Blockchain Game Alliance:ゲーム業界の大手企業がブロックチェーン同盟を締結

by BITTIMES

ブロックチェーン企業とゲーム開発会社による新しい同盟「Blockchain Game Alliance」が結成されました。この組織は、仮想通貨(Cryptocurrency)や分散型台帳技術の統合を促進し、それらの利点を最大限に引き出して業界全体の成長を促すために、コミュニティの輪を広げる大規模な計画に取り組んでいます。

こちらから読む:ブロックチェーン技術を活用する「話題のゲーム」

ゲーム会社×ブロックチェーン企業|Blockchain Game Alliance

Blockchain-Game-Alliance

ゲーム産業は近年、急速な成長を遂げています。現代社会では家庭用ゲーム機だけでなく、持ち運ぶことができる携帯型のゲーム機や、スマートフォン向けのゲームアプリなども数多く公開されており、それらのゲームは世界中に膨大な数のユーザーを抱えています。

「Blockchain Game Alliance」は、急速に発展を遂げるゲーム業界で早急に解決することが求められている「透明性」などの複数の問題を解決することに取り組んでいます。

フランスで開催された「Blockchain Game Summit 2018」で結成されたこの同盟には、
・Ubisoft
・Alto
・Gimli
・Enjin
・EverdreamSoft
ConsenSys
などのような各業界を代表する有名な企業が数多く参加しています。

Blockchain-Game-Alliance-menber

これらの企業は幅広い分野にブロックチェーンの技術を採用すべきだと主張しており、今後数年間をかけてゲーム業界の様々な問題点を解決することを目指しています。

最初の取り組みとしては「自由に参加できる"議論の場"を作ること」に焦点が当てられており、誰でも自由に参加できる活発な交流の場を設けることによって、共同作業や研究開発を促進しながらゲーム関連の大きな課題に挑戦していくことが予定されています。

「Blockchain Game Alliance」はこれらの取り組みを通じて、ゲーム業界でのブロックチェーン統合を促進するための効率的な方法や基準の設定などにも取り組んでいきます。

ブロックチェーンゲーム業界全体の成長を促進

「Spells of Genesis」などのブロックチェーンゲームは、すでに非常に高い人気を誇っており、ブロックチェーンとゲームの組み合わせが成功していることを示しています。ブロックチェーンをベースにしたゲームでは、仮想通貨をゲーム内通貨として使用することができるのも大きな特徴であり、ゲームを上手く進めることができれば実際に収益を上げることができることなどでも人気を集めています。

ゲーム内で使用する通貨が統一されれば複数のゲームで同じ通貨を使用することができるため、課金して購入したゲーム内通貨を無駄にすることもなくなり、手数料も抑えながら効率的に複数のゲームをプレイすることができるようになります。これらの利点はブロックチェーン技術を統合したゲームの一般的な特徴であり、今後はさらに魅力的な機能を備えたゲームが開発されていくことが予想されます。

しかし現在の状況としては、多くのゲーム開発者がそれらの技術を用いたサービスを「独自のサービス」として提供する傾向があるため、ブロックチェーン技術の利点を上手く生かすことができていないという現状があります。

「Blockchain Game Alliance」が適切な基準を定めてゲーム業界に一定の基準を設けることができれば、現在孤立している複数のゲーム会社のサービスも統合していける可能性が広がり、それに応じてブロックチェーン技術の採用を加速させることができます。

すでに世界のゲーム業界を代表する複数の大手企業が参加しているこの同盟は、今後のゲーム業界を率いていく重要な存在となる可能性を秘めています。

ブロックチェーンゲームで幅広く利用されているイーサリアム(ETH)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アダム・ドレイパー:仮想通貨は「今後10年で法定通貨を超える」父親譲りの強気予測

アダム・ドレイパー:仮想通貨は「今後10年で法定通貨を超える」父親譲りの強気予測

LG子会社が独自のブロックチェーン「Monachain(モナチェーン)」を発表

LG子会社が独自のブロックチェーン「Monachain(モナチェーン)」を発表

Ripple社のxRapidが国際送金で40〜70%の節約を達成|大幅にコストを削減

Ripple社のxRapidが国際送金で40〜70%の節約を達成|大幅にコストを削減

Facebook:ブロックチェーン・フィンテック関連会社「Libra Networks」をスイスに設立

Facebook:ブロックチェーン・フィンテック関連会社「Libra Networks」をスイスに設立

タイ証券取引委員会:仮想通貨関連企業7社の業務継続を許可

タイ証券取引委員会:仮想通貨関連企業7社の業務継続を許可

Morgan Stanley:仮想通貨の専門家をCredit Suisseから獲得|デジタル資産部門のトップに任命

Morgan Stanley:仮想通貨の専門家をCredit Suisseから獲得|デジタル資産部門のトップに任命

注目度の高い仮想通貨ニュース

Coincheckが「人気のブロックチェーンゲーム」とコラボ|プレゼント企画を実施

Coincheckが「人気のブロックチェーンゲーム」とコラボ|プレゼント企画を実施

ビットコインのボラティリティ「2017年強気相場時」と同水準に

ビットコインのボラティリティ「2017年強気相場時」と同水準に

BitMEX:ビットコインの出金額、1日で「約91億円相当」に|調査報道でクジラも撤退か

BitMEX:ビットコインの出金額、1日で「約91億円相当」に|調査報道でクジラも撤退か

仮想通貨取引所StormGain:プレミアリーグ所属の「Newcastle United FC」とスポンサー契約

仮想通貨取引所StormGain:プレミアリーグ所属の「Newcastle United FC」とスポンサー契約

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

不動産賃貸契約に独自ブロックチェーン「miyabi」活用へ|bitFlyerが住友商事と提携

不動産賃貸契約に独自ブロックチェーン「miyabi」活用へ|bitFlyerが住友商事と提携

仮想通貨で「チップが送れる」Twitter向け新機能を一般公開:Braveブラウザ

仮想通貨で「チップが送れる」Twitter向け新機能を一般公開:Braveブラウザ

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

Bakktのビットコイン先物「今後2ヶ月以内」に開始か|米市場調査会社が予想

Bakktのビットコイン先物「今後2ヶ月以内」に開始か|米市場調査会社が予想

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

チリーズ(CHZ)イタリアのサッカークラブ「AS Roma」と提携|仮想通貨発行を支援

チリーズ(CHZ)イタリアのサッカークラブ「AS Roma」と提携|仮想通貨発行を支援

ビットコイン先物の公開「非常に近い」Bakkt親会社ICEのCEOが発言

ビットコイン先物の公開「非常に近い」Bakkt親会社ICEのCEOが発言

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す