ブロックチェーンベースの「革新的報酬システム」を従業員向けに開始:PayPal

by BITTIMES

グローバルオンライン決済システムである「PayPal(ペイパル)」は、ブロックチェーンをベースとした従業員向けの革新的な報酬制度を開始しました。独創的なアイデアの持ち主に"トークン"を付与しつつ、会社内でのコミュニケーションを促進することができるこの新しい仕組みはその他多くの企業でも導入することができる魅力的なものとなっています。

こちらから読む:創業者は億万長者のブロックチェーン投資家「PayPal」関連ニュース

アイデア提案報酬は100種類以上の「体験」

idea

PayPal(ペイパル)が現在導入しているとされるブロックチェーンベースの報酬システムは、アメリカ・カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置くPayPalのチームが6ヶ月間にわたって準備を行い、11月中旬に開始されたと伝えられています。

このシステムはイノベーション関連プログラムに参加している従業員が魅力的なアイデアを提案した際にトークンが付与される仕組みとなっています。これらのトークンはPayPalの社内で利用することができるようになっており、公開されている元帳を介してプロジェクトの参加者同士で交換することもできるようになっています。

従業員が獲得したトークンはプラットフォーム上で提供されている100種類以上の「体験」と交換することができます。その内容は非常に独創的かつ魅力的なものとなっており、
・副社長を迎えたポーカートーナメント
・CFO:John Rainey氏とトレイルランニングやコーヒー
・CEO:Dan Schulman氏との武道の練習
・トップマネージャーの愛犬を一日借りる
などといった豊富な対価が提案されています。

このトークンを利用することによって、素晴らしいアイデアをより多く生み出しつつ、アイデアを生み出した従業員がPayPalの幹部とのコミュニケーションを深め、より良い関係を築いていくことができるようになります。このシステムは社会全体を改革するような大規模なものではありませんが、会社という一つの社会に新たなイノベーションを創出し、より良い人間関係を構築していくための革新的な基盤になると予想されます。

トークンを活用した「報酬制度」導入事例

cypher-odin

報酬制度へのブロックチェーン活用は、そのメリットを生かすことができる代表的な活用事例の一つであると言えます。ブロックチェーンを取り入れることによって、従来のロイヤリティポイントのようなシステムに透明性をもたらしつつ、人々の交流を深めて活動をより活発化させることができます。

アメリカの家庭用清掃用品メーカーである「SC Johnson」と環境組織である「Plastic Bank」は最近、廃棄物収集を促進するためにインドネシアの地元住民にトークンを付与するリサイクルキャンペーンを開始したと伝えられています。

また、スペインの大手銀行であるBBVAは、スペインやアルゼンチンの支店での取り組みにトークン配布制度の導入を進めており、他の従業員の訓練や新しいスキルの習得に貢献する人々に報酬を与えています。

フィリピンでは"死んだ川"とも言われる「パッシグ川」を浄化するためのプロジェクトにブロックチェーン技術を取り入れており、活動に貢献した人々に仮想通貨報酬を与えるプロジェクトが発足しています。

PayPalが今回導入した新しい報酬制度は、小規模な企業などでも比較的簡単にブロックチェーン技術の導入を開始することができる有力な選択肢の例であると言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンを活用した「スマートポート計画」を発表 ー スペイン・バレンシア港

ブロックチェーンを活用した「スマートポート計画」を発表 ー スペイン・バレンシア港

オーストラリア大学、ブロックチェーン技術専用コースを開始

オーストラリア大学、ブロックチェーン技術専用コースを開始

エストニアの仮想通貨取引所「OMGFIN」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

エストニアの仮想通貨取引所「OMGFIN」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

リップル(Ripple/XRP)×スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)|イベント情報

リップル(Ripple/XRP)×スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)|イベント情報

ビットコイン価格「22万から強く反発」機関投資家は底値を待つ:元Goldman Sachs幹部

ビットコイン価格「22万から強く反発」機関投資家は底値を待つ:元Goldman Sachs幹部

浮動島の建設を目指す仮想通貨プロジェクト|Varyon(VAR)

浮動島の建設を目指す仮想通貨プロジェクト|Varyon(VAR)

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

BINANCE:アルトコイン150種類以上対応の「大口取引サービス」を開始

BINANCE:アルトコイン150種類以上対応の「大口取引サービス」を開始

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

TRON:米国取引所へのTRX上場を「最優先事項」として着手

TRON:米国取引所へのTRX上場を「最優先事項」として着手

GCOXのトークン、ACMトークンがついに上場へ!

GCOXのトークン、ACMトークンがついに上場へ!

ビットコイン先物の公開「非常に近い」Bakkt親会社ICEのCEOが発言

ビットコイン先物の公開「非常に近い」Bakkt親会社ICEのCEOが発言

BINANCE:仮想通貨プロジェクト「Venus」を発表|政府・企業との協力も計画

BINANCE:仮想通貨プロジェクト「Venus」を発表|政府・企業との協力も計画

ビットコイン「年末200万円超え」を予想|但し、一時下落の可能性も:米投資会社CEO

ビットコイン「年末200万円超え」を予想|但し、一時下落の可能性も:米投資会社CEO

2021年、ビットコイン価格は「3,800万円」に:米投資会社Pantera Capital

2021年、ビットコイン価格は「3,800万円」に:米投資会社Pantera Capital

Tron CEO、腎臓結石による「バフェットランチ延期」を発表

Tron CEO、腎臓結石による「バフェットランチ延期」を発表

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

国産ブロックチェーンカードゲーム「コントラクトサーヴァント」一般向けテスト実施へ

国産ブロックチェーンカードゲーム「コントラクトサーヴァント」一般向けテスト実施へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す