Bithumb:分散型取引所(DEX)のサービス開始「手数料無料・エアドロップ」イベントも

by BITTIMES

韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)は、2018年10月15日に分散型取引所(DEX)を立ち上げました。「Bithumb DEX」と呼ばれるこのプラットフォームでは「取引手数料無料」や「AirDrop(エアドロップ)」などのイベントも開催されています。

こちらから読む:大手仮想通貨取引所も移行している「分散型取引所(DEX)」とは

Bithumb DEXとは

Bithumb-DEX

Bithumb DEXは、国際的なブロックチェーン企業であるONEROOT(ワンルート)との協力によって開発された分散型取引所(DEX)です。

DEXのすべての資産はスマートコントラクトで格納され、独立して管理されているため、中央集中型の取引所と比較すると高いセキュリティを備えています。仮にハッキングが行われた場合でも、DEXの資産が損失を受ける心配はありません。すべてのトランザクション履歴もブロックチェーン上に記録されるため、データが改ざんされる心配はありません。

取引所での注文の照合と決済は「R1」と呼ばれるプロトコルによって分離されています。注文の照合はオフチェーンで行われるため、トランザクションを高速化することに成功しています。DEXはR1プロトコルを使用して他の取引所との注文データと流動性を共有し、資産の流動性を向上させています。

取引手数料無料イベント

取引手数料イベントは、
・2018年10月15日 14:00から
・2018年11月15日 23:59まで
の30日間にかけて開催されており、イーサリアム(Ethereum/ETH)のネットワーク上でのガス料金のみで取引を行うことができるようになっています。

AirDrop(エアドロップ)イベント

「Bithumb DEX」の立ち上げを記念して行われるAirDrop(エアドロップ)イベントでは、期間中に多くの仮想通貨を取引したトップ1,000人のトレーダーに約100,000ドル(500ETH)に相当する仮想通貨が配布されます。

エアドロップイベントの開催期間は、
・2018年10月15日 14:00から
・2018年10月30日 23:59まで
となっており、トレーダーはDENT、INS、POA20、RNT、WTCのいずれかの仮想通貨で1ETH以上の取引を行うことが条件となっています。

報酬として与えられる仮想通貨はそれぞれのユーザーがETHと交換したコインで支払われるとされており、取引量の多かった順にユーザーがランク付けされ、以下のETH額に相当する仮想通貨が送られることとなっています。

ランクETH(1人)
150
230
315
410
55
6〜302
31〜1001
101〜10000.3

Bithumbは今年の7月に、日本タイでの立ち上げ計画も発表しました。報告書によると「Bithumb」は現在、日本の金融庁とタイの証券取引委員会に規制上の承認を申請しています。今年6月にハッキングの被害を受けたものの、先日シンガポールの企業による買収が発表され、新しいスタートを切ったBithumbの取り組みには今後も大きな注目が集まります。

「Bithumb DEX」の詳細は以下の公式ホームページからどうぞ
>Bithumb DEXの公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アゼルバイジャンの仮想通貨取引所「Cross exchange」11月25日オープン|XRPも上場

アゼルバイジャンの仮想通貨取引所「Cross exchange」11月25日オープン|XRPも上場

Coincheck(コインチェック):一部仮想通貨の売買と新規口座開設を再開

Coincheck(コインチェック):一部仮想通貨の売買と新規口座開設を再開

Ripple社がブロックチェーン経済を見据え17大学に大規模寄付を表明

Ripple社がブロックチェーン経済を見据え17大学に大規模寄付を表明

仮想通貨はどうなる?世界各国の現状と今後の動き

仮想通貨はどうなる?世界各国の現状と今後の動き

Forbes(フォーブス):ブロックチェーンによる「コンテンツ管理」へ ー Civilと提携

Forbes(フォーブス):ブロックチェーンによる「コンテンツ管理」へ ー Civilと提携

仮想通貨ATM市場:今後「150億円」を超える見込み|日米独の採用も影響か

仮想通貨ATM市場:今後「150億円」を超える見込み|日米独の採用も影響か

注目度の高い仮想通貨ニュース

南オーストラリア州政府:ブロックチェーン投票システムを「公式選挙」に採用

南オーストラリア州政府:ブロックチェーン投票システムを「公式選挙」に採用

ビットコイン購入で「最大10万円が当たる」キャンペーン開催:GMOコイン

ビットコイン購入で「最大10万円が当たる」キャンペーン開催:GMOコイン

ブロックチェーンベースの配車アプリ「TADA」ベトナム・カンボジアに事業拡大

ブロックチェーンベースの配車アプリ「TADA」ベトナム・カンボジアに事業拡大

【米国銀行初】JPモルガン:独自の仮想通貨「JPMコイン」発行|企業間の即時決済を実現

【米国銀行初】JPモルガン:独自の仮想通貨「JPMコイン」発行|企業間の即時決済を実現

安倍首相:ブロックチェーンは「注目すべき技術」今後の成長に大きな可能性

安倍首相:ブロックチェーンは「注目すべき技術」今後の成長に大きな可能性

【重要】BitTradeサービス終了のお知らせと「XRPプレゼントキャンペーン」の注意点

【重要】BitTradeサービス終了のお知らせと「XRPプレゼントキャンペーン」の注意点

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月10日〜16日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月10日〜16日

Twitterで「ビットコインの少額送金」が可能に|拡張機能ベータ版リリース:Tippin

Twitterで「ビットコインの少額送金」が可能に|拡張機能ベータ版リリース:Tippin

2019年:仮想通貨市場に「最高と最悪」が訪れる|今は買い貯めの時:中国BTC億万長者

2019年:仮想通貨市場に「最高と最悪」が訪れる|今は買い貯めの時:中国BTC億万長者

リップル:中国・清華大学と提携「ブロックチェーン技術研究」奨学金プログラムを開始

リップル:中国・清華大学と提携「ブロックチェーン技術研究」奨学金プログラムを開始

Ripple:XRP Ledger「バージョン1.2.0」リリース|サーバー運用者はアップグレードを

Ripple:XRP Ledger「バージョン1.2.0」リリース|サーバー運用者はアップグレードを

XRPレジャーのアカウント数「150万」を突破|Rippleコミュニティ順調に拡大中

XRPレジャーのアカウント数「150万」を突破|Rippleコミュニティ順調に拡大中

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す