Steve Wozniak「ブロックチェーン企業とマルタで起業するかもしれない」

by BITTIMES

Apple(アップル)の共同設立者であるSteve Wozniak(スティーブ・ウォズニアック)氏は、海外メディアとのインタビューの中でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)についての考えを詳しく語った後に、仮想通貨スタートアップ企業である「EQUI Capital(エクイ・キャピタル)」と協力して初めてのブロックチェーンプロジェクトに取り組んでいることを明かしました。

こちらから読む:ビットコインを愛するウォズニアック氏|過去のコメントから

ビットコインは自然なもの

bitcoin

Appleの共同設立者でありながらビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)を高く評価していることでも知られているウォズニアック氏は、海外メディア「nulltx」の独占インタビューの中で、初めてブロックチェーン事業に参画することを明かしています。

インタビューの中でウォズニアック氏は、ビットコインに惹かれた理由などについてより詳しく説明し『ビットコインは数学に基づいて構築された自然なもの』だと説明しています。

私は色んなものに遅れないように付いていくのが好きです。
ビットコインは、私がこれまで耳にしたどのような技術にもない珍しい側面を数多く持っていたので、とても興味深く感じました。

開発者が誰なのかもわかっておらず、中央集権的な要素も全くもっていないビットコインは、数学に基づいて作られています。

私にとって数学は自然のようなものです。
数学は人間よりも遥かに優れています。
私は人間が作り出したものよりも自然のものを信じています。

人々は通貨を作ってコントロールし、毎年新たな米ドルを発行していますが、ビットコインはその影響を受けません。

ブロックチェーン技術を理解するためには

blockchain

ビットコインを強く信じていることを改めて語ったウォズニアック氏は、ブロックチェーン技術についても自身の考えやこれまでの思いを正直に語っています。同氏は、ブロックチェーンの技術についても以前から知ってはいたものの、理解できていなかったと語っており、ブロックチェーンの技術をきちんと理解するためには、諦めずに時間をかけてしっかりと見て、学び、考えることが重要だと述べています。

最初の頃からブロックチェーンの技術を耳にしていましたが、理解はできていませんでした。

ブロックチェーンは1日で理解できるようなものではありません。それについて色々と考えたり、読んで学んだり、実際にどのような働きをするのかを見ることによって、人々がどのようにブロックチェーンを利用するのかがわかってきます。

仮想通貨スタートアップ企業「EQUI Capital(エクイ・キャピタル)」

equi

インタビューの最後でウォズニアック氏は、非常に早い時期から「EQUI Capital(エクイ・キャピタル)」という仮想通貨スタートアップ企業に関わっていることを明かしています。EQUI Capitalは、プロの投資家と個人を繋ぎ、将来に投資する株式投資プラットフォームです。

ICOを行なったものの、その後に様々な問題に見舞われたことなどによって失敗も多かった「EQUI Capital」には、やや否定的なコメントも複数寄せられているため、一部のメディアではウォズニアック氏を心配する声もあがっていますが、ウォズニアック氏自身は「Equi」について前向きな意見を述べています。

私は非常に早い時期からブロックチェーン企業に関わっています。
その会社は「Equi」と呼ばれています。

私たちのアプローチは、新しい通貨やイベントによって価値が上がるような"まがい物"ではありません。

この会社は株式のシェアを行う投資事業を行っており、ドバイにあるマンションのような巨大な物件に投資した実績があります。

ブロックチェーン・カンファレンスが開催される頃には、私たちはマルタで起業しているかもしれません。電気自動車と同じようにブロックチェーンに前向きな国が複数存在します。

ウォズニアック氏はインタビューの最後に「イーサリアムは独自のブロックチェーン・アプリケーション・ツールを提供しており、イーサリアムを使用している人も増えてきていますが、ビットコインは未だにデジタルゴールドだ」と述べています。

以前からビットコインやイーサリアムに関するコメントを語ってきたウォズニアック氏は、近い将来本格的にブロックチェーン業界を担う重要人物の一人となっている可能性もあります。より具体的な取り組みが明らかになってきたスティーブ・ウォズニアック氏には今後も大きな注目が集まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

宇宙開発の民主化へ:ブロックチェーン企業が「小惑星探査企業」買収|ConsenSys

宇宙開発の民主化へ:ブロックチェーン企業が「小惑星探査企業」買収|ConsenSys

ユーザー数15億人!メッセージアプリ「WhatsApp」で暗号資産が送金可能に

ユーザー数15億人!メッセージアプリ「WhatsApp」で暗号資産が送金可能に

ビットコイン取引量:日本円が再び「世界一」に|仮想通貨市場に変化

ビットコイン取引量:日本円が再び「世界一」に|仮想通貨市場に変化

アダム・ドレイパー:仮想通貨は「今後10年で法定通貨を超える」父親譲りの強気予測

アダム・ドレイパー:仮想通貨は「今後10年で法定通貨を超える」父親譲りの強気予測

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年4月7日〜13日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年4月7日〜13日

【アナリスト予想】ビットコイン価格、1万ドルから「さらに25%下落」の可能性

【アナリスト予想】ビットコイン価格、1万ドルから「さらに25%下落」の可能性

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン用いた「ふるさと納税返礼品・産地証明サービス」実証実験開始へ

ブロックチェーン用いた「ふるさと納税返礼品・産地証明サービス」実証実験開始へ

ビットコインを収集できるFPSゲーム「Bitcoin Bounty Hunt」登場:Donnerlab

ビットコインを収集できるFPSゲーム「Bitcoin Bounty Hunt」登場:Donnerlab

不動産の「権利移転記録」にブロックチェーン技術活用へ|LIFULLが実証実験を開始

不動産の「権利移転記録」にブロックチェーン技術活用へ|LIFULLが実証実験を開始

世界最大の決済端末プロバイダ:POSデバイスに「仮想通貨払いオプション」を追加

世界最大の決済端末プロバイダ:POSデバイスに「仮想通貨払いオプション」を追加

仮想通貨の投資信託、国内販売は不可能に?金融庁「年内に禁止する方針」示す=日経報道

仮想通貨の投資信託、国内販売は不可能に?金融庁「年内に禁止する方針」示す=日経報道

ブロックチェーンで「マンガの売上をファンに還元」権利売買サービスを実証実験:TART

ブロックチェーンで「マンガの売上をファンに還元」権利売買サービスを実証実験:TART

コインチェック:エアドロップで取得したXLM「対象ユーザーに配布する」と発表

コインチェック:エアドロップで取得したXLM「対象ユーザーに配布する」と発表

中国政府:有害産業リストから「仮想通貨マイニング」を除外

中国政府:有害産業リストから「仮想通貨マイニング」を除外

カナダ大手銀行RBC:仮想通貨取引に関する「4件の特許」を申請

カナダ大手銀行RBC:仮想通貨取引に関する「4件の特許」を申請

ブロックチェーン活用した「仮想発電所(VPP)」を大規模展開:Power Ledger×Powerclub

ブロックチェーン活用した「仮想発電所(VPP)」を大規模展開:Power Ledger×Powerclub

Telegram投資家:TONブロックチェーン「公開時期の延期」に合意=Forbes報道

Telegram投資家:TONブロックチェーン「公開時期の延期」に合意=Forbes報道

Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す