FanDuel:仮想通貨DASHが賞金の「NFL Crypto Cup」開幕!NBAコンテストの発表も

by BITTIMES   

スポーツファンの人々に仮想通貨ダッシュ(DASH)の賞金を提供するFanDuel(ファンデュエル)は「Crypto Cup(クリプト・カップ)」というファンタジー・スポーツ・コンテストを開催しています。アメリカンフットボール(NFL)の大会は2018年9月9日から2019年1月6日までの期間にわたって行われ、来年2月22日からはNBAコンテストが開始されます。

こちらから読む:スポーツコンテストの賞金「仮想通貨DASH」の関連ニュース

FanDuel(ファンデュエル)とは

FANDUEL-logo

FanDuel(ファンデュエル)とは、2009年に設立された架空のスポーツチームを作成して参加できる「ファンタジースポーツ」のオンラインゲームを提供している企業です。

ファンタジースポーツとは

ファンタジースポーツとは、スポーツチームの最高責任者になったつもりで、選手を集めたりチームを構成したりすることによって、自分だけの「架空のチーム」を作り上げてオンライン上で対戦相手と試合をしたりすることができるゲームです。

このゲームは、現実世界に実在する選手でチームを構成できるようになっているだけでなく、それらの選手の実際の成績などがゲーム内のキャラクターに連動する仕組みとなっているため、「ホームランを打った選手には1ポイントプラス」といったように選手たちが試合で好成績を残した場合にはゲーム内でのステータスにもその成績や技術力などの特徴が反映されるように設計されています。

このシステムが採用されていることによって、「実在する選手の技量をどれだけ的確に見極めてチームを構成することができるか」がゲームの成績にも大きく影響を及ぼすことになるため、現実世界での選手たちの状況なども把握しながら、よりリアルにゲームを進めることが重要になります。

このようなリアルなゲームの仕組みが高い評価を受け、ファンタジースポーツはアメリカを中心とした一大産業として多くの日人々に愛用されています。

NFLやNBAのコンテストも開催

FanDuelは、このような「ファンタジー・スポーツ」に参加するためのサービスを提供しています。

FanDuelは、2018年1月に「Bitcoin Bowl」と呼ばれるアメリカンフットボール(NFL)に焦点を当てたトーナメントを開催しました。このトーナメントに参加したユーザーにはビットコイン(BTC)が賞金として提供されました。

その後「FanDuel」は、2018年8月2日に公式仮想通貨としてダッシュ(DASH)を採用することを発表しました。8月末には「NFLコンテスト」の開催を発表し、来年の2月22日から「NBAコンテスト」を開始することも発表しています。

仮想通貨ダッシュ(DASH)が賞金「Crypto Cup」

fanduel-dash

FanDuelの公式サイトの情報によると現在開催されているNFLの「Crypto Cup」は、2018年9月9日〜12月30日までの18回にわたる「無料プレイのコンテスト」と、1月6日の「無料プレイの最終戦」で構成されています。

これらのコンテストには厳格な参加規則が定められているため、参加資格を持つのは米国とカナダの人々のみに限定されています。参加資格を持つユーザーは「FanDuel」が利用可能になると同時にコンテストにアクセスできるようになります。

2019年1月に開催される最終予選に参加するためには、18回のコンテストに参加する必要があり、最終的に参加資格が与えられるユーザーには、1月2日までに最終の予選のエントリー伝票がEメールで送られます。

「Crypto Cup」の優勝者には、2月3日にジョージア州アトランタでの開催が予定されている「Super Bowl」への参加資格と2日間のツアーチケットが与えられます。

競技が進められる過程では、DASHを使って複数の賞金が支払われます。
複数回与えられる賞では、1,000ドル(約11,000万円)相当の賞金がDASHで与えられ、勝者の間で共有されます。

その他の賞金としては、
5,000ドル(約55,000円)
7,000ドル(約77,000円)
10,000ドル(約110,000円)
相当の賞金も準備されています。

2月から始まるNBLのコンテストでは有料プレイ版も予定されており賞金もより高額になっています。日本からは参加できないものの、スポーツ業界の最先端を走り、アメリカで大きな人気を誇っているこのプロジェクトの発展には今後も大きな注目が集まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

伊藤忠:ブロックチェーン用いた「コーヒー情報追跡アプリ」提供へ

伊藤忠:ブロックチェーン用いた「コーヒー情報追跡アプリ」提供へ

イングランド:サッカークラブ「Derby County FC」がブロックチェーン企業と提携

イングランド:サッカークラブ「Derby County FC」がブロックチェーン企業と提携

Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

Blockchain.com:仮想通貨取引所「The PIT」を立ち上げ|200カ国以上の地域に展開

Blockchain.com:仮想通貨取引所「The PIT」を立ち上げ|200カ国以上の地域に展開

ブロックチェーンで「ファン参加型」チーム運営へ:West Ham United FC ー ロンドン

ブロックチェーンで「ファン参加型」チーム運営へ:West Ham United FC ー ロンドン

確定申告の還付金「ビットコイン受け取り」が可能に|米BitPayが納税プロセス革新

確定申告の還付金「ビットコイン受け取り」が可能に|米BitPayが納税プロセス革新

注目度の高い仮想通貨ニュース

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

全米最大のショッピングモールに「仮想通貨関連ストア」がオープン|SPEDNアプリに対応

全米最大のショッピングモールに「仮想通貨関連ストア」がオープン|SPEDNアプリに対応

クレジット・デビットカードで仮想通貨「5銘柄」が購入可能に|BINANCEがKoinalと提携

クレジット・デビットカードで仮想通貨「5銘柄」が購入可能に|BINANCEがKoinalと提携

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

リヒテンシュタイン政府「ブロックチェーン法」を可決|トークンエコノミー促進へ

リヒテンシュタイン政府「ブロックチェーン法」を可決|トークンエコノミー促進へ

【公式発表】TelegramのTONブロックチェーン「10月後半」公開へ

【公式発表】TelegramのTONブロックチェーン「10月後半」公開へ

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月15日〜21日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月15日〜21日

不正ログイン被害者向けに「最大100万円の補償制度」を導入:仮想通貨取引所TAOTAO

不正ログイン被害者向けに「最大100万円の補償制度」を導入:仮想通貨取引所TAOTAO

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月22日〜28日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月22日〜28日

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

待望の「Bakktのビットコイン先物取引」開始初日の取引量は?

待望の「Bakktのビットコイン先物取引」開始初日の取引量は?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す