アリゾナ州立大学:Blockchain研究ラボが発表したDASH取引機能の拡張性

by BITTIMES   

仮想通貨ダッシュ(DASH)の開発チームとアリゾナ州立大学(ASU)のブロックチェーン研究ラボはスケーラビリティなどの問題を分析しそれらの解決策を探るために協力しています。両者から発表された内容によると、すでに高い性能を持つこの暗号通貨は、今後さらにその取引機能を拡張することができると報告されています。

こちらから読む:ダッシュ(DASH)とは?解説とこれまでのニュース

Dashの中核となるグループでCEOを務めているRyan Taylor(ライアン・テイラー)氏は、スケーラビリティに関連する問題を今後の重要な課題の一つであると考えており、それらの問題はDashだけでなくその他の仮想通貨全体にとって非常に重要なものであるものの、スケーラビリティに関する研究データが乏しいことを指摘しています。

スケーラビリティはブロックチェーン業界にとって重要な課題ですが、この問題に関する研究データは不十分です。この研究は、Dashだけでなく仮想通貨全体にとっても大きな意味を持つものです。

このように説明したテイラー氏は、ASUとの研究を行った上で「ブロックサイズとネットワークの容量を近い将来に現在の5倍にまで増やすことができる」と語っており、将来的にはその容量をさら拡大できる可能性があるとも説明しています。

ブロックサイズとネットワーク容量は、近いうちに少なくとも現在の5倍にまで増やすことができます。これはビットコインネットワークの容量のおよそ40倍に達することを意味しており、将来的にはその規模をさらに拡大することができることを意味しています。

これは、毎日の決済手段として一般に広く普及するために必要なものの一つです。

また、ASUブロックチェーン研究ラボのDragan Boscovic(ディレガン・ボスコビッチ)教授も、スケーラビリティの問題が多くの仮想通貨の成長を妨げる要因の一つになっていると語っています。

スケーラビリティの問題は、仮想通貨が実生活に大規模導入された場合にそれらの取引を実際に処理することができるのか?という疑問をもたらしており、多くの仮想通貨の普及を制限する主な要因の一つとなっています。

このように語ったボスコビッチ教授は、今回Dashと協力して行なった研究によって、それらの問題に関する様々な問題点や解決策についてのリサーチができたと述べており、今後はマイニングプールの運用や、GPUマイニング、マルチティア(*1)ネットワークの役割などについてもさらなる研究を行なっていくと説明しています。
(*1)マルチティア(多層分散システム): ストレージ容量と必要なコストの有効利用を目的とした、ストレージソリューションの一つ

ダッシュとの協力で実現した今回の研究によって、Dashネットワークにおけるスケーリングの限界を調査できただけなく、さまざまなブロック伝播技術をより詳しく探求することができました。

将来的にこれらの研究をさらに拡大して、マイニングプールの運用やマルチティアネットワークの役割などに関連するその他のトピックをさらに探求していくことを非常に楽しみにしています。

ダッシュは匿名性が高いことなどから、日本の仮想通貨取引所では購入できなくなりましたが、海外では主要な仮想通貨の一つとして現在も高い人気を誇っています。匿名性が高いことだけでなく、取引の速度が非常に早いことなどでも知られており、実用的であることなども高く評価されています。

DASHの価格は2018年7月に入ってからやや回復しており、7月20日の時点では一時的に30,000円を上回るまでに上昇しています。しかしその後は下落しており、現在はここ最近で最も安い23,000円近くで取引されています。

2018年8月2日 DASHのチャート(引用:coingecko.com)2018年8月2日 DASHのチャート(引用:coingecko.com)

地域によってそれぞれの仮想通貨に対する意見には大きな違いがあるものの、世界中の国々では様々な仮想通貨やブロックチェーンの研究が進められています。当メディアでは、これまでに様々な大学で行われてきた研究の内容についても紹介しているので、そちらも一緒に読んでみてください。

日本では購入することができないダッシュ(DASH)などの仮想通貨はBINANCE(バイナンス)などから購入することができます。

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

Minecraftでビットコインが稼げるプラグイン「SatoshiQuest」公開

Minecraftでビットコインが稼げるプラグイン「SatoshiQuest」公開

Poloniex:アジア太平洋地域向け仮想通貨取引所「Pwang.com」を新設

Poloniex:アジア太平洋地域向け仮想通貨取引所「Pwang.com」を新設

オランダのRaboBankが仮想通貨のウォレット導入を検討

オランダのRaboBankが仮想通貨のウォレット導入を検討

バイオ医薬品大手がブロックチェーン企業「Lympo」と提携|肥満に悩む人々を支援

バイオ医薬品大手がブロックチェーン企業「Lympo」と提携|肥満に悩む人々を支援

バイナンス「アメリカ」に進出|規制遵守した仮想通貨取引所「Binance US」設立を表明

バイナンス「アメリカ」に進出|規制遵守した仮想通貨取引所「Binance US」設立を表明

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:NBA所属チーム「Los Angeles Clippers」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属チーム「Los Angeles Clippers」と提携

ディーカレットの暗号資産自動積立「毎日500円」から積立可能に|ETH・XRPにも対応

ディーカレットの暗号資産自動積立「毎日500円」から積立可能に|ETH・XRPにも対応

ビットコイン価格表示対応の投資用不動産メディア「ie-reach Crypto Property」公開

ビットコイン価格表示対応の投資用不動産メディア「ie-reach Crypto Property」公開

パナマの議員:BTC・ETHなどの決済利用を認める「仮想通貨法」の草案提出

パナマの議員:BTC・ETHなどの決済利用を認める「仮想通貨法」の草案提出

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)「ビットポイントへの上場予定日」が判明

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)「ビットポイントへの上場予定日」が判明

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年8月29日〜9月4日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年8月29日〜9月4日

全世界のNFTクリエイターを発掘・支援「XANALIA NFTART AWARD 2021」開催へ

全世界のNFTクリエイターを発掘・支援「XANALIA NFTART AWARD 2021」開催へ

SEBC「ビットコインの相談窓口(渋谷道玄坂店)」本日オープン

SEBC「ビットコインの相談窓口(渋谷道玄坂店)」本日オープン

PayPal(ペイパル)暗号資産の売買・保有サービス「イギリス」でも提供開始

PayPal(ペイパル)暗号資産の売買・保有サービス「イギリス」でも提供開始

SEBC「1,000円相当のADAが全員もらえる」お祝いメッセージキャンペーン開始

SEBC「1,000円相当のADAが全員もらえる」お祝いメッセージキャンペーン開始

NFTを取り入れた、稼げる無料MMOゲーム「Continuum World」

NFTを取り入れた、稼げる無料MMOゲーム「Continuum World」

動物保護団体「PAWS Chicago」仮想通貨の寄付を受け入れ|BTC・ETH・DOGEなど

動物保護団体「PAWS Chicago」仮想通貨の寄付を受け入れ|BTC・ETH・DOGEなど

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す