「億り人が泣いて喜ぶサービス」で暴落の危険性!ビットコインでローンが組める

by BITTIMES   

「ビットコインを担保にローンが組める」という新しいサービスが始まりそうです。
通常、資産を担保にしてローンを組む場合は、不動産などが一般的ですが、今回は初のビットコインを担保にしたサービスです。
このサービスを展開するのは、ソルト・レンディングやネベウス、コインローン、イースレンドという新金融企業の 4社。
サービスの種類には直接融資と融資企業との間をとり持つ 2つのサービスを用意しているようです。
このサービス、米国では非常に話題になり喜ばれ歓迎ていますが、1つの大きな「危険性」が存在するので、その点についてもお話します。

億り人が泣いて喜ぶサービス

現在のビットコイン最大の問題点は「ビットコイン長者」、日本では「億り人」と呼ばれる方たちが、せっかく得た資産を「使えない」という部分です。
ビットコインは今年、10倍以上の高騰を見せ今尚上昇し続けています。
しかし、資産を得た彼らは「使わない方が資産が増え続ける」というジレンマに陥っているます。
ビットコインの価値が最大化するまでビットコインを保有(ホールド)していた方が、資産が最大化するわけです。
その間にはできるだけ使いたくないというのが本音ですよね。
これが 2倍3倍ならまだ許容範囲内ですが、ビットコインの場合 10倍もあり得るので、今月使った 100万円が来年 1,000万円になる可能性もあります。
資産が増える可能性がある。ということは同時に「消費した資産も増える可能性がある。」ということです。
なので彼ら、一部のビットコイン資産家は、せっかく手に入れたビットコインを使えない。ということです。
ここでやっと誕生したのが、今回の「ビットコインを担保にしてローンが組める。」というサービスですね。

ビットコインローンサービスの仕組みは?

不動産の担保ローンで考えると、担保にしたBTCの「 60〜70%」ほどの資産を借り入れできるのではないかと考えられます。
今の価格で考えると、1BTCなら 150万円ほどですかね。
彼らビットコイン長者は「数万単位」でビットコインを持っているでしょうから、数十億円から数百億円レベルの借り入れを申請することができますね。
融資をする側としても、あがり続けているビットコインを担保にするのであれば、借り入れを回収できなくてもお釣りがくるほどの担保になりますし。
借りる側としても、ローンを支払い終わった時に、担保にしていたビットコインが値上がりして入れば、万々歳ですもんね。
担保にしたビットコインの保管方法やシステム的な問題も今の技術なら、問題なく達成できそうですしね。
しかし、このサービスにはどうしても避けられない問題があります。
それが「バブル」を生み出す可能性があるということです。

ビットコインでローンの危険性について

気づいた方もすでにいらっしゃると思いおますが、このシステムは日本で起きた「不動産バブル」と全く同じ現象を引き起こす可能性があります。
当時は不動産を担保にすることで、お金を評価額の 6割から 7割借り入れることができたので、それを元にまた新しい不動産を購入し、そしてまたそれを担保にして…
という「倍々ゲーム」のようなことが行われていました。
例えば、1億円の不動産を購入したら、それを担保に 7000万円借りるわけです。
そしたら、 7,000万円の不動産を購入し、またそれを担保に、4,900万円の買い入れし、同額の不動産を購入します。
このようにして、不動産を購入する人が多く存在したため、ドンドン不動産価格が高騰していきました。
これは「ローンの支払いがし続けられる」というのが条件です。
不動産なので入居者が少なくなり、ローンが支払えなくなると、芋づる式に全ての不動産が銀行に差し押さえられてバブルが終わります。
また、高騰し続けた不動産の買い手がいなくなった瞬間でもバブルが終わります。
つまり、「ローンを無限に生産できる」ということは、「バブル」を生み出して、更には「バブルの崩壊」も生み出すということです。
バブルは必ず弾けますからね。
できれば、自然とゆっくりと上昇していただきたいのが保有者としては本音のはずです。ここでもジレンマですね。
バブルは幾度となく人は体験してきましたから、歴史は繰り返すかもしれません。
このサービスの広がりとビットコインの価格上昇が比例してきたら要注意と覚えておきましょう。
バブル関連記事
>>「ビットコイン(bitcoin/BTC)200万円を突破!早すぎる高騰にバブルの崩壊の警戒感も…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

伝説の投資家Marc Faber:遂にビットコインを購入「BTCは標準になる可能性がある」

伝説の投資家Marc Faber:遂にビットコインを購入「BTCは標準になる可能性がある」

米Robinhoodが手数料無料の仮想通貨取引アプリをローンチ

米Robinhoodが手数料無料の仮想通貨取引アプリをローンチ

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月24日〜30日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月24日〜30日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年2月23日〜29日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年2月23日〜29日

ビットコイン暴落の原因が中国というのは本当か?「今後使える対策法」

ビットコイン暴落の原因が中国というのは本当か?「今後使える対策法」

注目度の高い仮想通貨ニュース

JR渋谷駅前広告に「AQUA Labs(アクアラブズ)」がフューチャーされました

JR渋谷駅前広告に「AQUA Labs(アクアラブズ)」がフューチャーされました

PundiX(NPXS)2020年Q4〜2021年Q2のロードマップ「日本語版」を公開

PundiX(NPXS)2020年Q4〜2021年Q2のロードマップ「日本語版」を公開

BINANCE:ドイツの投資会社「CM-Equity」と提携|サービスの提供範囲拡大へ

BINANCE:ドイツの投資会社「CM-Equity」と提携|サービスの提供範囲拡大へ

日本暗号資産ビジネス協会「ステーブルコイン部会」発足|合計39社が参加

日本暗号資産ビジネス協会「ステーブルコイン部会」発足|合計39社が参加

ジョン・マカフィー:プライバシー重視の「携帯電話データ通信サービス」を発表

ジョン・マカフィー:プライバシー重視の「携帯電話データ通信サービス」を発表

ビットコインがもらえる「Coincheckでんき・ガス新規申込キャンペーン」開催

ビットコインがもらえる「Coincheckでんき・ガス新規申込キャンペーン」開催

SBIHD:セキュリティトークン事業で「野村」と提携へ|合弁会社BOOSTRYに資本参加

SBIHD:セキュリティトークン事業で「野村」と提携へ|合弁会社BOOSTRYに資本参加

コイネージ(COINAGE)「ビットコイン現物販売所」のサービス開始|キャンペーンも開催

コイネージ(COINAGE)「ビットコイン現物販売所」のサービス開始|キャンペーンも開催

BINANCE:カルダノ(Cardano/ADA)の「新たな先物商品」提供へ

BINANCE:カルダノ(Cardano/ADA)の「新たな先物商品」提供へ

韓国国民銀行「仮想通貨・デジタル資産関連サービス」提供へ|テック企業3社と提携

韓国国民銀行「仮想通貨・デジタル資産関連サービス」提供へ|テック企業3社と提携

暗号資産企業Diginex:NASDAQ上場に向け「新たな仮想通貨取引所」立ち上げ

暗号資産企業Diginex:NASDAQ上場に向け「新たな仮想通貨取引所」立ち上げ

ファイルコイン(FIL)メインネット公開時期を「再度延期」コンテスト前に調整期間

ファイルコイン(FIL)メインネット公開時期を「再度延期」コンテスト前に調整期間

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す