CARDANO:スマートコントラクトが複数の言語に対応「IELE」テストネット公開

by BITTIMES   

Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏が率いるIOHKのチームは7月30日、CARDANO(カルダノ)ブロックチェーンのスマートコントラクトにおける2度目のアップデートとなるテストネット「IELE(イエラ)」を公開しました。これにより分散型アプリケーション(DApps)の開発などを行うエンジニアは複数の言語を使って作業できるようになります。

こちらから読む:CARDANOブロックチェーンとは?カルダノプロジェクトの詳細

カルダノエイダコイン(ADA)やCardanoプラットフォームの研究開発を行なっているIOHKは、7月30日にCardanoのスマートコントラクト用テストネットであるIELA(イエラ)を公開しました。これによりカルダノの技術を扱う技術者は、様々な検証作業をIELE上で行うことができるようになりました。

カルダノプロジェトのメンバーであるEMURGO(エマーゴ)もTwitter上で次のように発表しています。

IELE(イエラ)は、Cardanoブロックチェーンでスマートコントラクトを実行するための新しい仮想マシンです。従来のスマートコントラクトでは検証作業やデバッグが困難であることが指摘されていましたが、IELEを使うことでこれらの問題点を解決することができます。

公式サイトでは、IELEでスマートコントラクトを作成すると、より安全にかつ正確な検証が可能になるだけでなく、使いやすくて読みやすい言語構造となっているため、全体的なパフォーマンスを向上することができると説明されています。また、ガスコストを正確に計算して導き出すことができるだけでなく、ガスコストを削減できることなども期待されています。

IELEには『K Framework』という技術も導入されているため、一般的なプログラミング言語を使用してスマートコントラクトを実装することもできます。もちろんイーサリアムで利用されてきた言語である『Solidity(ソリディティ)』で書かれているものを実行することもできるため、すでにイーサリアム上で動作しているプログラムをIELEに新しく移行することもできます。IELEで使用できる言語としては次のようなものが挙げられます。

  • C言語
  • Java
  • JavaScript
  • Solidity
  • Plutus

IELEを使用する技術者は、開発するにあたって発生したトラブルを改善するためにIOHK開発者にそれらのデータを送信し、その他のニュアンスをテストすることもできます。

Cardano(ADA)の生みの親として知られているチャールズ・ホスキンソン氏は先週、Prometheus(プロメテウス)、Plutus(プルタス)、サイドチェーンなどの新機能の公開を近日中に予定していることを明らかにしています。

今回の発表に続いて、今後もさらに新しい発表が続くことが期待されます。これらのテストが完了し、カルダノプラットフォームがより実用的になれば、分散型アプリケーション(DApps)の開発などもさらに加速し、カルダノエイダコインも含めてプロジェクト全体が大きく成長することになるでしょう。ADAの価格は発表後も大きな変化は見られておらず、1ADAあたり15円前後で取引されています。

カルダノエイダコイン(ADA)などの仮想通貨はBINANCE(バイナンス)などで購入することができます。

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano「テストネットでのVasilハードフォーク」に成功|大型アップグレードに前進

Cardano「テストネットでのVasilハードフォーク」に成功|大型アップグレードに前進

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

仮想通貨などのソースコード公開の場GitHubをMicrosoftが買収

仮想通貨などのソースコード公開の場GitHubをMicrosoftが買収

Bitcoin.com「Unstoppable Domains」と提携|仮想通貨送金を簡素化

Bitcoin.com「Unstoppable Domains」と提携|仮想通貨送金を簡素化

NFTも収集できるEnjin基盤のFPSゲーム「Impulse」2021年夏公開へ:Ascendance Games

NFTも収集できるEnjin基盤のFPSゲーム「Impulse」2021年夏公開へ:Ascendance Games

gumi:1億ドル規模の暗号資産関連ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」組成へ

gumi:1億ドル規模の暗号資産関連ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」組成へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

BINANCE創設者CZ氏「Giggle Academy」を発表|新プロジェクトの内容は?

BINANCE創設者CZ氏「Giggle Academy」を発表|新プロジェクトの内容は?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す