金融庁:法令改正へ「仮想通貨による出資」にも規制適用

by BITTIMES

金融庁は、証券や株式などの金融商品を取り扱っている事業者が「仮想通貨(暗号資産)」で出資を募った場合にも金融商品取引法(金商法)の規制を適用する方針を固め、現在「金商法の改正」や「関連する法令の見直し」などを検討していると産経新聞は報じています。

こちらから読む:仮想通貨先進国としての"基盤"を固める「日本」関連ニュース

金融商品取引法の"抜け穴"

金融商品取引法(金商法)はこれまで、無登録の事業者が「金銭」で出資を募ることを禁止していましたが、「仮想通貨(暗号資産)」を通じて出資を募ることに関しては明確に記述されていなかったため、法律の"抜け穴"を利用して「不正に仮想通貨を集めた」といった事件が発生しており、問題となっていました。

2018年11月には、無登録で米国の投資会社「SENER(セナー)」への出資を募った男性8人のグループが「金融商品取引法違反」の容疑で逮捕されています。このグループは合計約83億円相当の資金を集めたとされていますが、その9割以上は仮想通貨で出資を受けたものだったと報告されています。

「金銭」での出資を募る場合には"事業者登録"を行う必要がありますが、「仮想通貨」で出資を募る場合にはその必要がなかったため、不明確な状態となっていました。

規制明確化で「投資家を保護」

金融庁は2017年10月時点で「仮想通貨で出資を募った場合でも"金商法の規制対象になる"と考えられる」との見解を公表していましたが、法的に明確な裏付けがなければ刑事裁判などで適切に対処することができなくなる可能性があるため「仮想通貨も金融商品取引法の規制対象である」ということを法令で明確に示すことを決めたとされています。具体的には、金商法を改正することや、それに関連する法令を見直すことなどが検討されているとのことです。

規制が明確に示されることによって、悪意を持って資金調達を行う事業者の数は減少していくことになり、しっかりとした目標を持っている事業者だけが増加していくことになるため、投資、出資を行う人々が詐欺などの被害に巻き込まれる危険性を減らすことができると考えられます。

最近の報道では、仮想通貨事業者として登録することに関心を示して金融庁に問い合わせを行なっている企業の数は「190社」を超えているということも報告されていますが、今回の決定によって、この数字はさらに増加していくことになると考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios「欧州サッカー連盟」と提携|UEFAクラブ大会の公式ファントークンパートナーに

Chiliz&Socios「欧州サッカー連盟」と提携|UEFAクラブ大会の公式ファントークンパートナーに

仮想通貨決済対応の米映画館AMC「シバイヌ(SHIB)」もサポートへ

仮想通貨決済対応の米映画館AMC「シバイヌ(SHIB)」もサポートへ

Facebook:ブロックチェーン・フィンテック関連会社「Libra Networks」をスイスに設立

Facebook:ブロックチェーン・フィンテック関連会社「Libra Networks」をスイスに設立

カルダノ(ADA)ダイダロスウォレットに「トークン専用画面」追加|Daedalus 4.4.0公開

カルダノ(ADA)ダイダロスウォレットに「トークン専用画面」追加|Daedalus 4.4.0公開

物流倉庫向けブロックチェーン運送管理システム「Hacologi」を開発:中西金属工業

物流倉庫向けブロックチェーン運送管理システム「Hacologi」を開発:中西金属工業

【続報あり】Xの個人間送金サービス公開は近い?「X Payments」の公式アカウントが登場

【続報あり】Xの個人間送金サービス公開は近い?「X Payments」の公式アカウントが登場

注目度の高い仮想通貨ニュース

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す