Bithumb:分散型取引所(DEX)のサービス開始「手数料無料・エアドロップ」イベントも

by BITTIMES

韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)は、2018年10月15日に分散型取引所(DEX)を立ち上げました。「Bithumb DEX」と呼ばれるこのプラットフォームでは「取引手数料無料」や「AirDrop(エアドロップ)」などのイベントも開催されています。

こちらから読む:大手仮想通貨取引所も移行している「分散型取引所(DEX)」とは

Bithumb DEXとは

Bithumb-DEX

Bithumb DEXは、国際的なブロックチェーン企業であるONEROOT(ワンルート)との協力によって開発された分散型取引所(DEX)です。

DEXのすべての資産はスマートコントラクトで格納され、独立して管理されているため、中央集中型の取引所と比較すると高いセキュリティを備えています。仮にハッキングが行われた場合でも、DEXの資産が損失を受ける心配はありません。すべてのトランザクション履歴もブロックチェーン上に記録されるため、データが改ざんされる心配はありません。

取引所での注文の照合と決済は「R1」と呼ばれるプロトコルによって分離されています。注文の照合はオフチェーンで行われるため、トランザクションを高速化することに成功しています。DEXはR1プロトコルを使用して他の取引所との注文データと流動性を共有し、資産の流動性を向上させています。

取引手数料無料イベント

取引手数料イベントは、
・2018年10月15日 14:00から
・2018年11月15日 23:59まで
の30日間にかけて開催されており、イーサリアム(Ethereum/ETH)のネットワーク上でのガス料金のみで取引を行うことができるようになっています。

AirDrop(エアドロップ)イベント

「Bithumb DEX」の立ち上げを記念して行われるAirDrop(エアドロップ)イベントでは、期間中に多くの仮想通貨を取引したトップ1,000人のトレーダーに約100,000ドル(500ETH)に相当する仮想通貨が配布されます。

エアドロップイベントの開催期間は、
・2018年10月15日 14:00から
・2018年10月30日 23:59まで
となっており、トレーダーはDENT、INS、POA20、RNT、WTCのいずれかの仮想通貨で1ETH以上の取引を行うことが条件となっています。

報酬として与えられる仮想通貨はそれぞれのユーザーがETHと交換したコインで支払われるとされており、取引量の多かった順にユーザーがランク付けされ、以下のETH額に相当する仮想通貨が送られることとなっています。

ランクETH(1人)
150
230
315
410
55
6〜302
31〜1001
101〜10000.3

Bithumbは今年の7月に、日本タイでの立ち上げ計画も発表しました。報告書によると「Bithumb」は現在、日本の金融庁とタイの証券取引委員会に規制上の承認を申請しています。今年6月にハッキングの被害を受けたものの、先日シンガポールの企業による買収が発表され、新しいスタートを切ったBithumbの取り組みには今後も大きな注目が集まります。

「Bithumb DEX」の詳細は以下の公式ホームページからどうぞ
>Bithumb DEXの公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Pornhub:仮想通貨決済サービスを強化|プーマペイ(PumaPay/PMA)にも対応

Pornhub:仮想通貨決済サービスを強化|プーマペイ(PumaPay/PMA)にも対応

イーサリアム:大型アップデートとなるハードフォーク「Istanbul」を無事完了

イーサリアム:大型アップデートとなるハードフォーク「Istanbul」を無事完了

NEMブロックチェーンで子供たちの教育支援|10歳の少女が立ち上げた「KidLet」が話題に

NEMブロックチェーンで子供たちの教育支援|10歳の少女が立ち上げた「KidLet」が話題に

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

ビットコインで退職金「元米国大統領候補Ron Paul氏がCM出演」

ビットコインで退職金「元米国大統領候補Ron Paul氏がCM出演」

Charles Hoskinson「Cardanoは氷山のような存在」近日中に重大発表か

Charles Hoskinson「Cardanoは氷山のような存在」近日中に重大発表か

注目度の高い仮想通貨ニュース

Operaブラウザ:Android版で「ブロックチェーンドメイン」をサポート

Operaブラウザ:Android版で「ブロックチェーンドメイン」をサポート

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月29日〜4月4日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月29日〜4月4日

アダルトサイト大手「Pornhub」仮想通貨PMAによる支払いに対応

アダルトサイト大手「Pornhub」仮想通貨PMAによる支払いに対応

IOTA創業者:Trinityウォレットで盗まれた「約8.5兆MIOTA」自己資金で返済へ

IOTA創業者:Trinityウォレットで盗まれた「約8.5兆MIOTA」自己資金で返済へ

三井物産:ブロックチェーン活用の資産運用事業で「合同会社」設立へ|LayerXなどと協力

三井物産:ブロックチェーン活用の資産運用事業で「合同会社」設立へ|LayerXなどと協力

仮想通貨取引所KuCoin:事業拡大に向け「KuGroup」設立

仮想通貨取引所KuCoin:事業拡大に向け「KuGroup」設立

Cardano:スケーリングソリューション「Hydra」リリース|Visaを超える処理速度を実現

Cardano:スケーリングソリューション「Hydra」リリース|Visaを超える処理速度を実現

1ビットコイン=20円で「42,085BTC」購入?コインベースでエラー発生か

1ビットコイン=20円で「42,085BTC」購入?コインベースでエラー発生か

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

ブロックチェーンで「バーボンウイスキー」をトークン化|投資可能なデジタル資産に

ブロックチェーンで「バーボンウイスキー」をトークン化|投資可能なデジタル資産に

SBI:2020年度に「仮想通貨の証拠金取引」提供開始か=日経報道

SBI:2020年度に「仮想通貨の証拠金取引」提供開始か=日経報道

【Consensus 2020】世界最大級のブロックチェーンイベント「バーチャル空間」で開催へ

【Consensus 2020】世界最大級のブロックチェーンイベント「バーチャル空間」で開催へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す