ブロックチェーンでオレンジジュースの品質保証 ー オランダ小売大手「Albert Heijn」

by BITTIMES   

ブロックチェーン(Blockchain)技術で「オレンジジュース」の品質を保証する新しい情報管理システムが導入されようとしています。オランダの大手スーパーマーケットチェーンである「Albert Heijn(アルバート・ハイン)」は、商品の生産工程に透明性をもたらし、消費者が簡単な方法でその内容を確認することができる新しいサービスの影響に向けた取り組みを開始しています。

こちらから読む:オレンジジュースの品質を保証できる「ブロックチェーン」の仕組み

ブロックチェーンで生産工程に透明性を|Albert Heijn

Albert-Heijn-logo

オランダのザーンダムに本社を構える大手スーパーマーケットチェーンである「Albert Heijn(アルバート・ハイン)」は、オレンジジュースの生産工程に透明性を与えるためにブロックチェーン技術を活用していくことを計画しています。

アルバート・ハインは、同社製品の生産者である「Refresco(レフレスコ)」と協力してブロックチェーン技術を使った新しい情報管理システムを構築しており、「独自ブランド製品の生産者」や「店頭に並ぶまでに辿った全てのルート」などの商品の流通に関わりのあるあらゆる情報を簡単に確認することができるサービスの提供を目指しています。

QRコードで簡単に情報確認

これらの情報は製品の箱にプリントされている「QRコード」をスキャンすることで確認することができます。これによって、オレンジジュースがブラジルからオランダに届くまでの全ての情報を確認することができるため、顧客も製品の品質が安心できるものであるかどうかを確認することができ、企業側も低コストで効率的に商品を管理することができます。

QRコードに記録されたデータの中には、商品の品質を確認するための情報だけでなく、様々な農作物の生産者によって評価が行われた「商品の格付け」に関する情報も記録されており、果物の収穫時期や甘み密度などの詳しい情報なども記録されています。

またこのサービスを利用する顧客は、専用のオプション機能を利用して生産者に「チップ」を送ることもできると説明されています。

食品廃棄物を削減し環境保護にも貢献

Albert Heijnの商業担当ディレクターであるMarit van Egmond(マリット・ファン・エグモンンド)氏は、この新しいシステムについて次のように説明しています。

毎日、何万百人ものお客様に美味しい食べ物や飲み物を提供している私たちは、当社の製品をより健康的なものにし、食品廃棄物の削減に取り組み、環境への影響を減らすことによって、お客様にとっても重要な課題に積極的に貢献していきたいと考えています。

製品の流通過程に透明性をもたらすことはますます重要になってきていますが、私たちはそれらの製品を人々や動物そして環境を尊重しながら生産できるようにするための方法を理解しています。今回の取り組みを通じてオープンかつ透明なこれらの方法をお客様に示すことができればと考えています。

野菜の安全性を保証する「ブロックチェーン技術」

Vegetables

つい先日にはアメリカの大手スーパーマーケットチェーンである「Walmart(ウォルマート)」が、店頭で販売するレタスの衛生管理にブロックチェーン技術を活用していく計画を発表しました。小売業の世界では非常に多くの人々や企業が関わることになるため、それらの工程をいかに安全に管理するかが重要な課題のひとつとなっています。

ブロックチェーンの技術はそのような問題を効率的に解決し、低いコストで素晴らしい管理システムを導入することを可能にします。すでに数多くの大手企業によって多くの利点が証明されているこれらの技術は、続々と世界中の店舗や企業で取り入れられています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨による「給与支払い」が合法に|課税方法のガイダンスを公開:ニュージーランド

仮想通貨による「給与支払い」が合法に|課税方法のガイダンスを公開:ニュージーランド

ブロックチェーン活用で「食料品の売上増加」スーパーマーケット大手:カルフール

ブロックチェーン活用で「食料品の売上増加」スーパーマーケット大手:カルフール

ロンドン警察:仮想通貨関連の犯罪に対処するための訓練を開始

ロンドン警察:仮想通貨関連の犯罪に対処するための訓練を開始

PundiX:キプロスの公共・民間部門に「ブロックチェーン技術」提供へ

PundiX:キプロスの公共・民間部門に「ブロックチェーン技術」提供へ

アメリカ最大級の「科学博物館」が仮想通貨済に対応|オハイオ州五大湖科学センター

アメリカ最大級の「科学博物館」が仮想通貨済に対応|オハイオ州五大湖科学センター

Bakktのビットコイン先物「今後2ヶ月以内」に開始か|米市場調査会社が予想

Bakktのビットコイン先物「今後2ヶ月以内」に開始か|米市場調査会社が予想

注目度の高い仮想通貨ニュース

ErisX:ニューヨーク州で「仮想通貨交換業ライセンス」取得

ErisX:ニューヨーク州で「仮想通貨交換業ライセンス」取得

仮想通貨マイニングに「スーパーコンピューター」を悪用|不正アクセス報告相次ぐ

仮想通貨マイニングに「スーパーコンピューター」を悪用|不正アクセス報告相次ぐ

Cardano創設者:90年代のRPGゲーム「Legend of Valour」を買収

Cardano創設者:90年代のRPGゲーム「Legend of Valour」を買収

Huobi Japan:2つの特典がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開催

Huobi Japan:2つの特典がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開催

Google:Chrome拡張機能の「仮想通貨関連詐欺アプリ」を一斉削除|新ルールも導入

Google:Chrome拡張機能の「仮想通貨関連詐欺アプリ」を一斉削除|新ルールも導入

米国議会「ブロックチェーン投票システム」の導入を検討|新型コロナの影響受け

米国議会「ブロックチェーン投票システム」の導入を検討|新型コロナの影響受け

ビットコイン「3度目の半減期」を通過|価格への影響と今後予想される動き

ビットコイン「3度目の半減期」を通過|価格への影響と今後予想される動き

ビットコイン価格=5,000万円「長期的には達成可能」ベテラン投資家Raoul Pal

ビットコイン価格=5,000万円「長期的には達成可能」ベテラン投資家Raoul Pal

ビットコイン「ブロック生成速度」が大幅低下|半減期後のマイナー撤退が影響か

ビットコイン「ブロック生成速度」が大幅低下|半減期後のマイナー撤退が影響か

仮想通貨取引所Deribit「日本居住者向けサービス」を停止

仮想通貨取引所Deribit「日本居住者向けサービス」を停止

Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

Huobi Japan:フォビトークンがもらえる「HT新規取扱い記念キャンペーン」開始

Huobi Japan:フォビトークンがもらえる「HT新規取扱い記念キャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す