仮想通貨プロジェクトの大使にサッカー界のレジェンド「ドログバ」が就任

by BITTIMES   

仮想通貨プロジェクト「all.me」のアンバサダーに"チェルシーのレジェンド"ディディエ・ドログバ(Didier Drogba)氏が就任したことが明らかになりました。サッカー界で大活躍したスター選手とブロックチェーン技術を活用した、注目のソーシャルネットワーク(SNS)プラットフォームを紹介します。

こちらから読む:ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

ディディエ・ドログバ(Didier Drogba)氏とは

didier-drogba

Didier Drogba(ディディエ・ドログバ)氏は、コートジボワール代表の元キャプテンを務めたサッカー選手です。

2004年には、チャンピオンズリーグで対戦した「FCポルト」のモウリーニョ監督から高い評価を受けて、イングランドで最も有名なサッカークラブであるチェルシーに移籍しています。その時の移籍金は同クラブ史上最高額となる47億円が支払われました。

アフリカ年間最優秀選手に2度も選ばれているだけでなく、プレミアリーグでも2度の得点王に輝いた経歴を持っており、最多得点記録の保持者でもあります。

このような経歴から"チェルシーのレジェンド"とも呼ばれるドログバ選手ですが、7月15日には仮想通貨プロジェクト「all.me」のアンバサダーに就任したことも明らかになっています。

仮想通貨プロジェクト「all.me」

all-me

all.meは、仮想通貨ウォレットや販売用スペース付きのソーシャルネットワーク(SNS)プラットフォームです。

このプラットフォームを利用するユーザーは、自身のコンテンツを投稿することによって、自分のページに広告を設置することができます。広告を表示させることで、ユーザーはそれらのコンテンツの人気や投稿数などを基準に報酬を受けることができます。

この報酬は、プラットフォーム上で発行される「MEトークン」で支払いが行われ、受け取った報酬は販売用スペースなどで利用することができます。これらのプロセスは完全に自動化されているため、ユーザーは追加の知識を身につける必要もありません。

この販売用スペースでは、プロフィールのテーマやスタンプなどの一般的なSNSコンテンツで提供されているアイテムのほかに、ギフトの購入や音楽配信の購読料としても使用することが可能となっており、ビットコイン(BTC)を購入することもできると説明されています。

MEトークンを外部ウォレットに送金したり、All.meの仮想ウォレットにMEトークンなどの仮想通貨を保管することもできるように設計されているため、all.meは「SNS」「仮想通貨ウォレット」「販売用スペース」を備えた初めてのデジタルプラットフォームであると説明されています。

all.meの創業者であるArtak Tovmasyan氏は、このプロジェクトについて次のように説明しています。

all.meは、SNSと仮想通貨銀行、取引所を組み合わせた初のデジタルプラットフォームです。
既存のデジタルプラットフォームは広告収入を全て牛耳っていますが、私達は、その広告収入の半分をユーザーの貢献度に応じて還元したいと考えています。

サッカー業界では、仮想通貨プロジェクトのアンバサダーを務める有名プレイヤーが増えています。アルゼンチン代表のリオネル・メッシ(Lionel Messi)氏は、世界初のブロックチェーンスマートフォン『FINNEY』を開発しているSIRIN LABSのアンバサダーを務めています。SIRIN LABSではメッシ氏に会えるキャンペーンなども開催しており、彼が登場するCMも年内には放送が始まるといわれています。ドログバ氏がall.meで具体的にどのように関わっていくことになるにかはまだ明らかにされていないため、今後プロジェクトが進むにつれて公開される新しい情報に注目が集まります。

ビットコイン(BTC)などの購入は仮想通貨の積立サービスも提供している Zaif(ザイフ)からどうぞ。

仮想通貨取引所 Zaif の画像 仮想通貨の積立もできる取引所Zaifはこちら

「Zaifコイン積立」の詳しい解説はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBIが大手仮想通貨メディアCoinDeskと業務提携

SBIが大手仮想通貨メディアCoinDeskと業務提携

Chiliz(チリーズ)仮想通貨CHZ「約1億円相当」のバーン(焼却処分)を実施

Chiliz(チリーズ)仮想通貨CHZ「約1億円相当」のバーン(焼却処分)を実施

女子バスケットボール選手会:ブロックチェーン企業「SportsCastr」と提携

女子バスケットボール選手会:ブロックチェーン企業「SportsCastr」と提携

ヘッドフォンメーカー「Monster Products」が3億ドルのICOを計画

ヘッドフォンメーカー「Monster Products」が3億ドルのICOを計画

Sorareの選手カード、NFT取引所「miime」で取扱いへ|メタップスアルファと提携

Sorareの選手カード、NFT取引所「miime」で取扱いへ|メタップスアルファと提携

イスラエルで仮想通貨は財産として課税対象に

イスラエルで仮想通貨は財産として課税対象に

注目度の高い仮想通貨ニュース

Enjin × Avex Technologies:ブロックチェーン事業で提携「NFTの相互運用」が可能に

Enjin × Avex Technologies:ブロックチェーン事業で提携「NFTの相互運用」が可能に

eBay(イーベイ)「仮想通貨決済やNFTの採用」を検討

eBay(イーベイ)「仮想通貨決済やNFTの採用」を検討

銀行口座で「ビットコイン取引」が可能に?FIS・NYDIGがソリューション開発

銀行口座で「ビットコイン取引」が可能に?FIS・NYDIGがソリューション開発

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月25日〜5月1日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月25日〜5月1日

ビットポイント・TAOTAO「第一種金融商品取引業」の登録を完了

ビットポイント・TAOTAO「第一種金融商品取引業」の登録を完了

ビットコイン強気相場は無傷「価格上昇は続く」と予想:著名アナリストPlanB

ビットコイン強気相場は無傷「価格上昇は続く」と予想:著名アナリストPlanB

ウズベキスタン政府「仮想通貨取引の合法化」に関する規制修正案を公開

ウズベキスタン政府「仮想通貨取引の合法化」に関する規制修正案を公開

【Cardano Africa 2021】Input Output「World Mobile Group」と提携

【Cardano Africa 2021】Input Output「World Mobile Group」と提携

ディーカレット:暗号資産現物取引「取引所サービス」提供開始|マイナス手数料も採用

ディーカレット:暗号資産現物取引「取引所サービス」提供開始|マイナス手数料も採用

カルダノ財団×セーブ・ザ・チルドレン×COTI「ADA Pay」でアフリカの子どもたちを支援

カルダノ財団×セーブ・ザ・チルドレン×COTI「ADA Pay」でアフリカの子どもたちを支援

eToro「Chainlink(LINK)」と「Uniswap(UNI)」取扱い開始

eToro「Chainlink(LINK)」と「Uniswap(UNI)」取扱い開始

canow:社会人女子ラクロスチーム「FUSION」のファントークン発行へ

canow:社会人女子ラクロスチーム「FUSION」のファントークン発行へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す