ブロックチェーンとAIで「癌発見率」向上へ|オーストリア政府が研究所設立を支援

by BITTIMES

オーストリア政府は、ブロックチェーン(Blockchain)や人工知能(AI)の技術を活用して「がん発見率」の精度を90%高めることを目指した取り組みを行なっているイギリスのスタートアップ企業Lancor Scientific社の「がん研究所」設立を支援する声明を発表しました。

こちらから読む:がんの早期発見にも活用される「ブロックチェーン」の仕組み

がんの「早期発見率」を向上

オーストラリア政府が支援する「がん研究所」は、オーストラリア・シュタイアーマルク州グラーツに設立される予定となっており、Lancor Scientific社が特許を取得している「腫瘍トレースOMIS(Opto-magnetic Imaging Spectroscopy)」と呼ばれるデバイスを市場に展開して、人工知能(AI)とブロックチェーン技術を使用したより正確で低コストな「がんスクリーニング(*1)」を実現し、がんの早期発見率を向上させることを目的としています。
(*1)スクリーニング:健康な人も含めた集団を対象に、疾患の疑いがある人を選別する医学的手法

Lancor Scientific社が開発したこのデバイスは"量子レベル"で組織内の電磁気の変化を検出することが可能であり、イギリスの国営医療サービス事業である「NHS」は、すでに子宮頸癌検査の正確さを60%〜70%向上させることに成功しています。

この新しい研究所はグラーツ工科大学、ウィーン科学芸術大学、ウィーン大学と協力し、がんスクリーニングのテストを国際的に牽引していくことを目指しています。

オーストリア政府は、最初の5年間にオフィス、研究機器、学術的専門知識、臨床試験管理などの施設に助成金を支給します。なお「腫瘍トレースOMIS」デバイスは2019年に市場に展開し、今後5年間で最低10,000個が生産される予定です。

低コストかつ利便性の高い「がんスクリーニング」

がんスクリーニングには、身体の異常細胞を早期に発見するための様々な検査が含まれており、がんを早期に発見することによって治療成功の可能性を高めます。

Lancor Scientific社の腫瘍トレースは、すでに子宮頸癌のCEマーキング(EU加盟国に製品を流通・販売するための国際的な制度)を取得しており、操作性を考慮して「5kg」というコンパクトな作りにもなっているため持ち運びも容易にできるようになっています。

さらに従来のパッチテストでかかっていた30ポンド(約4,340円)のコストを5~10ポンド(約722〜1,445円)まで削減することもでき、たったの2分ほどで終わらせることができるため、医療が未発達な発展途上国の人々も検査を受けることができます。

また、患者のデータを安全に保管するためにブロックチェーンベースのレジストリも開発されており、ERC20トークンである「Medici」も発行されています。これにより、OMISデバイスを検証して、スマートコントラクトを介し検査結果をブロックチェーンに自動的に記録することが可能です。

誰でも平等に受けれる「がん検査」

Lancor Scientific社のCEOであるAamir Butt(アーミル・バット)氏は、今回のプロジェクトについて次のように語っています。

がんを早期発見することは命を救うための鍵です。Lancor Scientific社は、正確かつ費用対効果の高い癌検出技術を世界中で提供することに専念してきました。

オーストリア政府とグラーツ工科大学の専門家とのパートナーシップによって、私たちは今後の5年間で資本金を免除して最低10,000台の装置を提供することができます。これは、癌スクリーニングを世界中の誰もが利用できるようにすることを意味します。

がん研究所が設立されるグラーツはオーストリアで2番目に大きな都市でもあるため、グラーツにがん研究所の創設するということはLancor Scientific社に科学的利益をもたらすだけではなく、評判と信頼を手に入れ、より研究開発にコミットできることを意味します。

すでにがん研究所のパートナーとなっている「Human.technology Styria Cluster(HTS)」のヨハン・ハーラー博士は次のように語っています。

シュタイアーマルク州は研究開発のGDP5.2%を占めており、この分野では欧州でトップの地位を占めています。特にライフサイエンス(MedTech、pharma&biotech)は長年にわたりシュタイアーマルク州の経済において重要な力となっています。

エンジェル投資家、ネットワーク専門家、戦略的思考者として、私たちは戦略的パートナーのビジネスを豊かにするよう努めています。

HTSはLancor Scientific社と最先端技術を経済的に支援するだけでなく、皆様のためになる「がんスクリーニング」のビジョンを広げ、発展させるための確立された経済的・政治的ネットワークを提供します。

なおオーストリア政府のLancor Scientific社への助成金は知的所有権の権利には影響を及ぼさず全てを委ねることになっています。

ブロックチェーン研究開発を支援するオーストリア

仮想通貨やブロックチェーン技術の活用に積極的に取り組んでいるオーストリア政府は、イーサリアム(ETH)のパブリック・ブロックチェーンを使用して11億5,000万ユーロ(約1,517億円)の国債を9月に発行しています。

またオーストリア経済省は、ブロックチェーン技術の研究開発を支援することを目的とした「9ポイント計画(9 point plan)」と呼ばれるプロジェクトに取り組んでいます。このプロジェクトには「オーストリア・ブロックチェーン・クラスタ(Austria Blockchain Cluster/ABC)」の作成が含まれていると伝えられており、起業家を規制当局や税務上の影響から保護するために新しいブロックチェーン技術をテストするためのサンドボックスを提供することを目指していると説明されています。

オーストリア経済省のMargarete Schramböck(マーガレット・シュラムボック)氏は、ブロックチェーン技術の重要性を次のように語っています。

ブロックチェーン技術は間違いなく新しい技術の一つであり、人工知能と音声認識に加えてEU理事会議長国がこれから取り組むべき重要な課題の一つです。

また、オーストリア政府が所有し運営している投資促進会社である「Austrian Business Agency」でライフサイエンスディレクターを務めているFriedrich Schmidl(フリードリッヒ・シュミットル)氏はLancor Scientific社に対するオーストリア政府のサポートについて次のように語っています。

ブロックチェーン技術と人工知能を組み合わせた「量子分光法」のような革新的技術を1つの医療機器に組み込むことができることを大変嬉しく思います。

Lancor Scientific社はがんの負担に対する明確なビジョンを持ち、最先端のがんスクリーニング技術デバイスを提供している企業です。

ブロックチェーン技術医療分野に活用する取り組みは徐々に増えてきています。韓国では、同国最大の病院の一つである明知(ミョンジ)病院がブロックチェーン技術を基盤とした「医療情報共有プラットフォーム」を開発することを発表しており、美容整形の分野でブロックチェーンを活用するプロジェクトなども立ち上げられています。様々な業界に大きな改善をもたらしてきたブロックチェーン技術は医療業界にも新たな変化をもたらすことになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨先進国オーストラリアがICOへの規制を強化

仮想通貨先進国オーストラリアがICOへの規制を強化

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

2021年、ビットコイン価格は「3,800万円」に:米投資会社Pantera Capital

2021年、ビットコイン価格は「3,800万円」に:米投資会社Pantera Capital

Braveブラウザ:パブリッシャー登録数「350,000」を突破|YouTubeなどで利用者拡大

Braveブラウザ:パブリッシャー登録数「350,000」を突破|YouTubeなどで利用者拡大

タイは仮想通貨とICOに関する規制の強化を検討

タイは仮想通貨とICOに関する規制の強化を検討

Ripple社CEO:今後「600億XRP」をエコシステム全体に投資していく

Ripple社CEO:今後「600億XRP」をエコシステム全体に投資していく

注目度の高い仮想通貨ニュース

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

【Chiliz Exchange】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン本日取引開始

【Chiliz Exchange】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン本日取引開始

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

米暗号資産取引所Kraken CEO「日本・東京」を新拠点候補の1つとして検討

米暗号資産取引所Kraken CEO「日本・東京」を新拠点候補の1つとして検討

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

米大手暗号資産取引所「コインベース」NASDAQに上場|株価は一時430ドルを記録

米大手暗号資産取引所「コインベース」NASDAQに上場|株価は一時430ドルを記録

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す