ブロックチェーンで医薬品を再配布|製薬会社とインフラ開発:物流大手「FedEx」

by BITTIMES

FedEx技術研究所(FIT)は、製薬会社であるGood Shepherd Pharmacy(グッド・シェパード・ファーマシー)と提携を結び、ブロックチェーン技術を活用して"使用されていない医薬品"を経済的な問題を抱えているガン患者の人々に再配布するためのインフラ開発に取り組んでいます。

こちらから読む:ブロックチェーンは癌発見率も向上させる「医療業界」関連ニュース

医療業界における治療薬「廃棄問題」の解決策

処方箋の画像

国際輸送サービスを提供している大手企業「FedEx」の技術研究所(FIT)は、2018年6月に製薬会社である「Good Shepherd Pharmacy(グッド・シェパード・ファーマシー)」と提携を結び、経済的な問題などによって治療薬を入手することができない「ガン患者」の人々に医薬品を届けるためのインフラ開発にブロックチェーン技術を活用しています。

ガン治療薬は非常に高額ではあるものの、患者の容体や体重などに応じて使用量や販売方法などが異なり、安全面などを考慮する必要もあるため、実際には膨大な量の治療薬が廃棄されてしまっている現状があり、世界的にも大きな問題となっていました。

「FedEx」と「Good Shepherd Pharmacy」は、それらの使われずに捨てられる予定だったガン治療薬を回収して、今までガン治療薬を購入することができなかった人々に再配布することを計画しています。

Good Shepherd PharmacyのCEOであるPhil Baker(フィル・ベイカー)氏は、医療業界で医薬品が大量に捨てられている問題について次のように説明しています。

テネシー州だけでも、毎年1,000万ドル(約11億円)相当の"状態の良い処方箋"がトイレに流されています。ブロックチェーン技術はこのような問題の解決策となり得ます。REMEDI(REclaiming MEDIcine)プロジェクトが開始されることによって、高価な医薬品を購入することができなかった患者の元にも届けることができるようになります。

ブロックチェーン技術を活用すれば、ガン治療薬の情報を安全に管理することができるため、「Good Shepherd Pharmacy」のガン治療薬の中から使用されずに余っている安全な薬を効率的に見つけ出し、リサイクルすることができます。これによって医療業界で問題となっていた医薬品の無駄を削減し、より多くの人々の命を救うことができます。

日本国内でもガン治療薬の廃棄は問題となっており、2016年7月~2017年6月までの廃棄額は「738億円」にも上っています。これらの問題は国の財政にも影響を及ぼしているため、ブロックチェーン技術を活用することによって、より多くの人々を救い、大幅なコスト削減も実現することが可能になれば、これらの技術は日本も含めた数多くの国や地域で活用されていくことになるでしょう。

物流大手「FedEX」ブロックチェーン技術への取り組み

FedEXの画像

FedEx技術研究所は、メンフィス大学とFedExが協力して開設した研究所で人工知能(AI)を用いた生命科学と輸送の研究などにも取り組んでいる他、ブロックチェーン関連の人材拡大を目指している「Blockchain 901」と協力して、ブロックチェーンの専門家を集めて医療業界などの問題解決に取り組むイベントなどにも取り組んでいます。

また2018年2月には、運輸業界のブロックチェーン団体である「ブロックチェーン運輸連盟(Blockchain in Transport Alliance/BiTA)」にも参加しており、5月にはFedExのCEOであるFred Smith(フレッド・スミス)氏が『ブロックチェーンは世界中のサプライチェーンに革命を起こす技術となる』とも語っています。FedExが参加している「BiTA」には、Uber、UPS、GEトランスポーテーション、BNSF鉄道などの大手企業も参加しており、「origin trail」と呼ばれる物流業界に特化した独自のブロックチェーン技術が使用されています。

さらにFedExは、今年の9月にIBMが提供する分散型プラットフォームであるHyperledger(ハイパーレッジャー)のコンソーシアムに参加する意向も発表しています。

医療業界でのブロックチェーン・プロジェクトだけでなく、物流業界を代表する大手企業としても活躍している「FedEx」は、今後もブロックチェーン技術を活用した数多くのプロジェクトで話題を集めることになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

ビットコイン価格「68万円」ラインに要注意|仮想通貨の冬、再来の可能性も?

ビットコイン価格「68万円」ラインに要注意|仮想通貨の冬、再来の可能性も?

仮想通貨業界の「自主規制団体」立ち上げを提案|米国商品先物取引委員会・理事

仮想通貨業界の「自主規制団体」立ち上げを提案|米国商品先物取引委員会・理事

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

NEM財団:UAEの「ブロックチェーン本格導入」を全面支援 ー 市場にも回復傾向

NEM財団:UAEの「ブロックチェーン本格導入」を全面支援 ー 市場にも回復傾向

中国ベンツ:ブロックチェーン基盤の「中古車価格自動計算プラットフォーム」活用へ

中国ベンツ:ブロックチェーン基盤の「中古車価格自動計算プラットフォーム」活用へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

アルトコイン市場に回復傾向|XRPなど複数銘柄で「10%以上」の急騰を観測

アルトコイン市場に回復傾向|XRPなど複数銘柄で「10%以上」の急騰を観測

金融庁「仮想通貨関連の投資信託」に慎重姿勢|懸念を示す改正案を公表

金融庁「仮想通貨関連の投資信託」に慎重姿勢|懸念を示す改正案を公表

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

ビットコインが貯まる・使える「Coincheckガス」サービス開始

ビットコインが貯まる・使える「Coincheckガス」サービス開始

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月22日〜28日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月22日〜28日

Ford:ブロックチェーンやジオフェンシングで「空気が綺麗な都市」目指す

Ford:ブロックチェーンやジオフェンシングで「空気が綺麗な都市」目指す

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

Cardano(ADA)Shellyテストネットは「第2段階」へ|Ouroboros実装に前進

Cardano(ADA)Shellyテストネットは「第2段階」へ|Ouroboros実装に前進

ヘルスケア分野に「ブロックチェーン情報共有システム」を導入:UAE保健・予防省

ヘルスケア分野に「ブロックチェーン情報共有システム」を導入:UAE保健・予防省

ブロックチェーンゲーム「Gods Unchained」開発企業、1,500万ドルの資金調達

ブロックチェーンゲーム「Gods Unchained」開発企業、1,500万ドルの資金調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す