イーロン・マスク「僕はイーサリアム(Ethereum/ETH)が欲しい」

by BITTIMES   

仮想通貨(Cryptocurrency)関連の話題にも度々登場するイーロン・マスク(Elon Musk)氏は、Twitter(ツイッター)上に現れる『なりすましアカウント』の被害を受けています。それにもかかわらず、毎回ユーモアのあるコメントで対応している同氏は、8月29日に「イーサリアム(ETH)が欲しい」とつぶやきました。

こちらから読む:イーロン・マスク氏が「欲しい」と語るイーサリアムとは?

マスク氏は先月、イギリス人潜水士に対して暴言を吐いたことによってTwitter上で謝罪文を投稿しました。これらのやりとりが行われている最中にもマスク氏の『なりすましアカウント』が現れており、「お詫びとして40億円相当の仮想通貨をプレゼントする」といった内容でWebサイトに誘導する手法のコメントが投稿されています。

このアカウントはマスク氏の公式アカウントとほぼ同一のレイアウトとなっていたため、被害が拡大する可能性などから話題となりました。

しかしこの一連の流れでマスク氏は、ツイッター上でこのような詐欺行為を行っている「イーサリアムの『詐欺ボット』の開発者が誰なのかを知りたい」とコメントし「ヤバいスキルだ」と賞賛しています。

この詐欺ボットがだまし取っていた仮想通貨はイーサリアム(ETH)だったため、同氏の投稿には『イーサリアム』文字が入っており、初めてイーサリアムについてのコメントを投稿したとして話題になりました。

しかしこれに対してイーサリアムの生みの親として知られるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は、ひどくショックを受けており、マスク氏からのイーサリアムに対する初めてのコメントが『詐欺ボット』の技術に対する賞賛となったことを嘆いていました。

その後もユニークな会話が続けられており、あえてマスク氏本人に対して、
「イーロン、ETH送ってくれないの?」
とコメントしたユーザーに対しては、
「もうすぐ送る。誓うよ」
といった冗談での返答なども投稿されています。

一連のコメントの最後にマスク氏は、ヴィタリック氏にとっても嬉しい次のようなコメントで締めくくりました。

この時点で、もし詐欺だったとしても僕はETHが欲しい。

マスク氏は仮想通貨に関する話題には登場するものの、仮想通貨を自分で購入したことはないことも明かしています。マスク氏が本当にイーサリアムを購入する日が訪れた時は、仮想通貨業界のビッグニュースとなるでしょう。

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨ウォレットアプリ「Ginco(ギンコ)」iOSに続き、Androidにも対応!

仮想通貨ウォレットアプリ「Ginco(ギンコ)」iOSに続き、Androidにも対応!

NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」英語版サービス提供開始|正式版に移行

NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」英語版サービス提供開始|正式版に移行

ブロックチェーン「ID管理システム」で建設現場の業務改善|スイス連邦鉄道(SBB)

ブロックチェーン「ID管理システム」で建設現場の業務改善|スイス連邦鉄道(SBB)

ブロックチェーンレーシングゲーム「F1®Delta Time」初のオークションを開催

ブロックチェーンレーシングゲーム「F1®Delta Time」初のオークションを開催

ニューヨーク金融サービス局(NYDFS)がBCHなど新たに4つの仮想通貨の取引を承認

ニューヨーク金融サービス局(NYDFS)がBCHなど新たに4つの仮想通貨の取引を承認

注目度の高い仮想通貨ニュース

Solana上のラップドトークン「soBTC・soETH」がデペグ|実際価格の半分程度に

Solana上のラップドトークン「soBTC・soETH」がデペグ|実際価格の半分程度に

STEP APP:ローンチイベント「東京」で開催へ|豪華ゲストも参加

STEP APP:ローンチイベント「東京」で開催へ|豪華ゲストも参加

FTX Japanの顧客資産は「米破産法の対象財産には含まれない」サービス復旧関連で続報

FTX Japanの顧客資産は「米破産法の対象財産には含まれない」サービス復旧関連で続報

取扱銘柄・サービスが豊富な暗号資産取引所「Huobi Japan」の魅力を解説

取扱銘柄・サービスが豊富な暗号資産取引所「Huobi Japan」の魅力を解説

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Opera Crypto Browser「NFTを簡単作成できる新機能」提供へ

Opera Crypto Browser「NFTを簡単作成できる新機能」提供へ

SBI VCトレード「ADA・MATICの入出庫サービス」提供へ

SBI VCトレード「ADA・MATICの入出庫サービス」提供へ

Coinbase Wallet「BCH・ETC・XLM・XRP」のサポート終了へ

Coinbase Wallet「BCH・ETC・XLM・XRP」のサポート終了へ

資金洗浄対策に関する6つの改正法が成立|暗号資産送金の監視体制も強化

資金洗浄対策に関する6つの改正法が成立|暗号資産送金の監視体制も強化

カルダノ・エイダ(ADA)暗号資産取引所「Coinbase Japan」に上場

カルダノ・エイダ(ADA)暗号資産取引所「Coinbase Japan」に上場

Sociosアプリ:一部地域で「Apple Pay」をサポート|CHZ購入方法を拡充

Sociosアプリ:一部地域で「Apple Pay」をサポート|CHZ購入方法を拡充

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す