BitGo:Goldman Sachsなどから「約65億円」調達 ー カストディアンへの期待高まる

by BITTIMES

仮想通貨(Cryptocurrency)のウォレットやカストディ(保管)サービスを提供している「BitGo(ビットゴー)」が、暗号通貨関連の投資を行なっているGalaxy Digital(ギャラクシーデジタル)のCEO Michael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏やGoldman Sachs(ゴールドマン・サックス)から約65億円相当の資金を調達したことが明らかになりました。同社が開発を進める安全な資産管理サービスが完成することで、より多くの機関投資家が参加しやすくなると期待されています。

こちらから読む:大手金融グループ「Goldman Sachs」仮想通貨市場への見解は?

仮想通貨業界のリーダー企業|BitGo(ビットゴー)

BitGo-logo

BitGo(ビットゴー)は、仮想通貨を安全に保管し管理するためのウォレットカストディサービスを提供している企業です。カリフォルニア州に本社を構え、ロンドン、シンガポール、東京にオフィスを構えている同社は、機関投資家向けのソリューションを提供しており、世界最大の仮想通貨取引所を含めた数多くの顧客を50カ国以上に抱えています。

75種類以上のコインとトークンをサポートしている同社のウォレットには、20億ドル(約2,247億円)以上の資産が保有されていると言われており、業界を代表するリーダー的存在としても知られています。

2013年には、業界初のマルチシグネチャーホットウォレットを導入しており、2018年10月時点では300以上ものクライアントを抱えていると言われています。

ゴールドマン・サックスなど大手企業が投資

Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)とMichael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏は「BitGo Holdings」に多額の投資を行なったと伝えられています。

報道によると、ゴールドマン・サックスとノヴォグラッツ氏は、約1,500万ドル(約16億8,000万円)の資金を投資した伝えられており、BitGoはこの他にも
・Valor Equity Partners
・Craft Ventures
・DRW
・Redpoint Ventures
などの投資会社などから総額5850万ドル(約65億6,000万円)を調達したと伝えられています。

BitGoのCEOであるMike Belshe(マイク・ベルシュ)氏は、多くの企業から投資を受けた際に、次のようなコメントを語っています。

仮想通貨やデジタル資産の取引を望んでいる機関投資家にとって「BitGo」ほど優れた企業はありません。仮想通貨市場はまだまだ未熟ですが、私たちはすでに準備を始めています。

カストディサービスが仮想通貨市場を成長させる

仮想通貨市場はこの数年間で大幅な成長を遂げていますが、機関投資家の中には未だに仮想通貨市場に参加していない機関も多く存在します。安全性の高い仮想通貨の保管方法がないという点は、機関投資家の参入を妨げる障壁となっています。

そのため、最近では「JPモルガン」や「Northern Trust(ノーザン・トラスト)」多くの金融機関や仮想通貨ファンドがカストディ・サービスを提供しており、今年の8月にはゴールドマン・サックスが独自のカストディ・サービスの提供を検討していることも報じられています。

ノヴォグラッツ氏は『機関投資家はデジタル資産が徐々に現在の市場を変化させることになると認識しているため、この市場に参加したいと考えている』と語っています。このような機関投資家の参入を促すためには、より良いカストディサービスが重要になると考えられています。

最近の発表では、アメリカの大手金融サービス会社Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメント)が、機関投資家を対象としたビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)の保管サービスを開始することを発表しました。このような新しい発表は、仮想通貨の採用を促すことにつながると考えられています。

ノヴォグラッツ氏は、機関投資家が市場に参入することによって仮想通貨市場がさらに大きく成長することになるという予想を以前に語っています。BitGoが研究開発が進みより安全な仮想通貨の保管方法が提供されれば、より多くの投資家が安心して市場に参加できるようになり、さらなる成長が見込めると期待されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BitGo:Tron初の「マルチシグウォレット・保管ソリューション」提供開始

BitGo:Tron初の「マルチシグウォレット・保管ソリューション」提供開始

ビットコインを「体内マイクロチップ」に保管|新時代の資産管理方法となるのか?

ビットコインを「体内マイクロチップ」に保管|新時代の資産管理方法となるのか?

Google:イーサリアムウォレット「MetaMask」をアプリストアから削除

Google:イーサリアムウォレット「MetaMask」をアプリストアから削除

Trezor(トレザー)の使い方「初期設定〜バックアップの作成方法まで」画像付きで解説

Trezor(トレザー)の使い方「初期設定〜バックアップの作成方法まで」画像付きで解説

Telegram:デスクトップPC向け「Gram Wallet」のテスト版を公開

Telegram:デスクトップPC向け「Gram Wallet」のテスト版を公開

BitGo:機関投資家向けの「仮想通貨貸出サービス」提供開始

BitGo:機関投資家向けの「仮想通貨貸出サービス」提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

BITTREX:Zcash・DASH・Moneroなどの「上場廃止」を発表|3通貨の価格は下落傾向

BITTREX:Zcash・DASH・Moneroなどの「上場廃止」を発表|3通貨の価格は下落傾向

Crossway Global「12月に初のDAO製品を発売し、Defi市場に参入する」と発表

Crossway Global「12月に初のDAO製品を発売し、Defi市場に参入する」と発表

Binance US「XRP取引・入金の一時停止」を発表|大手取引所で上場廃止報告続く

Binance US「XRP取引・入金の一時停止」を発表|大手取引所で上場廃止報告続く

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

TAOTAO(タオタオ)「My Crypto Heroesキャッシュバックキャンペーン」開催

TAOTAO(タオタオ)「My Crypto Heroesキャッシュバックキャンペーン」開催

XRP価格上昇「30円台まで回復」下落相場脱出なるか

XRP価格上昇「30円台まで回復」下落相場脱出なるか

著名トレーダーが語る「2021年注目のアルトコイン」DeFi・WEB3.0・ゲームなど

著名トレーダーが語る「2021年注目のアルトコイン」DeFi・WEB3.0・ゲームなど

韓国・済州島でブロックチェーン基盤の「新型コロナ接触追跡システム」導入:ICONLOOP

韓国・済州島でブロックチェーン基盤の「新型コロナ接触追跡システム」導入:ICONLOOP

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す