仮想通貨市場へ参入計画する企業「190社以上」に|事業者登録への関心高まる

by BITTIMES

日本の仮想通貨市場に参入することを計画している企業の数が「190社以上」にまで増加していることが海外メディア「Bitcoin.com」による金融庁への独占インタビューで明らかになりました。2018年は規制が強化されたことなどの影響から「仮想通貨交換業者」としての申請を取り下げる企業も出ていたものの、業界への参加を望む会社は増加しているようです。

こちらから読む:仮想通貨・ブロックチェーンの推進団体が連携「日本国内」ニュース

金融庁への問い合わせ件数「3ヶ月で30件増」

FSA

日本国内で金融庁から正式に仮想通貨交換業者として認められているのは2018年12月時点で合計16社とされていますが、新たに仮想通貨交換業者として認められることを望む企業の数はここ最近でさらに増加してきているようです。

海外の大手仮想通貨メディア「Bitcoin.com」の報道によると、「仮想通貨事業者」としての登録に関心を示している企業の数は「登録に関する協議を行っているもの」や「問い合わせがあったもの」を含めると190社以上に上ると伝えられています。

今年9月の時点で新規参入の意向を示している企業の数は160社であると報告されていたため、この3ヶ月間で30社ほど増加していることがわかります。2018年は「仮想通貨取引所のハッキング事件」や「価格の下落」などといったネガティブなニュースが続いていたもの、依然として仮想通貨業界に参入することを望む企業は増加しているようです。

仮想通貨交換業者「登録申請中」の企業

今回の報道では具体的な企業名までは掲載されていませんが、複数の企業はすでに金融庁に仮想通貨交換業者としての登録申請を提出していることを発表しています。これらの企業には
・Line Corp.
・Yahoo!Japan
・Money Forward
・Drecom
・Yamane Medical
・Adways
・Avex
・大和証券グループ
・Samurai&J Partners
・Appbank
・I-Freek Mobile
・Forside
・Fasteps Co. Ltd.
などの企業が含まれています。

・Coincheck
・みんなのビットコイン
・LastRoots
などは現在みなし業者となっていますが、最近の報道ではCoincheck(コインチェック)近い将来正式に「仮想通貨交換業者」として認められるとも報じられています。

登録業者の「買収や提携」の報告も相次ぐ

Alliance

2018年に仮想通貨関連の規制が強化されたことによって複数の企業が「登録申請の取り下げ」を表明していますがその後も新たに申請する企業が増えています。

また最近では、すでに「仮想通貨交換業者」として登録されていたBitTrade(ビットトレード)を買収することによってHuobi(フォビ)が日本市場の仮想通貨市場に参入しているほか、「Madison Group」も登録業者である「Bitocean」の株式を取得する計画を発表しています。さらに「Ceres」は、2019年春に共同サービスを開始するために登録業者である「Xtheta(シータ)」と資本提携することを発表しました。

多くの企業が仮想通貨交換業者としての登録を完了するまでには、まだまだ時間がかかると考えられますが「買収」や「提携」といった形で仮想通貨関連のサービスを開始する動きも出てきているため、2019年は日本国内の仮想通貨業界はさらに活気付いていくことが予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

女子テニスの女王「Serena Williams」仮想通貨取引所コインベースへの投資が明らかに

女子テニスの女王「Serena Williams」仮想通貨取引所コインベースへの投資が明らかに

経済産業省「NFT活用した初の実証実験」ファッション分野で2022年2月から

経済産業省「NFT活用した初の実証実験」ファッション分野で2022年2月から

イーサリアムの主要ノード運用ソフト「Geth」でバグ|利用者にアップデート求める

イーサリアムの主要ノード運用ソフト「Geth」でバグ|利用者にアップデート求める

SBIの北尾吉孝社長「リップル社の取締役」就任へ|金融機関でのデジタル資産活用を推進

SBIの北尾吉孝社長「リップル社の取締役」就任へ|金融機関でのデジタル資産活用を推進

レコチョク:音楽NFTの二次流通取引で「SBI Web3ウォレット」を採用

レコチョク:音楽NFTの二次流通取引で「SBI Web3ウォレット」を採用

ディーカレット:仮想通貨レバレッジ取引アプリ「Android版」リリース

ディーカレット:仮想通貨レバレッジ取引アプリ「Android版」リリース

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE創設者CZ氏「Giggle Academy」を発表|新プロジェクトの内容は?

BINANCE創設者CZ氏「Giggle Academy」を発表|新プロジェクトの内容は?

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す