ファン主導型アメフトリーグ「FCFL」にNFLスターが参加|ブロックチェーンでチーム運営

by BITTIMES   

ブロックチェーンや仮想通貨を活用したファン主導型のアメフトリーグである「FCFL(Fan-Controlled Football League)」にNFLのスター選手であるMarshawn Lynch(マーショーン・リンチ)氏とRichard Sherman(リチャード・シャーマン)氏がチームオーナーとして参加したことが明らかになりました。昨年12月にクラウドファウンディングで520万ドル(約6億円)を調達したNCFLは、現在も成長を続けています。

こちらから読む:アメフト業界は仮想通貨に積極的?「NFL」関連ニュース

FCFL(Fan-Controlled Football League)とは

ファン・コントロールド・フットボール・リーグ(Fan-Controlled Football League/FCFL)は、仮想通貨やブロックチェーンの技術を活用したファン主導でゲームをプレイする世界初のスポーツリーグです。

全てのFCFLゲームは、「Amazon.com」が提供するゲーム実況プラットフォーム「Twitch(ツイッチ)」でライブ配信されます。FCFLはアメフト試合をライブ配信するのと同時に、チームが実際に試合でプレイする行動にファンが投票できるシステムを提供しています。ユーザーは、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末もしくはデスクトップPCで利用できる投票プラットフォームから現実世界で実際に行われているアメフトの試合における戦略にリアルタイムで投票することができます。

「Twitch」や「FCFLアプリ」を使用するファンの人々は、チャット機能などを通じて情報交換を行いながら8つのチームに細かい命令を出すことができ、ファンからの投票結果はクォーターバック(*1)に中継された後に、フィールド上で実際に実行されることになります。
(*1)クォーターバック:アメリカンフットボールでチームの作戦を決定し、ゲームの展開を図る攻撃の要

FCFLはチームの作戦を決定するだけでなく、総監督としての役割も果たします。FCFLのコミュニティに参加している人々は、各チームの名前、ロゴ、コーチ、選手の決定にも参加することができます。FCFLはアメフトチームの育成ゲームを現実世界と融合させた夢のようなサービスを提供しています。

チーム運営を支える仮想通貨「FAN TOKEN」

FCFLのプラットフォーム上で行われるコミュニケーションやチームの意思決定に関わる投票などは、専用の仮想通貨であるファントークン(FAN TOKEN)に依存しています。そのため、所有している「FAN TOKEN」の数が多くなればなるほどチームへの影響力を高めることができます。

これはある意味資本力によってチームをほぼ独占状態にすることを可能にするとも考えられますが、より良いチームとして成長していくためには、それらのトークンを如何に効率的に使って効果的な戦略を打ち出し、優れた才能を持つ他のファンの人々と協力していけるかなどが重要な鍵となるため、単純にトークンと大量購入すれば良いというわけでもありません。

コミュニティに参加する人々はプレセールやパブリックセール以外でもトークンを獲得できるようになっており、ゲームを観戦したり、知識を証明したり、チームの意思決定をしたり、ライバルとなるファンの人々と競争したりすることによって「FAN TOKEN」を受け取ることができます。

アメフト界の「スター選手」がファンをサポート

Lynch

今回FCFLに参加したMarshawn Lynch(マーショーン・リンチ)氏とRichard Sherman(リチャード・シャーマン)氏はそれぞれのファンチームのキャプテンとしてチーム全体をサポートします。

アメフト業界の最先端で活躍する彼らは、ファンの人々と一緒に各クラブのブランドや特色を決定し、コーチの雇用、選手の選択、戦略の決定などのような、ゲームを進める上で重要となる基本的な戦略の決定についてサポーターへのアドバイスを提供します。

残りの6人のチームオーナーは、ゲーム、スポーツ、音楽、エンターテイメント業界などの世界的にも有名な人物が参加する予定だと伝えられており、2019年6月には発表されると言われています。

「FAN TOKEN」の公式サイトには、アメフトだけでなくサッカー野球バスケットボールなどといったその他のスポーツでも実装される可能性があると記されています。現時点ではアメフトに焦点を当ててプロジェクトが進んでいますが、これらのプロジェクトはこれからより多くの分野に展開していくことになる可能性を秘めています。

FCFLに関するより詳しい情報は以下のリンクからどうぞ
>FCFLの公式サイトはこちら

ブロックチェーンで変革を遂げる「スポーツ業界」

sports

スポーツ業界ではファンが直接参加することができる新しいプラットフォームがすでに複数誕生しています。

SportyCo(スポーティコ)と呼ばれるプロジェクトは、FCFLと同じようにブロックチェーンや仮想通貨を用いた「ファン参加型チーム運営」を可能にする資金調達方法を提供しています。このプロジェクトは仮想通貨を用いた資金調達の機会をクラブチームに提供しており、それらのチームは発行する仮想通貨の使用方法を決定することもできるようになっているため、グッズの購入やチーム運営の意思決定投票といった様々なサービスが誕生してくることが期待されています。

また、Socios.comとよばれるプロジェクトは、サッカー業界に特化した形でそのようなサービスを提供しています。このプロジェクト内で投資を行なった一般投資家やファンの人々は、受け取った仮想通貨を使うことによってその後のチーム運営に影響を与える投票などに参加することができるようになっています。

このようにファンとプロスポーツ選手との交流を深める革新的なサービスは、現在世界的に注目を集めており、これらのプロジェクトと提携してチームの運営を行うスポーツクラブも増えてきています。スポーツ業界で進むブロックチェーンや仮想通貨を活用した新しいサービスは、新しい機能を増やしながら世界各国で拡大を続けています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップル(XRP)活用したブラウザアプリが「App Store」に登場|日本でも利用可能

リップル(XRP)活用したブラウザアプリが「App Store」に登場|日本でも利用可能

韓国大手コンビニが「ADA Crypto Card」決済に対応:CARDANO(カルダノ)

韓国大手コンビニが「ADA Crypto Card」決済に対応:CARDANO(カルダノ)

テレグラム:TONブロックチェーン公開時期の「延期」を提案|投資家に署名求める

テレグラム:TONブロックチェーン公開時期の「延期」を提案|投資家に署名求める

トランプ大統領「私は仮想通貨のファンではない」ビットコインやLibraに言及

トランプ大統領「私は仮想通貨のファンではない」ビットコインやLibraに言及

ジョン・マカフィー:一部アルトコイン価格「10倍増」宣言|BTC強気予想も維持

ジョン・マカフィー:一部アルトコイン価格「10倍増」宣言|BTC強気予想も維持

リップル(XRP)のシンボルマークが変わる?|Ripple公式Twitterでも話題に

リップル(XRP)のシンボルマークが変わる?|Ripple公式Twitterでも話題に

注目度の高い仮想通貨ニュース

東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

Cardano(ADA)が使えるコワーキングスペース「ToStart」を紹介【長崎県佐世保市】

Cardano(ADA)が使えるコワーキングスペース「ToStart」を紹介【長崎県佐世保市】

高級電気自動車メーカー「Karma Automotive」ビットコイン決済受け入れ

高級電気自動車メーカー「Karma Automotive」ビットコイン決済受け入れ

マイアミ国際空港が「ビットコインATM」初導入|旅行者の利用増加に期待

マイアミ国際空港が「ビットコインATM」初導入|旅行者の利用増加に期待

BITMAXの仮想通貨取引サービスが「iOS版LINE」でも利用可能に

BITMAXの仮想通貨取引サービスが「iOS版LINE」でも利用可能に

IKEA:ブロックチェーン用いた電子マネーによる「世界初の商取引」に成功

IKEA:ブロックチェーン用いた電子マネーによる「世界初の商取引」に成功

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す