Elon Muskがイーサリアムの詐欺ボット技術に関心|Vitalik氏は失望

by BITTIMES   

イーロン・マスク(Elon Musk)氏は仮想通貨の詐欺ボットが持つ技術力に感銘を受けています。しかし彼が語った一言は、ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏の心に小さな傷を与えることになりました。

Twitterの詐欺ボット

scambots

Twitter(ツイッター)上に存在している詐欺ボット(Scambots)は、これまでにも数々のユーザーから仮想通貨を騙し取ってきました。それらの"ボット(*1)"はマスク氏のような有名人になりすますことで、様々な手法を使って世界中のユーザーから仮想通貨を盗み続けています。
(*1)ボット:機械を使った自動発言システム。自動ツイートや特定のユーザーに対するリプライなどを行う様々な種類がある

一般的な手法の一つとしては「後で大量の仮想通貨を返却するので、先に少額だけ送金してくれ」と頼むことによって、複数のユーザーから少量の仮想通貨をだまし取っていくものなどが挙げられます。マスク氏はその中でも"イーサリアムの詐欺ボット"に興味を示しています。

感銘を受けるイーロン・マスク

elon-musk

イーサリアム(ETH)の詐欺ボットもまた、数々の著名人になりすますことで多くのETHを騙しとっており、世界中のユーザーや有名人たちを困らせてきました。テスラ(Tesla)社とSpaceX(スペースX)社のCEOを勤めているイーロン・マスク氏も"なりすまし"の被害を受けている一人ですが、マスク氏は逆にそのような詐欺ボットに感銘を受けています。

私は誰がイーサリアムの詐欺ボットを運営しているのか知りたい!凄いスキルだ...

マスク氏はこれらの詐欺ボットの高い技術力に注目していますが、現時点ではこれらのアカウントが"どこの誰によって、どのような方法で開発され、運営されているのか"がわかっていません。以前から重要な問題として取り上げられているこれらの詐欺ボットには、各方面から適切な対処が求められています。

ショックを受けるヴィタリック・ブテリン

Vitalik

イーサリアム(ETH)の生みの親として知られるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は、かの有名なイーロン・マスク氏からの初めてのイーサリアムに対するコメントが"詐欺ボットの技術"に対する評価であったことにショックを受けています。それと同時にTwitterのCEOであるジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏に対してこれらの問題の改善を求め、イーサリアムコミュニティのメンバーに対して、詐欺をフィルタリングする機能の作成を望んでいます。

イーロン・マスク氏のイーサリウムに関する初めてのツイートは、詐欺ボットについてではなく、イーサリアムの技術に関するものであって欲しかった...
ジャックは私たちを助けてくれますか?
またはイーサリアムコミュニティのメンバーがレイヤー2(*2) の詐欺フィルタリングソリューションを作成してくれませんか?
(*2)レイヤー2(セカンドレイヤー):ブロックチェーン上に記載されないオフチェーンのこと

ブテリン氏はこの問題を深刻に受け止めて、自身のTwitterネームに「ETHを与えてはいない」と追記しています。そして寛大な心を持つブテリン氏は、マスク氏の"Etherium"というスペルミスを指摘していません。

ビットコインは持っていない

マスク氏も今年の2月に「実際に仮想通貨を購入したことはなく、友人から贈られた少量のビットコイン(BTC)しか持っていない」ことを明かしています。

それだけでなく、昨年11月頃に「マスク氏が"サトシ・ナカモト"なのではないか?」という憶測がネット上で話題になったことについても否定しています。

イーロン・マスクの記事はこちら

マスク氏は冗談交じりなコメントを語っているものの、Twitterを利用しているユーザーは、これらの詐欺行為には今後も十分注意しておく必要があるでしょう。

「ビットコインは世界の単一通貨になる」と語っているジャック・ドーシー氏は、多くのTwitterユーザーから何かしらの対応をとることを求められています。しかしながらマスク氏が語るように、これらの詐欺ボットを動かしている人々はかなりのスキルを備えていると予想されるため、今後もこれらの戦いや議論は続いていくことになるでしょう。

基本的にはほとんどの著名人たちは、Twitter上でこのような行為を行なっていないため、騙されることのないように注意しておきましょう。

イーサリアム(ETH)などの購入はセキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)がおすすめです

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアムは数年後、VISAと同規模に「問題点はどこに?」

イーサリアムは数年後、VISAと同規模に「問題点はどこに?」

5つ星ホテル・高級車ディーラーが「仮想通貨決済」に対応|キャッシュレス先進国スイス

5つ星ホテル・高級車ディーラーが「仮想通貨決済」に対応|キャッシュレス先進国スイス

生命保険の請求プロセスを「イーサリアムブロックチェーン」で効率化:メットライフ

生命保険の請求プロセスを「イーサリアムブロックチェーン」で効率化:メットライフ

イーロン・マスク「僕はイーサリアム(Ethereum/ETH)が欲しい」

イーロン・マスク「僕はイーサリアム(Ethereum/ETH)が欲しい」

時価総額ランキング、イーサリアムが一時「1位」に浮上:CoinMarketCap

時価総額ランキング、イーサリアムが一時「1位」に浮上:CoinMarketCap

仮想通貨投資の簡単な始め方|Zaifコイン積立とは?

仮想通貨投資の簡単な始め方|Zaifコイン積立とは?

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンカードゲーム「Frame C Battle」事前登録受付を開始

ブロックチェーンカードゲーム「Frame C Battle」事前登録受付を開始

長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

ビットコインETF、現時点では「ほぼ不必要」仮想通貨投資会社BKCMのCEO

ビットコインETF、現時点では「ほぼ不必要」仮想通貨投資会社BKCMのCEO

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月15日〜21日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月15日〜21日

リヒテンシュタイン政府「ブロックチェーン法」を可決|トークンエコノミー促進へ

リヒテンシュタイン政府「ブロックチェーン法」を可決|トークンエコノミー促進へ

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

ILCoinが「RIFT」を導入し、ブロックチェーン業界に革命をもたらす

ILCoinが「RIFT」を導入し、ブロックチェーン業界に革命をもたらす

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す