最適なブロックチェーン活用方法は「仮想通貨と国際送金」Vitalik Buterin

by BITTIMES   

ブロックチェーン技術は世界中の様々な業界で活用され始めていますが、イーサリアム(Ethereum/ETH)の共同設立者であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏は、実際にその利点を活用できる分野は限られており、誤った使用方法は最終的に「時間の無駄」につながると指摘しています。

こちらから読む:活用報告が止まらない「ブロックチェーン」関連ニュース

ブロックチェーン技術の「誤った認識」

worry

ヴィタリック・ブテリン氏は海外のニュースメディア「QUALTZ」とのインタビューの中で、現代社会ではブロックチェーン技術の活用が進んでいるものの「誤った使い方」も複数見られているため、場合によっては最終的に「時間の無駄」になってしまう可能性があると指摘しています。

現在ブロックチェーン技術は「ビットコイン」などの通貨だけでなく、商品の追跡や情報管理などのような様々な分野に応用されており、世界中の企業が活用するためのテストに取り組んでいます。ブテリン氏は、人々がこれらの技術に惹きつけられ、より多くの仕事に活用したい望むのは人間らしい当然のことだと述べているものの、ブロックチェーン技術は全ての業界に恩恵をもたらす訳ではないとも指摘しています。

ブテリン氏は多くの企業のプロジェクトの全てを否定している訳ではありませんが、『その他のプロジェクトや身分証明などのアイデアは、実際に上手く機能していくためにはおそらくまだまだ時間がかかるだろう』と述べており、特に実社会においてブロックチェーン技術は物事を100%保証するようなものではないと説明しています。

IBMに欠如する「地方分権」

ibm

ブテリン氏は具体的な例としてIBMような大手企業の名前をあげ、それらの企業のブロックチェーン・プロジェクトは独占状態になっており「地方分権」という重要な特徴が欠如していると批判しています。

私はそれについてしっかりと理解している訳ではありませんが、私が見た内容では『基本的にこれは知的財産権を当社が全て所有したプラットフォームであり、あなたはそれを利用することになる』といったことが記されていました。だけど、なんというか、そこがポイントではないのです。

さらに同氏は、IBMが提供している食品追跡システム「IBM Food Trust」に対しても言及し、『それらのプロジェクトには潜在的な価値はあるものの、プロジェクトの関係者がそれを適切に実行しているかどうかははっきりわからない』とも述べています。

これは、農業に携わる人々がブロックチェーン上に正しく情報を入力していない場合には問題が発生してしまうため、ブロックチェーン上で情報が管理されているからといって、100%その商品が信頼できるものであるということにはならないということだと考えられます。

大学の「学位証明」は良い活用方法

University

ブロックチェーン技術の利点を活用できる分野は実際には限られていると考えているブテリン氏は、具体的にこれらの技術を活用するのに適した分野は「仮想通貨」と「国際送金」だと述べています。

また金融関係以外の分野での良い活用事例としては、シンガポールで導入された大学における「学位認証システム」のことを挙げています。大学の学位証明にブロックチェーン技術を用いるプロジェクトはすでに複数の国で進められており、ネム(NEM/XEM)イーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン技術が活用されています。

ブロックチェーン技術はこの数年間で急速に普及してきており、現在では数多くの業界で大規模なプロジェクトが進められています。これまでにも世界を代表する大手企業が人工知能(AI)などの技術とともにブロックチェーン技術に数十億円規模の投資を行うことも発表しており、現在進行形でそれらのプロジェクトは進められています。それらの多くはまだ実験段階でもあるため、具体的にどれほどのメリットが得られるかについてはこれから明らかになってくると考えられます。

実際にブロックチェーン技術を導入して成功した事例なども数多く報告されているため、今後は理想的な活用方法を見極めていくことが重要になってくると考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

企業のブロックチェーン「導入・開発」を支援|日本MicrosoftとLayerXが協力

企業のブロックチェーン「導入・開発」を支援|日本MicrosoftとLayerXが協力

ブロックチェーン技術を用いた車両管理システムを計画|ドバイ

ブロックチェーン技術を用いた車両管理システムを計画|ドバイ

Cardano(ADA)を「技術面で最も優れた暗号資産」と評価:米格付け機関Weiss Ratings

Cardano(ADA)を「技術面で最も優れた暗号資産」と評価:米格付け機関Weiss Ratings

元UFCチャンピオン:ついにビットコインを購入「もう傍観してられない」と発言

元UFCチャンピオン:ついにビットコインを購入「もう傍観してられない」と発言

ブロックチェーンで管理する百科事典「Everipedia」リリース|IQトークンで報酬も

ブロックチェーンで管理する百科事典「Everipedia」リリース|IQトークンで報酬も

LINE「デジタル資産管理ウォレット」と「ブロックチェーンサービス開発基盤」提供開始

LINE「デジタル資産管理ウォレット」と「ブロックチェーンサービス開発基盤」提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

チリーズ(Chiliz/CHZ)トルコに「Sociosの子会社」設立|市場開拓を加速

チリーズ(Chiliz/CHZ)トルコに「Sociosの子会社」設立|市場開拓を加速

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

Moonstake:イーサリアム(ETH)が当たる「ウォレット乗り換えキャンペーン」開催

Moonstake:イーサリアム(ETH)が当たる「ウォレット乗り換えキャンペーン」開催

【日本国内初】一般個人投資家向け「不動産STO」実施:葉山の古民家宿づくりファンド

【日本国内初】一般個人投資家向け「不動産STO」実施:葉山の古民家宿づくりファンド

SBI子会社マネータップに「Ripple社」が出資|サービスの利便性向上へ

SBI子会社マネータップに「Ripple社」が出資|サービスの利便性向上へ

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

国際決済銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念実証「2020年末まで」に実施へ

国際決済銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念実証「2020年末まで」に実施へ

カルダノ(Cardano/ADA)の「開発者向けポータル」事前登録が可能に

カルダノ(Cardano/ADA)の「開発者向けポータル」事前登録が可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す