ブロックチェーンは「航空業界」をどのように変えるのか?

by BITTIMES   

ブロックチェーン技術は航空業界におけるあらゆる業務を合理化し、これまで重要な課題として扱われてきた様々な問題を解決できる可能性を秘めています。飛行機のチケット予約や荷物管理、機体のメンテナンスなどといった会社内での業務改善の他、旅行者自身にも多くの利点をもたらす「Blockchain」活用のメリットをまとめて紹介します。

こちらから読む:航空業界に革命をもたらす「ブロックチェーン」の仕組みから

チケット情報を一括管理「発券業務の効率化」

Airline-Ticket

発券業務にブロックチェーン技術を取り入れることは非常に賢い方法の一つだと言えるでしょう。eチケット(電子航空券)の発券は本質的にデータベースの登録であり、紙のチケットに印刷して物質化され、大量のデータベースに保存されます。ブロックチェーンの技術を活用すればこれらのチケットをトークン化した上で、それをさらに具現化することができます。

スマートコントラクトの技術も取り入れて航空券の情報管理を行えば、それらのチケットの販売や使用・追加条件などの関連情報も同時に管理することができるため、より詳細な情報を一括管理することができる非常に便利な「デジタル・チケット」として活用することもできるようになります。

ブロックチェーンやスマートコントラクトの技術を活用した航空券は世界中のどこからでもリアルタイムに確認することができ、それらの情報を共有する必要がある場合には、特定の企業や個人に対して条件付きで公開することもできるため、たった一つの「デジタル化された航空券」だけで様々な面での業務効率を向上させ、劇的なコストダウンを実現することができます。

安全かつ安心で「スムーズな予約確認」

Reservation

ブロックチェーン上で予約情報の管理を行えば、航空会社だけでなく搭乗者もスムーズに「予約確認」を行うことができるようになります。予約情報を暗号化された状態で分散型管理することによって、安全性をしっかりと確保した上で予約の確認作業を効率化することができます。

航空会社において「予約内容の確認」が必要となる全てのチェックポイントで簡単に予約データの認証を行うことができるだけでなく、必要な時に同一のデータベースにログインすることもできるため、予約情報を安全な状態に保ちながら効率よく確認作業を進めることが可能になります。

使い方は色々「ポイントのトークン化」

Benefits

ロイヤルティ・ポイントは航空会社では重要なポイントの一つです。伝統的なロイヤルティ・ポイント制度では、旅行者はポイントが使用できるようになるまで待たなければならないことも多く、実際にポイントが使える場所も限られていました。

ブロックチェーン上でロイヤリティ・ポイントをトークン化することによって、旅行者はその場でポイントを得ることができるようになります。

トークン発行元のパートナー企業やユーザーコミュニティを通じてより多くの場面で利用できるようにもなるため、これまでは限られたサービスにしか使用することができなかった「ポイント」が幅広い分野で利用することができる「通貨」へと代わり、旅行者はその使い方を自由に選択することができるようになります。

分散型情報管理で「セキュリティ強化」

Airport-Security

セキュリティの強化は航空業界にとって特に重要な項目の1つです。乗客の記録、飛行記録、乗組員の情報などの重要データのプライバシーを保護することは航空会社にとって最低限の義務でもあります。

ブロックチェーンの技術を用いた情報管理方法は、これまでに使用されてきた「認可されたアクセス条件を使用することで情報を管理および共有する方法」とは全く異なり、よりセキュリティを向上させ、情報流出などの危険性を遥かに低く抑えることができます。

航空機の安全性を高める「機体メンテナンスの合理化」

airport-maintenance

ブロックチェーン技術は、航空機などのメンテナンス記録の保管などにも活用することができるため、メンテナンス作業を合理化することができます。従来のメンテナンス情報は少々厄介なデータベースで記録されていることも多く、最悪の場合には「紙」を用いた方法で保管されているケースもありました。

ブロックチェーン上に記録されるメンテナンス記録は、調達された部品が"正当なもの"であることを証明し、航空機の初期設定から飛行機のすべての部品が修理交換される度に、誰によって処理されたかを「バーチャルコピー」することができます。

非常に多くの乗客の命を預かる存在でありながら、些細なミスで大きな事故にも繋がりかねない航空会社にとって、「メンテナンス状況」に可視性をもたらすことは非常に重要なことであります。ブロックチェーン技術を用いた、これらの課題解決方法は「航空機の安全性」を次のレベルへと引き上げることを意味します。

ブロックチェーン管理による「大幅なコストカット」

Travel-agency

ブロックチェーン上での情報管理を採用すれば、航空チケットなどの予約から実際にそれらを利用するまでのあらゆる作業効率を大幅に改善することができます。これによって、これまで"利便性"を売りにしていた「旅行仲介業者」の需要は低くなることが予想されます。

このようなことを懸念しているいくつかの仲介業者は、すでに手数料を引き下げることを発表しています。このような形で様々なコストが削減されることによって、旅行関連のサービスはさらに身近なものとなり、より多くの人々が簡単かつ安全な方法で旅行を楽しむことができるようになります。

このような利点に早い時期から着目していた航空会社は、すでにこれらの技術の活用に取り組んでおり、具体的なプロジェクトの内容なども報告されています。当メディアではそれらの活用事例も複数紹介しているので、それらの具体的な活用方法も合わせて読んでみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

サムスンSDS:ブロックチェーン開発で「インドIT大手」と提携|利用拡大・機能性向上へ

サムスンSDS:ブロックチェーン開発で「インドIT大手」と提携|利用拡大・機能性向上へ

カルダノ基盤のネイティブトークン「Revuto(REVU)」中央集権型取引所に初上場

カルダノ基盤のネイティブトークン「Revuto(REVU)」中央集権型取引所に初上場

イーサリアム:大型アップグレード「London」実施|新たな手数料システムなどを導入

イーサリアム:大型アップグレード「London」実施|新たな手数料システムなどを導入

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

LINE NEXT:グローバルNFTプラットフォーム専用ウォレット「DOSI Wallet」提供開始

LINE NEXT:グローバルNFTプラットフォーム専用ウォレット「DOSI Wallet」提供開始

ブロックチェーンは「アイルランド国境問題」を解決できる ー 英国ハモンド財務相

ブロックチェーンは「アイルランド国境問題」を解決できる ー 英国ハモンド財務相

注目度の高い仮想通貨ニュース

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

イーサリアム:Dencunアップグレード完了「Blastで問題が発生した場合の対処法」も

イーサリアム:Dencunアップグレード完了「Blastで問題が発生した場合の対処法」も

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す