Bithumb:分散型取引所(DEX)のサービス開始「手数料無料・エアドロップ」イベントも

by BITTIMES

韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)は、2018年10月15日に分散型取引所(DEX)を立ち上げました。「Bithumb DEX」と呼ばれるこのプラットフォームでは「取引手数料無料」や「AirDrop(エアドロップ)」などのイベントも開催されています。

こちらから読む:大手仮想通貨取引所も移行している「分散型取引所(DEX)」とは

Bithumb DEXとは

Bithumb-DEX

Bithumb DEXは、国際的なブロックチェーン企業であるONEROOT(ワンルート)との協力によって開発された分散型取引所(DEX)です。

DEXのすべての資産はスマートコントラクトで格納され、独立して管理されているため、中央集中型の取引所と比較すると高いセキュリティを備えています。仮にハッキングが行われた場合でも、DEXの資産が損失を受ける心配はありません。すべてのトランザクション履歴もブロックチェーン上に記録されるため、データが改ざんされる心配はありません。

取引所での注文の照合と決済は「R1」と呼ばれるプロトコルによって分離されています。注文の照合はオフチェーンで行われるため、トランザクションを高速化することに成功しています。DEXはR1プロトコルを使用して他の取引所との注文データと流動性を共有し、資産の流動性を向上させています。

取引手数料無料イベント

取引手数料イベントは、
・2018年10月15日 14:00から
・2018年11月15日 23:59まで
の30日間にかけて開催されており、イーサリアム(Ethereum/ETH)のネットワーク上でのガス料金のみで取引を行うことができるようになっています。

AirDrop(エアドロップ)イベント

「Bithumb DEX」の立ち上げを記念して行われるAirDrop(エアドロップ)イベントでは、期間中に多くの仮想通貨を取引したトップ1,000人のトレーダーに約100,000ドル(500ETH)に相当する仮想通貨が配布されます。

エアドロップイベントの開催期間は、
・2018年10月15日 14:00から
・2018年10月30日 23:59まで
となっており、トレーダーはDENT、INS、POA20、RNT、WTCのいずれかの仮想通貨で1ETH以上の取引を行うことが条件となっています。

報酬として与えられる仮想通貨はそれぞれのユーザーがETHと交換したコインで支払われるとされており、取引量の多かった順にユーザーがランク付けされ、以下のETH額に相当する仮想通貨が送られることとなっています。

ランクETH(1人)
150
230
315
410
55
6〜302
31〜1001
101〜10000.3

Bithumbは今年の7月に、日本タイでの立ち上げ計画も発表しました。報告書によると「Bithumb」は現在、日本の金融庁とタイの証券取引委員会に規制上の承認を申請しています。今年6月にハッキングの被害を受けたものの、先日シンガポールの企業による買収が発表され、新しいスタートを切ったBithumbの取り組みには今後も大きな注目が集まります。

「Bithumb DEX」の詳細は以下の公式ホームページからどうぞ
>Bithumb DEXの公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所などに「顧客情報の共有」求める|FATFが「ガイダンス」を公開

仮想通貨取引所などに「顧客情報の共有」求める|FATFが「ガイダンス」を公開

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

GMOコイン「貸暗号資産」のサービス内容変更へ|年率5%コースの新規申込は廃止

GMOコイン「貸暗号資産」のサービス内容変更へ|年率5%コースの新規申込は廃止

LUNC:Tax Burnの税率を「0.2%」に引き下げ|BINANCEも入出金手数料を変更

LUNC:Tax Burnの税率を「0.2%」に引き下げ|BINANCEも入出金手数料を変更

NFTプラットフォームDOSI:決済手段にLINE独自の暗号資産「LINK」を追加

NFTプラットフォームDOSI:決済手段にLINE独自の暗号資産「LINK」を追加

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

注目度の高い仮想通貨ニュース

米カリフォルニア州車両管理局:車の所有権管理で「Tezos」のブロックチェーン活用

米カリフォルニア州車両管理局:車の所有権管理で「Tezos」のブロックチェーン活用

ビットポイント「Flareトークン(FLR)の配布・取扱開始日」を発表

ビットポイント「Flareトークン(FLR)の配布・取扱開始日」を発表

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月15日〜21日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月15日〜21日

Zaif:ブロックチェーンゲーム「元素騎士Online -META WORLD-」と提携

Zaif:ブロックチェーンゲーム「元素騎士Online -META WORLD-」と提携

カルダノ(Cardano/ADA)価格上昇の裏で「クジラ・サメ」が増加|蓄積段階突入か

カルダノ(Cardano/ADA)価格上昇の裏で「クジラ・サメ」が増加|蓄積段階突入か

カルダノ共同創設者:仮想通貨メディア「CoinDesk」の買収を検討

カルダノ共同創設者:仮想通貨メディア「CoinDesk」の買収を検討

Flare Networks:FLR配布関連提案「FIP.01」の質問・回答をまとめたFAQ公開

Flare Networks:FLR配布関連提案「FIP.01」の質問・回答をまとめたFAQ公開

今注目のハイリターンが期待できるペニー価格の仮想通貨銘柄7選

今注目のハイリターンが期待できるペニー価格の仮想通貨銘柄7選

PlayMining NFT「法定通貨決済」に対応|DEP感謝祭も開始

PlayMining NFT「法定通貨決済」に対応|DEP感謝祭も開始

Ripple社:モニカ・ロング氏を事業部門責任者に任命

Ripple社:モニカ・ロング氏を事業部門責任者に任命

Oasys:分散型自律組織(DAO)に向けたガバナンス体制を立ち上げ

Oasys:分散型自律組織(DAO)に向けたガバナンス体制を立ち上げ

コインチェック:法人向けサービス「Coincheck for Business」提供開始

コインチェック:法人向けサービス「Coincheck for Business」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す