ブロックチェーン企業と中国最大手テレビ局「CCTV」の子会社が提携

by BITTIMES

ブロックチェーン(Blockchain)技術の開発を行っているアメリカシリコンバレーのスタートアップ企業「Splend」は、中国最大のケーブルテレビ局「CCTV」の子会社である「Shanghai Code Center Industry(上海コードセンターインダストリー)」と提携して、次世代ネットワークインフラストラクチャを開発することを発表しました。

こちらから読む:テレビ業界でも活用される「ブロックチェーン」記事一覧

中国最大のケーブルテレビ局「China Central Television(CCTV)」の子会社である上海コードセンターインダストリーのQuan Laisheng(クアン・ライシェン)社長は、プレスリリースで次のように述べています。

Splendの最先端技術を採用することによって、現在のネットワークの現実を覆し、より迅速な取引を可能にしつつ、コストを劇的に削減することができる「次世代のネットワークインフラストラクチャ」を構築する予定です。

上海コードセンターは、
Huawei Technologies
・Beijing UnionPay
・National Gold Card Engineering
などの、その他の大手テクノロジー企業とも提携しています。

Splendにとって、今回の契約は中国で初めてのパートナーシップとなりました。この提携によって、アジア地域の新しい業界もカバーできるようになるため、今後の取り組みにも新たな機会がもたらされます。

Splendとは

Splend-logo

Splendは、2016年に設立されたブロックチェーン企業です。
Integrated Blockchain Architecture(IBA)」と呼ばれる独自のブロックチェーンテクノロジーを使用して、より高速で安全なトランザクションを実現するシステムを提供しています。

この技術によって、ソフトウェアとハ​​ードウェアコンポーネントの間でブロックチェーンの機能を分割またはスケーリングすることができます。同社はこの技術が『既存のトランザクション速度と待ち時間の制限を解決する』と説明しています。

Splendの開発チームはすでに「IBA Technology 1.0」の開発を完了しており、最初の「Universal CryptoWALLET」を発表しています。

同社はこのウォレットを「市場で入手可能な最も安全な仮想通貨ウォレット」と呼んでおり、「悪意のある行為に対する12層のセキュリティシールドを提供している」と説明しています。

Splendのユーザーは「CryptoWALLET」と「IBA Telegram」の両方のボットを使用して、迅速かつ簡単に仮想通貨を送金することができます。また、クロスプラットフォームの機能も搭載されているため、デスクトップ、モバイル、その他のガジェットといった、あらゆるデバイスからでも資金を送金できるようになっています。

さらにSplendは多言語にも対応しているため、iOS、Android、Webブラウザ、Telegramなどとの互換性も備えています。

同社は今後「自動決済サービス」や「バーチャル・カード」などを含む、数多くの「ゼロ金利サービス」の提供を予定しています。

中国の大手企業は続々とブロックチェーン技術の導入に取り組んでいます。中国最大のケーブルテレビ局として知られる「CCTV」の子会社である「上海コードセンターインダストリー」のプロジェクトとともにそれらのプロジェクトにも大きな注目が集まっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coinbase Pro:Ripple(XRP)の取り扱いを開始|上場発表で「10%以上」価格上昇

Coinbase Pro:Ripple(XRP)の取り扱いを開始|上場発表で「10%以上」価格上昇

BINANCE:コスモス(Cosmos/ATOM)の「先物取引」提供へ

BINANCE:コスモス(Cosmos/ATOM)の「先物取引」提供へ

Huobiが新会社『HBUS』を通じて米国に進出

Huobiが新会社『HBUS』を通じて米国に進出

スターバックス:ブロックチェーンで「コーヒー豆」の生産情報を管理|Microsoftと協力

スターバックス:ブロックチェーンで「コーヒー豆」の生産情報を管理|Microsoftと協力

BTCやXRPなど5銘柄|イギリスの仮想通貨取引所が「永久先物取引」を開始

BTCやXRPなど5銘柄|イギリスの仮想通貨取引所が「永久先物取引」を開始

バイナンス「アメリカ」に進出|規制遵守した仮想通貨取引所「Binance US」設立を表明

バイナンス「アメリカ」に進出|規制遵守した仮想通貨取引所「Binance US」設立を表明

注目度の高い仮想通貨ニュース

著名歌手AKONの仮想通貨Akoin:暗号資産取引所「Bittrex Global」上場へ

著名歌手AKONの仮想通貨Akoin:暗号資産取引所「Bittrex Global」上場へ

中央銀行デジタル通貨「導入の早さより、正しい対処が重要」パウエルFRB議長

中央銀行デジタル通貨「導入の早さより、正しい対処が重要」パウエルFRB議長

Twitterアカウントで「送金相手の事前確認」が可能に:Unstoppable Domains×Chainlink

Twitterアカウントで「送金相手の事前確認」が可能に:Unstoppable Domains×Chainlink

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

ビットポイント「Apple Watchアプリ」公開|暗号資産の価格・チャートを簡単確認

ビットポイント「Apple Watchアプリ」公開|暗号資産の価格・チャートを簡単確認

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

FXcoin:先着100名に1万円プレゼント「暗号資産購入キャンペーン」開催

FXcoin:先着100名に1万円プレゼント「暗号資産購入キャンペーン」開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す