中国EV「BYD」ブロックチェーンで車両データを一括管理|CO2削減を目指す

by BITTIMES   

ブロックチェーン技術を積極的に取り入れている中国の大手電気自動車メーカー「BYD(比亜迪)」は、「ヴィチェーン(VeChain/VET)」及び「DNV GL」と共同開発した、『Carbon Credit App』をリリースしました。このアプリケーションは、Blockchain上で車両に関連する膨大なデータを安全な方法で管理することによって、二酸化炭素排出量の削減や、自動車に関連する様々なサービスの質や可能性をさらに広げることを可能にします。

こちらから読む:"5分で読める"データを安全に管理できる「ブロックチェーン」の基礎知識

Carbon Credit App(カーボン・クレジット・アプリ)とは

Carbon Credit App(カーボン・クレジット・アプリ)とは、
・電気自動車及びIT部品メーカーの『BYD(比亜迪)』
・品質保証およびリスク管理会社の『DNV GL』
・ブロックチェーン企業『VeChain Thor(ヴィチェーン)
の3社が共同開発した、自動車などによる二酸化炭素排出量を削減することなどを目的とした、ブロックチェーンベースの車両情報管理アプリケーションです。

これは、9月5日にBYDの『Worldwide Developer Conference』で発表された、カーボンバンキング・ソリューションの一部です。これらのソリューションは、二酸化炭素(CO2)の排出量を削減するだけでなく、スマートコントラクト を用いたデータ管理を行うことによって生まれる『新たな市場』の創造などにも影響しています。

このアプリケーションでは、車両の運転実績と炭素削減量のデータを元にして、それぞれのドライバーに『カーボンクレジット(炭素排出量削減証明)』と呼ばれる報酬を提供します。

ユーザーは、獲得したカーボンクレジットを対象商品やサービスと交換することができます。またユーザーはQRコードをスキャンすることで、BYDの車両にインストールされたアプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)からアプリの計算システムにログインすることができます。

BYDの車内カーボンクレジットシステム(画像:VeChainとBYD)BYDの車内カーボンクレジットシステム(画像:VeChainとBYD)

『VeChain Thor』のブロックチェーンは、各車両から検出された二酸化炭素排出量の記録・管理で利用されます。

ブロックチェーン上に記録されたデータは、プロジェクトに参加するクライアントに送信されます。企業側はこのプラットフォームにアクセスすることによって、各車両データの管理・共有・分析を行うことができます。

車両情報を管理するデータプロバイダーに

car-data

BYDは、カーボンバンキング・ソリューションが二酸化炭素排出量の削減に貢献するだけでなく、車両データを管理するプラットフォームにもなると期待しています。

カーボンバンキングのプラットフォームは、車両に関連する
・走行距離
・燃費情報
・破損状況
・電力消費量
・メンテナンス情報
といった様々なデータを一括管理することによって、一種のデータプロバイダーとしても機能します。

信頼できる『VeChain Thor』のブロックチェーン上で記録されたこれらの車両データは、修理工場や販売店、保険会社や金融事業者などの様々な企業と共有することによって、さらに正確により多くのサービスを提供することができます。

今後は乗用車以外の車両にも

train-bus

現時点でこのシステムはすでに完成しており、一連の概念実証(PoC)を終えた段階であるため、今後は本格的にシステム公開に向けた取り組みが行われることとなります。

長期的な計画では、乗用車だけでなく列車やバスといったその他の車両にもブロックチェーンプラットフォームを取り入れていくことを予定しているため、現在のプロジェクトはそれに向けた第一段階として位置づけられています。

BYDの自動車インテリジェント・エコロジカル研究所の代表である舒酉星(シュー・ヨンシン)氏は、次のように述べています。

この技術は現在のサービスを改善するだけでなく、全く新しい市場を創造することができます。

VeChainが提供している独自の魅力を備えた製品は、炭素量の観測システムの開発とこれらのサービスの長期的な繁栄にさらに力を与えるでしょう。

VeChainは、中国の大手保険会社である『中国人民保険(PICC)』との提携も発表しており、大手企業と積極的に協力関係を構築しています。

自動車業界では、世界を代表する数多くのメーカー企業がブロックチェーン技術を活用した車両やサービスを発表しています。現時点ではその多くが研究開発の段階であるため、世の中に大々的に登場するのはもう少し先の話になりますが、それらのプロジェクトは確実に前へと進んでいます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano:テストネット用「報酬ウォレット」公開【ステーキングの委任・参加方法】

Cardano:テストネット用「報酬ウォレット」公開【ステーキングの委任・参加方法】

BINANCE:Visa・Mastercardによる支払い機能「20ヵ国以上」で利用制限

BINANCE:Visa・Mastercardによる支払い機能「20ヵ国以上」で利用制限

ブロックチェーンとStem Cell(幹細胞)の現在 ー 未来の治療法との結合

ブロックチェーンとStem Cell(幹細胞)の現在 ー 未来の治療法との結合

LayerX×Uhuru「ブロックチェーン・IoT」分野で協業|安全・安心なデータ流通実現へ

LayerX×Uhuru「ブロックチェーン・IoT」分野で協業|安全・安心なデータ流通実現へ

フェルナンド・アロンソ「KODAK」のブロックチェーンで全データ管理へ

フェルナンド・アロンソ「KODAK」のブロックチェーンで全データ管理へ

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

注目度の高い仮想通貨ニュース

韓国国民銀行「仮想通貨・デジタル資産関連サービス」提供へ|テック企業3社と提携

韓国国民銀行「仮想通貨・デジタル資産関連サービス」提供へ|テック企業3社と提携

カザフスタン:暗号資産マイニングへの「15%課税」計画か

カザフスタン:暗号資産マイニングへの「15%課税」計画か

Animoca Brands:Atari製人気ゲームの「ブロックチェーン版」開発へ|NFTなども発行

Animoca Brands:Atari製人気ゲームの「ブロックチェーン版」開発へ|NFTなども発行

音楽イベントでNEM技術活用へ「世界初の楽曲プレゼント企画」開催:DJ Takamasa Owaki

音楽イベントでNEM技術活用へ「世界初の楽曲プレゼント企画」開催:DJ Takamasa Owaki

仮想通貨出資金詐欺ワンコイン関係者2名「遺体」で発見

仮想通貨出資金詐欺ワンコイン関係者2名「遺体」で発見

BITMAX:LINE独自の暗号資産が貰える「LINK上場記念キャンペーン」開催

BITMAX:LINE独自の暗号資産が貰える「LINK上場記念キャンペーン」開催

コインチェック:Androidアプリに「価格通知機能」を追加

コインチェック:Androidアプリに「価格通知機能」を追加

NEM HUB(ネム・ハブ)正式リリース「NEM・Symbol」の普及・貢献活動に報酬付与

NEM HUB(ネム・ハブ)正式リリース「NEM・Symbol」の普及・貢献活動に報酬付与

Ripple社:XRP Ledgerの「匿名化機能」に関する研究を支援

Ripple社:XRP Ledgerの「匿名化機能」に関する研究を支援

バイナンス:オーストラリア向けの暗号資産取引所「Binance Australia」立ち上げ

バイナンス:オーストラリア向けの暗号資産取引所「Binance Australia」立ち上げ

中国人民銀行元幹部:デジタル通貨は「現金以外でも幅広く活用すべき」と強調

中国人民銀行元幹部:デジタル通貨は「現金以外でも幅広く活用すべき」と強調

BTCV価格:50,000円台に突入|南アフリカの暗号資産取引所「ChainEX」にも上場

BTCV価格:50,000円台に突入|南アフリカの暗号資産取引所「ChainEX」にも上場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す