イーロン・マスク「僕はイーサリアム(Ethereum/ETH)が欲しい」

by BITTIMES   

仮想通貨(Cryptocurrency)関連の話題にも度々登場するイーロン・マスク(Elon Musk)氏は、Twitter(ツイッター)上に現れる『なりすましアカウント』の被害を受けています。それにもかかわらず、毎回ユーモアのあるコメントで対応している同氏は、8月29日に「イーサリアム(ETH)が欲しい」とつぶやきました。

こちらから読む:イーロン・マスク氏が「欲しい」と語るイーサリアムとは?

マスク氏は先月、イギリス人潜水士に対して暴言を吐いたことによってTwitter上で謝罪文を投稿しました。これらのやりとりが行われている最中にもマスク氏の『なりすましアカウント』が現れており、「お詫びとして40億円相当の仮想通貨をプレゼントする」といった内容でWebサイトに誘導する手法のコメントが投稿されています。

このアカウントはマスク氏の公式アカウントとほぼ同一のレイアウトとなっていたため、被害が拡大する可能性などから話題となりました。

しかしこの一連の流れでマスク氏は、ツイッター上でこのような詐欺行為を行っている「イーサリアムの『詐欺ボット』の開発者が誰なのかを知りたい」とコメントし「ヤバいスキルだ」と賞賛しています。

この詐欺ボットがだまし取っていた仮想通貨はイーサリアム(ETH)だったため、同氏の投稿には『イーサリアム』文字が入っており、初めてイーサリアムについてのコメントを投稿したとして話題になりました。

しかしこれに対してイーサリアムの生みの親として知られるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は、ひどくショックを受けており、マスク氏からのイーサリアムに対する初めてのコメントが『詐欺ボット』の技術に対する賞賛となったことを嘆いていました。

その後もユニークな会話が続けられており、あえてマスク氏本人に対して、
「イーロン、ETH送ってくれないの?」
とコメントしたユーザーに対しては、
「もうすぐ送る。誓うよ」
といった冗談での返答なども投稿されています。

一連のコメントの最後にマスク氏は、ヴィタリック氏にとっても嬉しい次のようなコメントで締めくくりました。

この時点で、もし詐欺だったとしても僕はETHが欲しい。

マスク氏は仮想通貨に関する話題には登場するものの、仮想通貨を自分で購入したことはないことも明かしています。マスク氏が本当にイーサリアムを購入する日が訪れた時は、仮想通貨業界のビッグニュースとなるでしょう。

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

3D仮想空間プラットフォーム「ディセントラランド」待望の一般公開

3D仮想空間プラットフォーム「ディセントラランド」待望の一般公開

ブロックチェーンで電力供給を効率化|ETHで「再生可能エネルギー」提供へ:ConsenSys

ブロックチェーンで電力供給を効率化|ETHで「再生可能エネルギー」提供へ:ConsenSys

Ubisoft:イーサリアム基盤の収集アイテム「Rabbids Token」リリース

Ubisoft:イーサリアム基盤の収集アイテム「Rabbids Token」リリース

金融庁:暗号資産交換業者に「デジタルアセットマーケッツ・マーキュリー」の2社を登録

金融庁:暗号資産交換業者に「デジタルアセットマーケッツ・マーキュリー」の2社を登録

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

コンビニ大手サークルK「仮想通貨ATM700台以上」を北米店舗に導入|Bitcoin Depotと提携

コンビニ大手サークルK「仮想通貨ATM700台以上」を北米店舗に導入|Bitcoin Depotと提携

USDC発行企業「Circle」SPAC合併でニューヨーク証券取引所(NYSE)上場へ

USDC発行企業「Circle」SPAC合併でニューヨーク証券取引所(NYSE)上場へ

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange:F1チーム「Alfa Romeo」の$SAUBERファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:F1チーム「Alfa Romeo」の$SAUBERファントークン本日取扱い開始

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す