所」構築へ|国内大手売買サイトAmaten

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

BINANCE:本人確認画像「漏洩」に関する声明文を公開|情報提供者にはBTC報酬

BINANCE:本人確認画像「漏洩」に関する声明文を公開|情報提供者にはBTC報酬

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月4日〜10日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月4日〜10日

仮想通貨Libraの発行「延期・中止」の可能性も|Facebookの提出書類で判明

仮想通貨Libraの発行「延期・中止」の可能性も|Facebookの提出書類で判明

仮想通貨取引所コインベース:パスワード管理に関する「バグ」を報告|3,420名に影響

仮想通貨取引所コインベース:パスワード管理に関する「バグ」を報告|3,420名に影響

全面経済制裁でビットコイン取引量「過去最高」に|ベネズエラへの米国圧力続く

全面経済制裁でビットコイン取引量「過去最高」に|ベネズエラへの米国圧力続く

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す