プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

by BITTIMES   

ロシア(Russia)プーチン(Vladimir Putin)大統領が、仮想通貨には深刻なリスクがあるとして、暗号通貨(cryptocurrency)の存在を否定しました。
プーチン大統領といえば、先日イーサリアム開発者のヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏と会合し「ロシアで事業提携先を探したい」と「Ethereum肯定派」として話をしたばかりでした。(ヴィタリック氏はロシア出身)
しかし、今回の彼の発言によりロシアの暗号通貨に対する姿勢は否定の色が強くなってくるかと考えられます。

今回の一件について、ロイター通信では

バーチャルな通貨や暗号通貨は普及してきており、すでに一部の国では本格的な決済手段・投資資産になっていると同時に深刻なリスクがある。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)は、脱税やテロの資金調達、犯罪行為によって獲得した資金の洗浄のチャンスを与えている。

と報道し、犯罪行為と暗号通貨の相性に関して、その存在自体が「深刻なリスクである」と考えているとしています。
ここでリスクと捉えられている「脱税・テロ資金・マネーロンダリング」は、中国でも規制を実行した最も大きな理由となったものです。

ロシア財務大臣のアントン・シルアノフ(Anton Siluanov)氏の「暗号通貨を禁止する意味はないが、規制する必要がある。」との発言や、アゼリー・モイゼフ副大臣の「ビットコインは、一般人ではなく資格ある投資家のみ購入を許可したい。」など、現在のロシアでは、ビットコイン及び暗号通貨に対して否定ムードが流れています。

ロシア中央銀行は「暗号通貨関連のWEBサイト」へのアクセスを禁止する意向を決定し、ロシア規制当局は各暗号通貨取引関連のWEBサイトに対して過去数カ月間にわたり警告を出し続けています。

同銀行の副総裁であるドミトリースコ・ベルキン氏は

中国は暗号通貨を支払いとして認識せず、ICOを禁じている。われわれの見解は全く同じである。

と強調しました。

今後、ロシアでは「暗号通貨の支払いを一律に禁止する法案」が誕生するかもしれません。

最近の中国取引所の規制緩和の報道でもそうでしたが、あくまで問題は「犯罪行為に暗号通貨が使われる」ということで、暗号通貨そのものに罪があるわけではありません。防止するシステム環境が整い次第、否定派の国も賛成派になると考えられますが、まだしばらくは賛成派と否定派で意見が別れたままの状態が続きそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

FanDuel:仮想通貨DASHが賞金の「NFL Crypto Cup」開幕!NBAコンテストの発表も

FanDuel:仮想通貨DASHが賞金の「NFL Crypto Cup」開幕!NBAコンテストの発表も

Manchester City FCがブロックチェーン企業と提携|韓国・日本などで公式ゲーム提供へ

Manchester City FCがブロックチェーン企業と提携|韓国・日本などで公式ゲーム提供へ

ビットコインは「アマゾン」のような存在|将来的には金を超える:Lou Kerner

ビットコインは「アマゾン」のような存在|将来的には金を超える:Lou Kerner

ICO(クラウドセール)のココを見ろ「成功する7つのルール」

ICO(クラウドセール)のココを見ろ「成功する7つのルール」

エクセル上でビットコインの計算が可能に!マイクロソフト社が正式発表!

エクセル上でビットコインの計算が可能に!マイクロソフト社が正式発表!

株主優待で「ビットコイン贈呈」へ:マネックスグループ

株主優待で「ビットコイン贈呈」へ:マネックスグループ

注目度の高い仮想通貨ニュース

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

金融大手Fidelity:仮想通貨カストディ「本格的に運用開始」他にはない利点を強調

金融大手Fidelity:仮想通貨カストディ「本格的に運用開始」他にはない利点を強調

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

「運転中の自動決済」をブロックチェーンで効率化|HONDAなど大手5社が実証実験

「運転中の自動決済」をブロックチェーンで効率化|HONDAなど大手5社が実証実験

SBI×NEC:ブロックチェーンやAI用いた「システム開発の新会社」設立=日経報道

SBI×NEC:ブロックチェーンやAI用いた「システム開発の新会社」設立=日経報道

ビットコインETF、現時点では「ほぼ不必要」仮想通貨投資会社BKCMのCEO

ビットコインETF、現時点では「ほぼ不必要」仮想通貨投資会社BKCMのCEO

Zaif:NEMアップデートに伴い「カタパルトトークン」付与へ|XEM価格は13%急騰

Zaif:NEMアップデートに伴い「カタパルトトークン」付与へ|XEM価格は13%急騰

Cardano(ADA)が使えるコワーキングスペース「ToStart」を紹介【長崎県佐世保市】

Cardano(ADA)が使えるコワーキングスペース「ToStart」を紹介【長崎県佐世保市】

Ripple投資部門:分散型金融(DeFi)構築に向け「Logos Network」を買収

Ripple投資部門:分散型金融(DeFi)構築に向け「Logos Network」を買収

ビットコインが貯まる・使える「Coincheckガス」サービス開始

ビットコインが貯まる・使える「Coincheckガス」サービス開始

Alipay:仮想通貨取引でのサービス利用は「禁止」であることを報告

Alipay:仮想通貨取引でのサービス利用は「禁止」であることを報告

Coinbase:Gramトークンなど「仮想通貨17銘柄」の取り扱いを検討

Coinbase:Gramトークンなど「仮想通貨17銘柄」の取り扱いを検討

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す