リップル(XRP)「約3,600万円相当」盗難事件 ー オーストラリアで女性逮捕

by BITTIMES   

オーストラリアで2018年1月に発生した仮想通貨リップル(Ripple/XRP)盗難事件の犯人が逮捕されました。現地メディアの報道では、シドニー警察は23歳の女性を「56歳の男性から45,000豪ドル(約3,600万円)相当の暗号通貨を盗んだ容疑」で拘束したと伝えられています。

こちらから読む:仮想通貨の一般利用が進む「オーストラリア」ステーブルコインも来年発行

個人逮捕は「オーストラリア初」ー 今後はさらに増加?

theft

オーストラリアのニュースメディアである「Brisbane Times」は、23歳の女性が2018年1月に犠牲者となった53歳の男性のメールアカウントをハッキングしたと報告しています。

この女性は男性のアカウントパスワードを変更し、携帯電話での二段階認証機能を使用して仮想通貨リップル(Ripple/XRP)を盗み出しました。

彼女はそのメールアドレスに接続されている仮想通貨のアカウントから彼女が所有する中国の口座に合計100,000XRP(約520万円相当)を送金したと伝えられています。このXRPは当時の価値で換算すると約3,600万円に相当するとも報告されています。

盗まれたXRPは、その後ビットコイン(Bitcoin/BTC)に変換され、複数の仮想通貨ウォレットに転送されています。被害者の男性は2日後には自身のウォレットを取り戻すことができましたが、その時にはすでに女性が全ての資金を使い果たしていたとのことです。

サイバー犯罪委員長であるArthur Katsogiannis(アーサー・カッツォギアニス)氏は『これは非常に重大な犯罪である』と語っており、仮想通貨窃盗の罪で個人が逮捕されたオーストラリアで初めてのケースであると述べています。

同氏は、このような逮捕例は今回が初めてであるものの『今後数年でこのような事件が標準になるだろう』とも述べており、仮想通貨を扱う人々にとって個人情報がいかに重要なものであるかを再認識することの重要性を強調しています。

「news.com.au」は、警察が彼女の家からコンピュータ、ハードドライブ、携帯電話、書類を押収したと伝えています。サイバー犯罪部隊は、彼女が単独で行動したかどうかは確認していませんが、彼女が窃盗を行うための特別な技術力を持っていたと語っています。この女性は2018年11月9日にバーウッド地方裁判所に出廷する予定です。

仮想通貨「窃盗事件」の増加 ー 日本では3倍に

password

仮想通貨の盗難や不正マイニングなどの事件は、常に報告されており、被害者の数も増加しています。

今年の9月に警察庁が発表した内容によると、日本でも仮想通貨の不正流出被害が急増していることが報告されています。全国の警察が2018年前半に把握したこのような事案は「158件」となっており、2017年の同期間の件数である「51件」と比べると約3倍にまで増加していることがわかっています。

これらの事件の多くは、IDやパスワードの使い回しなどといった、セキュリティー対策が不十分な個人のアカウントが不正アクセスを受けて被害に遭う事例が目立っていると報告されています。

時価総額でもトップクラスであり、大きな人気を誇っているビットコインやリップルはこのような被害の対象になりやすいとも言えるでしょう。仮想通貨を保有している人々は、資産管理の方法とともにこのような盗難などにも注意しておく必要があります。

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

お菓子グッズ製造大手「Topps」ブロックチェーントレーディングカード発行へ

お菓子グッズ製造大手「Topps」ブロックチェーントレーディングカード発行へ

リップル社 COO:企業との契約「100社を超える」と明かす|水面下で急速に拡大

リップル社 COO:企業との契約「100社を超える」と明かす|水面下で急速に拡大

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

Libra協会にNPO団体「Heifer International」が参加

Libra協会にNPO団体「Heifer International」が参加

ブロックチェーン活用した「不動産運用事業」始動|王族の土地をトークン化:バリ島

ブロックチェーン活用した「不動産運用事業」始動|王族の土地をトークン化:バリ島

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

注目度の高い仮想通貨ニュース

Sociosアプリ「Token Hunt Explosion」開催|大量のファントークン・CHZを無料配布

Sociosアプリ「Token Hunt Explosion」開催|大量のファントークン・CHZを無料配布

【速報】ビットコイン(BTC)大台の「3万ドル」突破|大幅な価格上昇続く

【速報】ビットコイン(BTC)大台の「3万ドル」突破|大幅な価格上昇続く

BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

CoinBest(コインベスト)「暗号資産現物取引サービス」提供へ|販売所からスタート

CoinBest(コインベスト)「暗号資産現物取引サービス」提供へ|販売所からスタート

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

Moonstakeウォレット:Centrality(CENNZ)の「ステーキング」に対応

Moonstakeウォレット:Centrality(CENNZ)の「ステーキング」に対応

Huobi Global「ロシアルーブル(RUB)の入出金」をサポート|AdvCashと提携

Huobi Global「ロシアルーブル(RUB)の入出金」をサポート|AdvCashと提携

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

Chiliz関連のファントークン5銘柄、暗号資産取引所「HBTC」でも取引可能に

Chiliz関連のファントークン5銘柄、暗号資産取引所「HBTC」でも取引可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す