仮想通貨市場、ついに「トレンド転換」か?価格回復を予測する専門家たち

by BITTIMES

仮想通貨市場では過去12ヶ月間に渡って下落が続いており、ビットコイン(BTC)は昨年12月中旬に16ヶ月ぶりの安値を更新しました。2018年に期待されていた価格の回復は起こりませんでしたが、複数の専門家たちは近い将来「トレンドが逆転する可能性がある」と語っています。

こちらから読む:ビットコイン価格はこれからどう動く?専門家たちの「予想」まとめ

ビットコインの「トレンド転換点」を検知

BTC-up

Bloomberg(ブルームバーグ)は2019年1月3日に公開された記事の中で、トレンドの終わりや転換点を検知するために用いられる指標に基づいて『ビットコインは過去6ヶ月間で最も長い「買い」の流れにある』と報告しています。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は昨年12月中旬から価格の上昇が続いており、多少の下落は見られているものの依然として40万円台を維持しています。昨年は一定期間価格が上昇した後に再び「下降トレンド」に逆戻りすることが度々あったため、今回の上昇も一時的なものであるとの見方も出ていますが、Bloombergは、昨年と比較すると現在のBTC価格は「74%」下落しているため、引き続き価格上昇が続く可能性があると説明しています。

また、eToro(イートロ)のシニアマーケットアナリストであるMati Greenspan(マティ・グリーンスパン)氏は、「仮想通貨・ブロックチェーン業界は現在も急速に成長している」ということを報告しており、『仮想通貨業界に非常に多くの人々が関わっていることを示す様々な兆候が見られる』と語っています

仮想通貨の価格が下落したことなどの影響から、大規模なマイニング企業などが規模を縮小したことは事実ですが、BINANCE(バイナンス)Coinbase(コインベース)などの大手仮想通貨取引所は現在もその規模を拡大し続けており、NASDAQ(ナスダック)Bakkt(バックト)などのサービス開始時期も迫っているため、現在の底値をさらに下回る可能性は低いと考えられます。

採用が進む「ETH・XRP」2019年も継続して成長か

growth

世界最大級の独立系金融コンサルタント企業である「deVere Group」の創設者兼最高経営責任者であるNigel Green(ナイジェル・グリーン)氏も同様に、仮想通貨市場の価格上昇は今後も継続する可能性が高いとの見解を示しています。

同氏は、多くの投資家が期待しているように機関投資家の流入によって仮想通貨市場がさらに拡大すると予想していますが、仮想通貨規制が明確化されることによってこのような動きがさらに加速することになるとも考えています。

またグリーン氏は『イーサリアム(Ethereum/ETH)スマートコントラクトは、すでにその他の追随を許さないものになっている』とも語っており、『今後はより多くの機関投資家がこれらの機能を利用していくことになる』と予想しています。

さらに同氏は、時価総額ランキングでイーサリアムと競い合っているリップル(Ripple/XRP)もすでに世界中の何百もの金融機関に採用されているため、2019年も継続して成長する傾向にあると語っています。

順調に進む仮想通貨の「技術開発」

programmers

仮想通貨の調査・分析・格付けなどを行なっている「Weiss Cryptocurrency Ratings」は、1月3日に公開した「2019年の仮想通貨市場予測」の中で、主流の仮想通貨は2018年に"価格以外"の面で大きな成長を遂げたことを強調しており、ビットコイン(BTC)やエックスアールピー(XRP)などをはじめとする複数の仮想通貨が「今年もさらなる成長を遂げる」との見解を示しています。

イーサリアム(ETH)は2018年に大幅に価格が下落したことで知られていますが、現在は重要なアップデートを控えていることなどから価格の回復が見られており、現在も上昇傾向が続いています。

また、BTCやXRPも同様に一定の価格をキープしているためこれから徐々に価格が回復していく可能性があるとも考えられます。2019年を迎え、安定した動きを続けている仮想通貨市場の今後の動きには期待が高まっています。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアムのP2P取引所が「LocalCryptos」に改名|交換可能な仮想通貨を拡大

イーサリアムのP2P取引所が「LocalCryptos」に改名|交換可能な仮想通貨を拡大

照明用品の卸売業者「H&M Distributors」が仮想通貨決済に対応|アメリカ

照明用品の卸売業者「H&M Distributors」が仮想通貨決済に対応|アメリカ

ビットコイン「100万円」突破近い|さらなる価格上昇を予想:Civic CEO

ビットコイン「100万円」突破近い|さらなる価格上昇を予想:Civic CEO

マイニングマシン「100万台」が再稼働?ビットコイン半減期に向け準備:中国

マイニングマシン「100万台」が再稼働?ビットコイン半減期に向け準備:中国

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

John McAfee:2020年「米大統領選挙」出馬へ|仮想通貨の重要性伝えていく

John McAfee:2020年「米大統領選挙」出馬へ|仮想通貨の重要性伝えていく

注目度の高い仮想通貨ニュース

Disney:仮想通貨「Tron/TRX」関連の商標登録を却下|SF映画トロンとの重複を指摘

Disney:仮想通貨「Tron/TRX」関連の商標登録を却下|SF映画トロンとの重複を指摘

スロベニアの「バーガーキング」が仮想通貨決済に対応

スロベニアの「バーガーキング」が仮想通貨決済に対応

ビットコイン流通量の70%「6ヶ月以上移動されず」半減期までガチホコースか

ビットコイン流通量の70%「6ヶ月以上移動されず」半減期までガチホコースか

Google Playストア:アンドロイド向け「MetaMaskアプリ」を再度許可

Google Playストア:アンドロイド向け「MetaMaskアプリ」を再度許可

Poloniex「本人確認(KYC)不要のアカウントレベル」を導入|凍結口座もロック解除へ

Poloniex「本人確認(KYC)不要のアカウントレベル」を導入|凍結口座もロック解除へ

NEM財団:カタパルトの「新名称SYMBOL」及び「パブリックテスト開始」を発表

NEM財団:カタパルトの「新名称SYMBOL」及び「パブリックテスト開始」を発表

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「先物取引」提供開始

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「先物取引」提供開始

Apple社:App Storeから「DApps系アプリ排除」か?Coinbase CEOが報告

Apple社:App Storeから「DApps系アプリ排除」か?Coinbase CEOが報告

IBM「RippleNet・XRPの活用」検討中か?概念実証(PoC)進行中の可能性

IBM「RippleNet・XRPの活用」検討中か?概念実証(PoC)進行中の可能性

2019年、主要仮想通貨の「投資収益率」は?その他金融商品との比較も

2019年、主要仮想通貨の「投資収益率」は?その他金融商品との比較も

【イーサリアム2.0】2020年内の「フェーズ1実装完了」を予想:ConsenSys共同創設者

【イーサリアム2.0】2020年内の「フェーズ1実装完了」を予想:ConsenSys共同創設者

BINANCE:ライトコインの「先物取引」提供へ|対応仮想通貨の拡大続く

BINANCE:ライトコインの「先物取引」提供へ|対応仮想通貨の拡大続く

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す