「ビットコインは金・ライトコインは銀・リップルはダイヤモンド」Charlie Lee

by BITTIMES   

ライトコインの創業者であるCharlie Lee(チャーリー・リー)氏は、中国メディアとのインタビューの中で、BTC、LTC、XRPに対する自身の考えや、同氏が以前保有していた全てのLitecoinを売却した時の心境やその理由について語りました。

こちらから読む:ライトコイン(LTC)とは?簡単な解説と関連記事

「ライトコインを売って救われた」

litecoin-sell

昨年12月に、保有していた全てのライトコインを売却したリー氏は、その決断を下すにあたって大きな葛藤があったと述べており、実際に売却することを決定するまでには、2週間ほどかかっていたことを明かしています。

全通貨を売却した理由については、SNSなどに投稿するコメントなどが価格を動かしてしまう恐れがあったことなどから、"利益相反"を避けるために決定したとのことで、全コインを売ることによって得られた資金は全て寄付に当てたと説明されています。彼はライトコインを持たない生活を送ってきた結果、最終的には売却して良かったと思っていると語っています。

ライトコインの生みの親として知られるリー氏は、仮想通貨市場で特に大きな影響力を持つ人物の一人でもあるため、ライトコインを保有していた時は些細なコメントなどで厳しい指摘や批判を受けることも少なくなかったようです。彼は、全てのLTCを売却すると決めたのはそのような疑いや批判を排除するためでもあったことを明かしており、全てのライトコインを売却したことによって、以前感じていた重圧から解放されたように感じると述べています。

リー氏はLTCを全て売り払ったことによってライトコインに関する市場予測などを発表することができるようになったものの、これに関しては「少しだけ奇妙に感じる」と語っています。

仮想通貨市場の金、銀、ダイヤモンド

treasure

このインタビューの中でリー氏は、ビットコイン、ライトコイン、リップルの3つを比較して自身の考えを語っています。

ビットコインは「Gold」

ビットコイン(BTC)については、「最も優れた価値の貯蔵方法であるため、"どのような商品と比較されるべきか"を言えば単純に金である」と語っています。

リー氏は「ビットコインにはストレージの問題がないため、価値を転送するのも非常に簡単でもあり、多くの面で金よりも優れている」と述べており、楽観的な見方をするとビットコインの市場価値は10兆ドル(約1,100兆円)にも及ぶ金の市場価値を上回る可能性があるとも語っています。

ライトコインは「Silver」

ライトコイン(LTC)については、「ビットコインとライトコインは同じ思想を持っており、基本的な違いはブロックを処理するための費用とトランザクションの速度である」と説明しています。

LTCをBTCと比較すると、その基本的な設計が非常に似ているだけでなく、送金速度はライトコインの方が4倍も早いにも関わらず、実際にはビットコインの方が多く利用されています。ライトコインの価値が低いのは、それを利用するユーザーが少ないためだとされています。

リー氏は「ライトコインは少額の決済での使用に適している」と説明しており、ビットコインのネットワークは遅いものの、より安全であるとも付け加えています。

リップルは「Diamond」

リップル(XRP)についての考えも語ったリー氏は「極端に集中化されたXRP特有の性質は、ダイヤモンドに似ている」と説明しています。

その理由としては「集中化することによって市場を操作することを可能にし、供給も人為的に制御されているから」だと説明しており、やや皮肉の混じった表現で「プロポーズするためにリップルを購入するのであれば、それは非常に価値がある」と語っています。

リー氏はインタビューの後半で「ビットコインが仮想通貨の王になる」と述べており、『ライトコインの市場価値はビットコインの市場価値よりも10%ほど低い方が良い』と述べています。

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などの購入は、セキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Squareの決済アプリCash App「ビットコイン自動定期購入機能」を追加

Squareの決済アプリCash App「ビットコイン自動定期購入機能」を追加

サムスンがスマホをビットコイン採掘マシン化に成功

サムスンがスマホをビットコイン採掘マシン化に成功

Coinbase:XRP保有者に対する「Sparkエアドロップ」対応方針を発表

Coinbase:XRP保有者に対する「Sparkエアドロップ」対応方針を発表

イーサリアム(ETH)時価総額ランキングでリップル(XRP)から「2位」を奪還

イーサリアム(ETH)時価総額ランキングでリップル(XRP)から「2位」を奪還

この夏「目が離せない」注目の仮想通貨(アルトコイン)5選|2018年

この夏「目が離せない」注目の仮想通貨(アルトコイン)5選|2018年

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

注目度の高い仮想通貨ニュース

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

コインチェック:国内初のIEO「Palette Token(PLT)の購入申込み」受付開始

コインチェック:国内初のIEO「Palette Token(PLT)の購入申込み」受付開始

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年7月ニュースレター

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年7月ニュースレター

コインチェック:合計400名様に1万円分のPLTが当たる「2大キャンペーン」開始

コインチェック:合計400名様に1万円分のPLTが当たる「2大キャンペーン」開始

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想空間土地LAND「7月30日」に追加販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想空間土地LAND「7月30日」に追加販売

ビットポイント:最大2,000円分のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:最大2,000円分のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す