プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

by BITTIMES

ロシアのプーチン大統領が、暗号通貨には深刻なリスクがあるとして、暗号通貨の存在を否定しました。
プーチン大統領といえば、先日イーサリアム開発者のヴィタリク氏と会合し「ロシアで事業提携先を探したい。」とイーサリアム肯定派の話をしたばかりでした。(ヴィタリク氏はロシア出身)
しかし、今回の彼の発言により、ロシアの暗号通貨に対する姿勢は否定の色が強くなってくるかと考えられます。
今回の一件についてロイター通信では、彼が、

「バーチャルな通貨や暗号通貨は普及してきており、すでに一部の国では本格的な決済手段、投資資産になっていると同時に深刻なリスクがある。」
「ビットコインは、脱税やテロの資金調達、犯罪行為によって獲得した資金の洗浄のチャンスを与えている。」

と報道し、犯罪行為と暗号通貨の相性に関して、その存在自体が「深刻なリスクである」と考えているとしています。
ここでリスクと捉えられている「脱税・テロ資金・マネーロンダリング」は、中国でも規制を実行した最も大きな理由となったものです。
また、ロシア財務大臣のアントン・シルアノフ氏の「暗号通貨を禁止する意味はないが、規制する必要がある。」の発言やアゼリー・モイゼフ副大臣の「ビットコインは、一般人ではなく、資格ある投資家のみ購入を許可したい。」と現在ロシアは、ビットコイン及び暗号通貨に対して否定ムードが流れています。
また、ロシア中央銀行は、暗号通貨関連の WEB サイトへのアクセスを禁止する意向を決定し、ロシア規制当局は各暗号通貨取引関連の WEBサイトに対して過去数カ月間にわたり警告を出し続けています。
また、ロシア中央銀行の副総裁であるドミトリースコ・ベルキン氏は、

「中国は暗号通貨を支払いとして認識せず、ICO を禁じている。われわれの見解は全く同じである。」

と強調しました。
今後、ロシアでは「暗号通貨の支払いを一律に禁止する法案」が誕生するかもしれません。
最近の中国取引所の規制緩和の報道でもそうでしたが、あくまで問題は「犯罪行為に暗号通貨が使われる」ということで、暗号通貨そのものに罪があるわけではありません。
防止するシステム環境が整い次第、否定派の国も賛成派になるでしょうが、しばらくは賛成派と否定派で意見が別れたままの状態が続きそうです。
関連記事
→「中国が規制した仮想通貨取引所を数ヶ月以内に運営再開か?
→「中国人民銀行「ビットコインを止めることは不可能だ!」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

F2PoolでSegwit開始!ワン氏「coreは私を愛していない」

F2PoolでSegwit開始!ワン氏「coreは私を愛していない」

iOS用ウォレットアプリ 「BRD」がビットコインキャッシュに対応

iOS用ウォレットアプリ 「BRD」がビットコインキャッシュに対応

モナコイン(monacoin)の高騰と今後「わずか10ヶ月で160倍に」

モナコイン(monacoin)の高騰と今後「わずか10ヶ月で160倍に」

メルカリでビットコイン決済が誕生する日

メルカリでビットコイン決済が誕生する日

イーサリアムとは今後いくらになるのか?予想価格は100倍越え

イーサリアムとは今後いくらになるのか?予想価格は100倍越え

ビットコインATMを1ヶ月で250台設置「アルゼンチンが仮装通貨先進国へ」

ビットコインATMを1ヶ月で250台設置「アルゼンチンが仮装通貨先進国へ」

注目度の高い仮想通貨ニュース

国内の仮想通貨取引に関する様々な情報を公開|金融庁

国内の仮想通貨取引に関する様々な情報を公開|金融庁

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

Binanceは地中海のマルタ島に拠点を開設予定

Binanceは地中海のマルタ島に拠点を開設予定

バイナンス(Binence)に仮想通貨NEMが上場

バイナンス(Binence)に仮想通貨NEMが上場

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

イスラエル当局関係者「私たちはクリプトバレーになりたい」

イスラエル当局関係者「私たちはクリプトバレーになりたい」

BITMAINが噂のASICマイナー発表|イーサリアム側は?

BITMAINが噂のASICマイナー発表|イーサリアム側は?

独自トークンを活用して渋滞問題を改善|Ford(フォード)

独自トークンを活用して渋滞問題を改善|Ford(フォード)

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

NoFakeCoin(NFC)がSingularXに上場

NoFakeCoin(NFC)がSingularXに上場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す