「ビットコイン送金時間かかりすぎ!」その問題解決しますよライトニングネットワーク

by BITTIMES

最近、ビットコインの価格が異常すぎるペースで高騰しています。
業界に関わる人間として、非常に嬉しいことなのですが、
「最近のビットコインの送金時間かかりすぎ!」
とも感じています。

送金なのでいいですが、店舗でビットコイン決済で10分以上待たされた場合にはたまったもんじゃありません。
ビットコインには「決済時間がかかりすぎる」という問題(トランザクションの遅延)がずっと起きていますが、その問題を解決する技術が「ライトニングネットワーク」です。

本日、ライトニングネットワークを簡単に解説した動画アップがされたので、日本語にまとめていきます。

ライトニングネットワークを簡単解説

https://youtu.be/rrr_zPmEiME

ビットコインは未来の金融システムの未来だと多くの人が信じています。
しかし、この未来の金融システムには大きな問題があります。
それはスケーラビリティ問題です。

例を挙げてみましょう。
VISAは、平均 1秒で 4,000件の取引を処理します。
これは最大 65,000件までスケールアップできます。
一方、ビットコインは最大 7件の取引を処理できます。
ブロックサイズは1MBです。
何万というのではなく、ちょうど 7です。
明らかにビットコインのブロックチェーンは拡張性がありません。

しかし、それはする必要はありません。
ビットコインコミュニティでは、Lightning Network(ライトニングネットワーク)と呼ばれる新しい技術が開発されました。

ビットコインのスケーラビリティの問題

重要なアイディアは、小規模な取引をメインのブロックチェーンに格納する必要がないことです。
これにより、小規模な取引を 1秒あたり 7つしかないブロックチェーンに書き込む必要がなくなります。

これはオフチェーンアプローチとも呼ばれます。

それでどうやって動くのですか?
例を見てみましょう。

毎晩ボブが仕事に行く途中にコーヒーを買うとしましょう。
ただのコーヒーのために、ブロックチェーン上に取引記録を作成することは、本当に不幸です。

彼はコーヒーの価格よりも多くの料金を支払うことになるかもしれません。(決済手数料)
しかし、ライトニングネットワークでは、ボブはコーヒーショップとの支払いチャネルを設定することができます。

これを行うために、コーヒーショップとボブの両方が、特定の量のビットコインをマルチサインアドレスに預けます。
ボブが 0.05BTCを預けて、コーヒーショップが何も預金しないと仮定しましょう。
なぜなら、彼らは払い戻しを提供しません。

このマルチ・シグネチャ・アドレスは基本的にはセーフティのようなもので、当事者は同意しています。
ペイメントチャンネルを開くと、どのようにして資金が、どのアドレスに配布するのかを指定する必要があります。
だからすぐにペイメントチャンネルは「ボブは 0.05 BTCを得る」、「コーヒーショップも 0.005BTCを得る」とします。
彼らが預けたものと同じ量のビットコインです。

ペイメントチャンネルを開くことはメインのブロックチェーンで行われ、完全な透明性が確保されます。
コーヒーショップのオーナーは、ボブがが 0.05 BTCを入金したことを確認することができます。
チャンネルが閉鎖されると、彼らはそのお金を得るでしょう。

チャンネルが開いているので、ボブは朝のコーヒーを注文することができます。
コーヒーは 0.001BTCです。

それを支払うために、ボブは単に貸借対照表を変更します。

彼はコーヒーのコストを差し引いて、それをコーヒーショップに加えます。
だから、今は 「ボブは 0.045BTC」コーヒーショップは0.005BTCを得ているとします。

ボブとコーヒーショップは、更新されたバランスシートに秘密鍵で署名します。
それぞれはそれのコピーを保持しますが、それ以外のものは何もしません。

ボブは、支払いチャンネルに残高がある限り、コーヒーを注文し続けることができます。
どちらもそれらの間で何十万ものトランザクションを行うことができます。

これは主なブロックチェーンから離れるため、実際には制限はありません。(ブロックに直接小さい取引を書き込まない)
支払いチャンネルは、ボブかコーヒーショップによっていつでも閉じることができます。

彼らがしなければならないのは、両当事者が署名した最新のバランスシートを取ることだけです。
それをビットコインネットワークにブロードキャストします。
マイナーは、貸借対照表の署名を検証し、すべてがチェックされたらバランスシートに従って資金を出すだけです。

これにより、ビットコインブロックチェーン上で単一のトランザクションが作成されます。
したがって、ライトニングネットワークは主ブロックチェーンの負荷を大幅に削減することができます。
ブロックチェーン上では、2つのトランザクションのみが必要です。
1つは支払いチャネルを開き、もう1つは1つはそれを閉じます。
それは非常に安全です。

このシステムは、最新の署名された貸借対照表のみが金銭を解錠するのに使用できることを保証します。
両当事者は署名された貸借対照表のコピーを持っているので、他の人がもう協力したくない場合でも、いつでも資金を調達することができます。

例えば、ボブはコーヒーショップに所属するビットコインを保持することはできません。
それはそこで終わらない。
ビットコインを送信するすべての人と直接支払いチャネルを開く必要はありません。

あなたは単にネットワークを使ってビットコインをを渡すことができます。
ここではアリスです、彼女はボブの友人です。
彼らは前にライトニングネットワークでお金を交換したので、積極的な支払いをしています。
さあ、アリスがコーヒーを買いたいと言ってみましょう。
コーヒーショップに直接通話するのではなく、ボブはそれをコーヒーショップに転送します。
誰もが支払いチャンネルを作成する必要はありません。
ライトニングネットワークでは、支払いは Aから Bへのルートを見つけることを試みます。
それは少量の中間体と最低限の手数料でこれをしようとします。
これにより、ブロック鎖のひずみがさらに低減されますが、中間体に支払いチャネルに十分なお金があれば良いわけです。

今、あなたはライトニングネットワークが何のために、どのように動作しているかを知っています。
しかし、いつ実際に実装されるのでしょうか?
ビットコインテストネット上でライトニングネットワークが動作する概念実証実装があります。

関連記事
>>「ビットコインを人工衛星を使って送金するプロジェクトが誕生

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【速報】ゴールドマンサックスが仮想通貨取引の開始を発表

【速報】ゴールドマンサックスが仮想通貨取引の開始を発表

新しくビットコインラティーナ(BitcoinLatina/BCL)を発表

新しくビットコインラティーナ(BitcoinLatina/BCL)を発表

ビットコインでランボルギーニが購入可能に!

ビットコインでランボルギーニが購入可能に!

中国ビットコイン取引所、送金には書類が必要

中国ビットコイン取引所、送金には書類が必要

ビットコイン暴落の原因が中国というのは本当か?「今後使える対策法」

ビットコイン暴落の原因が中国というのは本当か?「今後使える対策法」

ビットコインが郵便局で購入可能に!【オーストリア】

ビットコインが郵便局で購入可能に!【オーストリア】

注目度の高い仮想通貨ニュース

世界初!匿名通貨Zcash公認取引所がニューヨークに誕生

世界初!匿名通貨Zcash公認取引所がニューヨークに誕生

Weiss Ratingsが格付けを公開|ハードフォークへの懸念も

Weiss Ratingsが格付けを公開|ハードフォークへの懸念も

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月13日〜19日

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月13日〜19日

世界初!リップル基軸の仮想通貨取引所がインドに誕生

世界初!リップル基軸の仮想通貨取引所がインドに誕生

リップル(Ripple/XRP)のニュース・話題まとめ|2018年4月

リップル(Ripple/XRP)のニュース・話題まとめ|2018年4月

韓国最大の仮想通貨取引所UPbitに詐欺の疑い|立ち入り調査も実施

韓国最大の仮想通貨取引所UPbitに詐欺の疑い|立ち入り調査も実施

BINANCEにXRP/USDTの取引ペア追加|価格への影響は?

BINANCEにXRP/USDTの取引ペア追加|価格への影響は?

Ripple社のxRapidが国際送金で40〜70%の節約を達成|大幅にコストを削減

Ripple社のxRapidが国際送金で40〜70%の節約を達成|大幅にコストを削減

SBI、韓国大手取引所を傘下へ|リップルxCurrent初の実用化

SBI、韓国大手取引所を傘下へ|リップルxCurrent初の実用化

ブロックチェーンフレンドリーなヨーロッパ諸国ランキング|1位はスイスに

ブロックチェーンフレンドリーなヨーロッパ諸国ランキング|1位はスイスに

仮想通貨のチャート確認がさらに便利に!CoinMarketCapアプリ誕生

仮想通貨のチャート確認がさらに便利に!CoinMarketCapアプリ誕生

ネム(NEM/XEM)カタパルト「mijin v.2」が一般公開

ネム(NEM/XEM)カタパルト「mijin v.2」が一般公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す