仮想通貨ATM市場:今後「150億円」を超える見込み|日米独の採用も影響か

by BITTIMES

仮想通貨ATM市場は順調に成長を続けており、ここ最近では急速に設置台数が増加しています。その市場規模は、2018年の時点で1,630万ドル(約17億9,300万円)にまで達しているものの、2023年にはさらに1億4,450万ドル(約158億9,500万円)にまで拡大すると報告されています。

こちらから読む:世界中に普及するビットコインATM|これまでのニュースから

仮想通貨ATMが増加する理由

btc-atm

「RESEARCH AND MARKETS」は9月4日、2018年の時点で1,630万ドル(約17億9,300万円)規模となっている仮想通貨ATM市場が、2023年には1億4,450万ドル(約158億9,500万円)にまで拡大し、年平均成長率(CAGR)は54.7%になるとの見通しを発表しました。

この要因としては、日本アメリカドイツなどの先進国において、産業間で仮想通貨を容認するケースが増えていることが挙げられています。

2023年までの急速な成長は、
・仮想通貨から法定通貨への交換
・法定通貨から仮想通貨への交換
の両方の取引をサポートしている『双方向(2WAY)ATM』が主な要因となるとのことで、仮想通貨と法定通貨の売買ができる双方向ATMの機能性が多くの人々からの人気を押し上げる原動力となると説明されています。

仮想通貨ATMの設置台数は、北米地域が圧倒的に多いことがこれまでの調査で明らかになっています。北米には仮想通貨ATMの製造メーカーやソフトウェアプロバイダーが非常に多いこともあり、投資環境も整っているため、同地域の仮想通貨ATMの数は急速に成長を続けています。

ATM業界に起こる変化

btc-atm

ビットコインATMの設置台数は2018年末までには5,000台を超えるとも言われていますが、順調に成長を続ける仮想通貨ATMは『従来のATMメーカー』の脅威にもなっています。

世界最大手のATMメーカーであるCardtronics(カードトロニクス)は、今年3月の年次報告書の中で『仮想通貨』をビジネス上の主要なリスク要因として報告しています。

ここ最近で仮想通貨をはじめとする『電子決済サービス』を利用するユーザーが増加した事によって、物理的な紙幣や通貨を使用する人が減ってきているため、従来のATMの利用者数は減少し、支払い方法にも大きな変化が生まれていると言われています。

ただ、現時点での仮想通貨ATM業界は成長を続けているものの、仮想通貨の規制が不確実であることや、技術的な知識や理解が欠けていることによって、仮想通貨ATM市場の成長が抑制される可能性があるとも報告されています。

日本では仮想通貨規制が強化されたことによって、もともとは設置を予定していたプロジェクトが現在は一時停止になっているケースなどもあるため、実際に日本の市場が大きく成長するためには、そのような問題点を先に解決することが重要となるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Huobi Japan:仮想通貨取引アプリを「iPad向けに最適化」新たなバージョンをリリース

Huobi Japan:仮想通貨取引アプリを「iPad向けに最適化」新たなバージョンをリリース

FCバルセロナ:仮想通貨企業「Chiliz/CHZ」と提携|公式ファントークン発行へ

FCバルセロナ:仮想通貨企業「Chiliz/CHZ」と提携|公式ファントークン発行へ

クレカ利用で「仮想通貨」がもらえる|シンクロライフと三菱UFJニコスが実証実験開始

クレカ利用で「仮想通貨」がもらえる|シンクロライフと三菱UFJニコスが実証実験開始

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

米Robinhoodが手数料無料の仮想通貨取引アプリをローンチ

米Robinhoodが手数料無料の仮想通貨取引アプリをローンチ

注目度の高い仮想通貨ニュース

イギリスの暗号資産取引所「Exmo」でハッキング被害|BTC・ETH・XRPなどが流出

イギリスの暗号資産取引所「Exmo」でハッキング被害|BTC・ETH・XRPなどが流出

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

著名トレーダーが語る「2021年注目のアルトコイン」DeFi・WEB3.0・ゲームなど

著名トレーダーが語る「2021年注目のアルトコイン」DeFi・WEB3.0・ゲームなど

Cheeese:ネットショップの口コミ投稿で「ビットコインがもらえる」新機能追加

Cheeese:ネットショップの口コミ投稿で「ビットコインがもらえる」新機能追加

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

Crypto.com:旅行宿泊予約サイト「Booking.com」と提携|最大25%割引を提供

Crypto.com:旅行宿泊予約サイト「Booking.com」と提携|最大25%割引を提供

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月13日〜19日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月13日〜19日

韓国・済州島でブロックチェーン基盤の「新型コロナ接触追跡システム」導入:ICONLOOP

韓国・済州島でブロックチェーン基盤の「新型コロナ接触追跡システム」導入:ICONLOOP

コインチェック:NFTマーケットプレイスで「F1® Delta Time」のNFT取扱いを検討

コインチェック:NFTマーケットプレイスで「F1® Delta Time」のNFT取扱いを検討

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す