Bakkt(バックト):ビットコイン先物取引の開始時期を延期|市場への影響は?

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の先物取引を2018年12月12日に開始することを予定していた仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」は、サービスの提供開始時期を2019年1月24日まで延期することを発表しました。

こちらから読む:世界が注目する仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」

ビットコイン先物:取引開始は「2019年1月24日」に

Cooperation

Bakkt(バックト)のCEOであるKelly Loeffler(ケリー・ロフラー)氏は、2018年11月21日に同社が提供を予定していた「ビットコイン先物取引」のサービス開始時期を2019年1月24日に延期することを発表しました。

延期の理由について同氏は、Bakktへの関心が高まっていることなどからサービス開始直後に安全かつ快適な取引を即座に開始できるようにするためにさらなる準備が必要であると説明しており、規制面や仮想通貨の保管サービスなどの様々な面で調整を行なっていると述べています。

また規制の面に関しては、米商品先物取引委員会(CFTC)と協力して「ビットコイン先物契約」や「保管サービス」の徹底的な見直しを進めているとも報告されています。

このほかにもこれから新しい機能がさらに追加されていくことも報告されており、先物取引の担保となるビットコインのうち、コールドウォレットで保管されているものに関してはすでに保証されており、ホットウォレットで保管される分の保険は現在確保中であるとも説明されています。

ロフラー氏は、機関レベルの仮想通貨保管サービスを提供するためにあらゆる面に焦点を当てた取り組みを行なっており、これらの取り組みが仮想通貨の資産クラスに対する"信頼"を築くための重要なステップだと考えていると説明しています。

バックトを重要視する仮想通貨投資家

Thomas-Lee

Bakktのサービス開始は、仮想通貨市場にとって非常に重要なニュースの一つとして以前から大きな注目を集めています。多くの仮想通貨投資家は「Bakkt」の仮想通貨取引サービス開始が機関投資家が参入するためのきっかけになると考えており、これまでタイミングを見計らっていた機関投資家が参入することによって、市場も大きく回復すると予想しています。

ビットコインなどの仮想通貨に関する強気な予想を維持していることでも知られているThomas Lee(トーマス・リー)氏は、この考えを主張する代表的な投資家の一人であり、Bakktが年末に予定していたサービス開始などの理由によってビットコイン価格は「170万円」に達すると予想していました。

また、仮想通貨投資会社Galaxy Digital(ギャラクシー・デジタル)のCEOであるMichael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏も同様に「Bakkt」などの参入が仮想通貨市場の成長のために重要な要因となると語っており、正式にサービスが開始されることによってビットコイン価格は2019年に「220万円」を超えると予想しています。

下落市場に「さらなる追い討ち」

chart-down

多くの仮想通貨投資家が市場回復の要因の一つとして考えていた「Bakkt」からの今回の延期発表は、すでに下落している仮想通貨市場にさらなる追い討ちをかけることになると考えられています。

2018年11月20日の時点でもビットコインの価格は50万円を下回っているため、『ビットコイン価格が一時的に20万円近くまで下落する』という過去の予想を支持する人々も増えてきています。

現時点では『ビットコイン価格は80万円〜110万円近くまで上昇したのちに55万円まで下落する』と予想していた仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)のCEO Arthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏の予想が的中している形となっていますが、同氏は最近『下落相場は今後18ヶ月間に渡って続き、ビットコインの価格は約22万円にまで下落する可能性がある』という新たな予想を語っています。

また、Bakktは現在も規制当局の"承認待ち"でもあることなどから、今後もさらに延期される可能性もあるという声も見られていますが、発表の内容としては「ビットコイン先物取引の延期」という点以外は業界にとって良いニュースであるため、予定通り1月24日にBakktのサービスが開始されれば『下落後にMOONする』という予想が的中する可能性も考えられます。

いずれにせよ今回の発表やこれから新たに発表される「Bakkt」からの発表は仮想通貨市場にとって重要なニュースの一つであると言えるでしょう。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格|2018年11月21日

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、本日21日の午前8時時点で一時的に48万円近くまで下落しており、17時時点では「1BTC=約512,000円」で取引されています。

2018年11月7日〜11月21日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月7日〜11月21日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bybit(バイビット)がセーブ・ザ・チルドレンに「2.5BTC」の寄付を実施

Bybit(バイビット)がセーブ・ザ・チルドレンに「2.5BTC」の寄付を実施

ビットコイン価格「1万ドル」割り込む|下落相場「2〜3週間」続く可能性も

ビットコイン価格「1万ドル」割り込む|下落相場「2〜3週間」続く可能性も

DMMビットコイン:新規登録で「1,000円がもらえる」口座開設キャンペーン開催

DMMビットコイン:新規登録で「1,000円がもらえる」口座開設キャンペーン開催

ブロックチェーン技術で「行政の透明性」を強化|提案評価システムに適用:韓国

ブロックチェーン技術で「行政の透明性」を強化|提案評価システムに適用:韓国

Coinbase:日本での「ライセンス取得」に強気 ー 2019年には仮想通貨交換業者へ

Coinbase:日本での「ライセンス取得」に強気 ー 2019年には仮想通貨交換業者へ

コインチェック社長「日本初のアルトコイン」取り扱いも検討=ロイター報道

コインチェック社長「日本初のアルトコイン」取り扱いも検討=ロイター報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン「ベーシックアテンショントークン(BAT)」の取扱い開始

GMOコイン「ベーシックアテンショントークン(BAT)」の取扱い開始

【Consensus 2020】世界最大級のブロックチェーンイベント「バーチャル空間」で開催へ

【Consensus 2020】世界最大級のブロックチェーンイベント「バーチャル空間」で開催へ

韓国大手「国民銀行」仮想通貨カストディ関連で商標出願

韓国大手「国民銀行」仮想通貨カストディ関連で商標出願

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

actcoin:オンラインイベント開催団体に「支援金」提供へ【コロナウイルス対策支援】

actcoin:オンラインイベント開催団体に「支援金」提供へ【コロナウイルス対策支援】

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

独自通貨で「感染予防対策」を推進|アクトコインが新カテゴリー追加

独自通貨で「感染予防対策」を推進|アクトコインが新カテゴリー追加

1BTC=1,000万円到達は「100%」Cardano創設者、暴落後も強気姿勢崩さず

1BTC=1,000万円到達は「100%」Cardano創設者、暴落後も強気姿勢崩さず

BitMEX「KYC(本人確認)」導入の可能性|仮想通貨市場にも影響か

BitMEX「KYC(本人確認)」導入の可能性|仮想通貨市場にも影響か

国税庁:確定申告期限を「さらに延長」4月17日以降も柔軟に受け付け

国税庁:確定申告期限を「さらに延長」4月17日以降も柔軟に受け付け

コインチェックのNEM盗難事件で「初の逮捕者」日本在住の男性2人に不正交換の容疑

コインチェックのNEM盗難事件で「初の逮捕者」日本在住の男性2人に不正交換の容疑

eスポーツ専用VR施設「V-RAGE」公開へ|バーチャル空間で試合観戦が可能に

eスポーツ専用VR施設「V-RAGE」公開へ|バーチャル空間で試合観戦が可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す