アムステルダムに「サトシ・ナカモトの家」オープン!ー The House of Nakamoto

by BITTIMES   

仮想通貨(Cryptocurrency)の世界に初心者が触れる機会を提供しているオーストラリアのプロジェクト「The House of Nakamoto(ナカモトの家)」は、新しい施設をオランダ・アムステルダムにオープンしました。訪れた人々は、暗号通貨の基本的な知識を学んだり、ハードウェアウォレットを備えたスターターキットを手に入れることができます。

こちらから読む:家だけじゃない!記念碑なども設立される「サトシ・ナカモト」

The House of Nakamoto(ナカモトの家)とは

「The House of Nakamoto(ナカモトの家)」は、2017年初頭に観光地としても有名なオーストラリアの首都ウィーンに設立された仮想通貨関連の幅広いサービスを提供している店舗です。賑やかなショッピングエリアに位置しているこの施設は「ビットコインの小売店」として宣伝されているものの、プロジェクト関係者の人々は仮想通貨愛好家の人々や専門家が意見やアイデア、知識を交換できる場所であるとも語っています。

情報センター & 小売店 & 博物館

(画像:thehouseofnakamoto.com)(画像:thehouseofnakamoto.com)

アムステルダムに新たに設立された「The House of Nakamoto」は、情報センター、仮想通貨関連商品の小売店、ビットコイン博物館として機能しています。

この施設を訪れた人々は、資格を持ったコンサルタントから仮想通貨の基本的な知識を学び、アドバイスを受けることができます。また施設内では仮想通貨ウォレットなども販売されているため、来場した際に初めてのウォレットを購入して仮想通貨を購入して帰ることもできます。

ビットコイン・スターターキット

ビットコインスターターキット(画像:thehouseofnakamoto.com)ビットコインスターターキット(画像:thehouseofnakamoto.com)

「The House of Nakamoto」で提供されている「ビットコインスターターキット」には、幅広い知識を学ぶことができるわかりやすいビットコインの紹介、Ledger社のハードウェアウォレット、15ユーロ(約2,000円)相当の電子決済機能付きビットコインギフトカードなどが含まれています。また同社は、ビットコインアドレスを備えている紙幣のような「ビットコイン証券」とそれに対応した秘密鍵も販売しています。

仮想通貨ATMも設置

設置されている仮想通貨ATM(画像:Bitcoin.com)設置されている仮想通貨ATM(画像:Bitcoin.com)

ウィーンとアムステルダムの両方の施設には、仮想通貨を購入することができるマシンが設置されており、ウィーンに設置されているマシンは、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ダッシュ(DASH)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
を購入することができるとされており、アムステルダムに設置されているマシンは販売と購入の両方ができる双方向通信が可能な仮想通貨ATMとなっています。

仮想通貨愛好家にも人気のスポット「オランダ」

Netherlands-flag

オランダの最大の都市であるアムステルダムは、観光地としてだけでなく仮想通貨愛好家の間でも人気のあるスポットでもあります。

アムステルダムはヨーロッパ最大の証券取引所の本拠地でもあり、2014年にビットコイン大使館が立ち上げられたことでも有名です。この地域では仮想通貨関連の会議やイベントなども頻繁に開催されており、スタートアップ企業や投資家、開発者、起業家なども頻繁に足を運んでいます。

またオランダは仮想通貨関連のサービスが充実しているため、仮想通貨決済の対応店舗や仮想通貨ATMの設置台数が多いことでも知られています。アムステルダムにあるSchiphol(スキポール)空港は、現金をビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)に交換することができる仮想通貨ATMを今年の6月に設置しているため、空港でも仮想通貨と現金の取引を行うことができます。

今後の旅行プランなどを計画中の方は、仮想通貨の本格的な導入が進んでいるオランダ・アムステルダムを一度訪れてみてはいかがでしょう?

「The House of Nakamoto」の詳しい情報はこちらからどうぞ

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「ステーキング」に対応

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「ステーキング」に対応

市場下落するもビットコインATM業績は順調|週間売上「3,920万円」を記録:豪州

市場下落するもビットコインATM業績は順調|週間売上「3,920万円」を記録:豪州

ブロックチェーン活用で「食料品の売上増加」スーパーマーケット大手:カルフール

ブロックチェーン活用で「食料品の売上増加」スーパーマーケット大手:カルフール

仮想通貨の寄付を受入れ「慈善活動の輪」を拡大 ー ユニセフ・フランス

仮想通貨の寄付を受入れ「慈善活動の輪」を拡大 ー ユニセフ・フランス

ビットコイン(BTC)価格が22万円を下回らない「5つの理由」アナリストが解説

ビットコイン(BTC)価格が22万円を下回らない「5つの理由」アナリストが解説

リップル社:国際送金の管理・分析に役立つ「RippleNet Home」を発表

リップル社:国際送金の管理・分析に役立つ「RippleNet Home」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

【国内初】コインチェック「Stellar Lumens/XLM」取り扱いへ

【国内初】コインチェック「Stellar Lumens/XLM」取り扱いへ

XRP(リップル)の「取引量・支払い回数」などが急増|SWELL目前でネットワーク活発化

XRP(リップル)の「取引量・支払い回数」などが急増|SWELL目前でネットワーク活発化

Facebook CEO「Libra公聴会」で複数の懸念・質問に回答【動画あり】

Facebook CEO「Libra公聴会」で複数の懸念・質問に回答【動画あり】

2020年、現金取引制限で仮想通貨「需要増加」の可能性:マレーシア

2020年、現金取引制限で仮想通貨「需要増加」の可能性:マレーシア

金融大手Fidelity:仮想通貨カストディ「本格的に運用開始」他にはない利点を強調

金融大手Fidelity:仮想通貨カストディ「本格的に運用開始」他にはない利点を強調

ブロックチェーン基盤のチケットを発行|ドイツ航空会社「Hahn Air」Winding Treeと提携

ブロックチェーン基盤のチケットを発行|ドイツ航空会社「Hahn Air」Winding Treeと提携

旅行ホテル予約サイトTravala.com「Cardano/ADA」決済に対応

旅行ホテル予約サイトTravala.com「Cardano/ADA」決済に対応

ビットコイン報酬アプリ「Lolli」Alibabaの提携否定発表に反論

ビットコイン報酬アプリ「Lolli」Alibabaの提携否定発表に反論

Ripple:コマーシャル動画「2カ国」で放送開始|ブランドの認知度向上へ

Ripple:コマーシャル動画「2カ国」で放送開始|ブランドの認知度向上へ

自然災害対策として「デジタル通貨発行」を計画:バハマ中央銀行(CBOB)

自然災害対策として「デジタル通貨発行」を計画:バハマ中央銀行(CBOB)

BINANCE:法定通貨「トルコリラ(TRY)」をサポート

BINANCE:法定通貨「トルコリラ(TRY)」をサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す