ブロックチェーンで電力供給を効率化|ETHで「再生可能エネルギー」提供へ:ConsenSys

by BITTIMES   

ブロックチェーン企業である「ConsenSys(コンセンシス)」が運営する電力配電システム「Grid+(グリッド・プラス)」は、同社が開発したソリューションを使用して、再生可能エネルギーをイーサリアムメインネット上の米国消費者に提供し始めたことを発表しました。

こちらから読む:再生可能エネルギー事業も扱うブロックチェーン企業「ConsenSys」

Grid+(グリッド・プラス)とは

Grid-plus-logo

「Grid+(グリッド・プラス)」とは、イーサリアム(Ethereum/ETH)の共同創設者であるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏が率いるブロックチェーン企業「ConsenSys(コンセンシス)」が運営している「世界中のエネルギー業界を再定義することを目指した電力配電システム」です。

この配電システムはイーサリアムのネットワーク上に構築されているため、ユーザーはリアルタイムに電力の支払いを行うことができ、必要な分だけ電力を購入することが可能になります。

これにより電力を無駄に蓄えておく必要がなくなるため、電力の伝送中に消費される無駄な電力をなくし、エネルギーの使用量を最適化し、コストを削減することができます。

同社は9月21日に、独自の「ハードウェア・ゲートウェイ・システム」と「ブロックチェーン・ソリューション」を使用することによって、太陽エネルギーや風力エネルギーなどの再生可能エネルギーをイーサリアムメインネット上の米国消費者に配電することに成功し、実際に電力供給を開始し始めたことを発表しました。

Grid+のハードウェア・ソフトウェアスタックは、電力の支払いをリアルタイムで処理するために利用され、「スマートエージェント」と呼ばれる機能を使用することで消費者は電力を売買することができます。

たとえば、大量の電力を毎日消費する「工場」のような大規模な施設の場合は、短期間で複数の支払いを処理することによって、余分な電力を購入することなく必要なエネルギーだけを購入して使用することができます。

これによりさらに電力コストを削減し、より効率的に再生可能エネルギーを活用していくことができるようになります。

再生可能エネルギーの問題点を解決

Renewable-energy

再生可能エネルギーの分野では、電力供給者が供給を最大限に活用することはまだ困難な現状があります。昨年、チリの太陽光発電所が太陽エネルギーを生産した際には、地元の送電事業者が効率的なエネルギーを蓄えて配電する方法を持っていなかったために、全国に無償で電力を供給しなければなりませんでした。

規制緩和された再生可能エネルギー市場では、過去数年間で信頼できる業者に対する需要が大幅に増加しており、風力や太陽光を含む再生可能エネルギー源が米国の市場シェアの20%を確保しています。そのような再生可能エネルギー市場をターゲットにした「ConsenSys」は、Ethereumのスケーリングソリューションである「Raiden Network」を活用したシステムを開発しました。

Ethereumネットワークの「Lightning」と呼ばれるこのスケーリングソリューションは、分散型アプリケーション(DApp)とユーザーがEthereumネットワーク上で行う「少額決済」を安い料金で処理することを可能にします。

これにより様々な面でのコストを大幅に削減することができるため、「Grid+」のサービスは再生可能エネルギー市場で問題とされていた多くの問題を解決しつつ、効率的にそれらのエネルギーを利用する新たな方法として利用できる可能性を秘めています。

ConsenSysは今回の配電成功にあたり、イーサリアムの優位性を証明するために今後はより具体的な活動を行なっていく予定であると説明しています。再生可能エネルギーをより実用的な形で実際に利用することを可能にする同社の取り組みには今後も注目が集まります。

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

フィリピン政府ブロックチェーン認可へ | アジアのシリコンバレーに大きく前進

フィリピン政府ブロックチェーン認可へ | アジアのシリコンバレーに大きく前進

マネーフォワード「仮想通貨交換業者の登録」を断念|ブロックチェーン技術開発は継続

マネーフォワード「仮想通貨交換業者の登録」を断念|ブロックチェーン技術開発は継続

積水ハウス・日立・KDDI:ブロックチェーン活用した「企業間情報連携基盤」構築へ

積水ハウス・日立・KDDI:ブロックチェーン活用した「企業間情報連携基盤」構築へ

韓国政府:ブロックチェーンで食品情報を管理「牛肉サプライチェーン」追跡へ

韓国政府:ブロックチェーンで食品情報を管理「牛肉サプライチェーン」追跡へ

アリババ Pictures:ブロックチェーンで「映画配信権」トークン化へ、Breakerと協力

アリババ Pictures:ブロックチェーンで「映画配信権」トークン化へ、Breakerと協力

Ripple社:CARDANO財団なども加盟する「ブロックチェーン国際標準化協会」に参加

Ripple社:CARDANO財団なども加盟する「ブロックチェーン国際標準化協会」に参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano創設者「Shelleyメインネット」などの進捗を報告|京都でイベントも予定

Cardano創設者「Shelleyメインネット」などの進捗を報告|京都でイベントも予定

CME・Bakktの「ビットコインオプション」をサポート:マネックス子会社TradeStation

CME・Bakktの「ビットコインオプション」をサポート:マネックス子会社TradeStation

BINANCE CEO:マルタでの無許可運営報道には「誤解がある」と説明

BINANCE CEO:マルタでの無許可運営報道には「誤解がある」と説明

仮想通貨の「確定申告・納税」遅れるとどうなる?事前に知っておきたい基礎知識

仮想通貨の「確定申告・納税」遅れるとどうなる?事前に知っておきたい基礎知識

ロシア政府:仮想通貨決済「禁止する方針」示す|中央銀行も合意=地元メディア報道

ロシア政府:仮想通貨決済「禁止する方針」示す|中央銀行も合意=地元メディア報道

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月26日〜2月1日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月26日〜2月1日

BINANCE:シンガポールで「営業ライセンス」申請|仮想通貨取引サービス継続に向け

BINANCE:シンガポールで「営業ライセンス」申請|仮想通貨取引サービス継続に向け

GMOコイン:貸仮想通貨サービスをリニューアル|全7銘柄「最大年率5%」で提供へ

GMOコイン:貸仮想通貨サービスをリニューアル|全7銘柄「最大年率5%」で提供へ

ブロックチェーンで「フェラーリ」などをトークン化|高級車への少額投資が可能に

ブロックチェーンで「フェラーリ」などをトークン化|高級車への少額投資が可能に

NASDAQ「ビットコイン先物取引」を検討=Bloomberg報道

NASDAQ「ビットコイン先物取引」を検討=Bloomberg報道

IOTA:iOS・Android版Trinityの「最新版」公開|利用者はパスワード変更を

IOTA:iOS・Android版Trinityの「最新版」公開|利用者はパスワード変更を

旅行予約で仮想通貨が使える「TravelbyBit」エクスペディアと提携し、対応ホテルを拡大

旅行予約で仮想通貨が使える「TravelbyBit」エクスペディアと提携し、対応ホテルを拡大

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

人気のタグから探す