ブロックチェーンで電力供給を効率化|ETHで「再生可能エネルギー」提供へ:ConsenSys

by BITTIMES   

ブロックチェーン企業である「ConsenSys(コンセンシス)」が運営する電力配電システム「Grid+(グリッド・プラス)」は、同社が開発したソリューションを使用して、再生可能エネルギーをイーサリアムメインネット上の米国消費者に提供し始めたことを発表しました。

こちらから読む:再生可能エネルギー事業も扱うブロックチェーン企業「ConsenSys」

Grid+(グリッド・プラス)とは

Grid-plus-logo

「Grid+(グリッド・プラス)」とは、イーサリアム(Ethereum/ETH)の共同創設者であるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏が率いるブロックチェーン企業「ConsenSys(コンセンシス)」が運営している「世界中のエネルギー業界を再定義することを目指した電力配電システム」です。

この配電システムはイーサリアムのネットワーク上に構築されているため、ユーザーはリアルタイムに電力の支払いを行うことができ、必要な分だけ電力を購入することが可能になります。

これにより電力を無駄に蓄えておく必要がなくなるため、電力の伝送中に消費される無駄な電力をなくし、エネルギーの使用量を最適化し、コストを削減することができます。

同社は9月21日に、独自の「ハードウェア・ゲートウェイ・システム」と「ブロックチェーン・ソリューション」を使用することによって、太陽エネルギーや風力エネルギーなどの再生可能エネルギーをイーサリアムメインネット上の米国消費者に配電することに成功し、実際に電力供給を開始し始めたことを発表しました。

Grid+のハードウェア・ソフトウェアスタックは、電力の支払いをリアルタイムで処理するために利用され、「スマートエージェント」と呼ばれる機能を使用することで消費者は電力を売買することができます。

たとえば、大量の電力を毎日消費する「工場」のような大規模な施設の場合は、短期間で複数の支払いを処理することによって、余分な電力を購入することなく必要なエネルギーだけを購入して使用することができます。

これによりさらに電力コストを削減し、より効率的に再生可能エネルギーを活用していくことができるようになります。

再生可能エネルギーの問題点を解決

Renewable-energy

再生可能エネルギーの分野では、電力供給者が供給を最大限に活用することはまだ困難な現状があります。昨年、チリの太陽光発電所が太陽エネルギーを生産した際には、地元の送電事業者が効率的なエネルギーを蓄えて配電する方法を持っていなかったために、全国に無償で電力を供給しなければなりませんでした。

規制緩和された再生可能エネルギー市場では、過去数年間で信頼できる業者に対する需要が大幅に増加しており、風力や太陽光を含む再生可能エネルギー源が米国の市場シェアの20%を確保しています。そのような再生可能エネルギー市場をターゲットにした「ConsenSys」は、Ethereumのスケーリングソリューションである「Raiden Network」を活用したシステムを開発しました。

Ethereumネットワークの「Lightning」と呼ばれるこのスケーリングソリューションは、分散型アプリケーション(DApp)とユーザーがEthereumネットワーク上で行う「少額決済」を安い料金で処理することを可能にします。

これにより様々な面でのコストを大幅に削減することができるため、「Grid+」のサービスは再生可能エネルギー市場で問題とされていた多くの問題を解決しつつ、効率的にそれらのエネルギーを利用する新たな方法として利用できる可能性を秘めています。

ConsenSysは今回の配電成功にあたり、イーサリアムの優位性を証明するために今後はより具体的な活動を行なっていく予定であると説明しています。再生可能エネルギーをより実用的な形で実際に利用することを可能にする同社の取り組みには今後も注目が集まります。

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TRON財団:ビットトレントと「Huawei(ファーウェイ)」の提携を発表

TRON財団:ビットトレントと「Huawei(ファーウェイ)」の提携を発表

Twitter CEO:史上最古の歴史的ツイートを「NFT」として発行・販売

Twitter CEO:史上最古の歴史的ツイートを「NFT」として発行・販売

ブロックチェーンを「割引輸送サービス」に活用|ロシア鉄道が国民年金基金と提携

ブロックチェーンを「割引輸送サービス」に活用|ロシア鉄道が国民年金基金と提携

イーサリアムハードフォーク「メトロポリス」9月18日から導入スタート

イーサリアムハードフォーク「メトロポリス」9月18日から導入スタート

JPモルガン:ブロックチェーン技術で預託証券をトークン化する特許を出願

JPモルガン:ブロックチェーン技術で預託証券をトークン化する特許を出願

韓国政府機関:ブロックチェーン基盤の「DIDモバイル社員証」導入へ

韓国政府機関:ブロックチェーン基盤の「DIDモバイル社員証」導入へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

DeFi:5年後にはどうなっているのか

DeFi:5年後にはどうなっているのか

LINE BITMAX Wallet:NFTアイテムを取引できる「NFTマーケットβ」提供開始

LINE BITMAX Wallet:NFTアイテムを取引できる「NFTマーケットβ」提供開始

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供開始

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供開始

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月4日〜10日

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す