ビットコイン(BTC)の価格下落「行き過ぎている」と指摘:BINANCE CEO

by BITTIMES   

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao/CZ(ジャオ・チャンポン)氏は、2017年に見られた大幅な価格上昇は確かに"行き過ぎた"ものであったものの、現在の市場で続いている下落相場も同様に「過度な下がり方をしている」と指摘しています。

こちらから読む:仮想通貨ATM業者の売上は順調「ビットコイン」関連ニュース

2017年の価格上昇は「オーバーシュート」

Changpeng Zhao/CZ(ジャオ・チャンポン)氏は、シンガポールで開催された「Binance Blockchain Week」のスピーチの中で、2017年末の仮想通貨市場で見られた価格変動は行き過ぎたものであったと語りました。

2017年末には確かに価格面でオーバーシュート(*1)が見られました。非常に単純なホワイトペーパーを用いたシンプルなプロジェクトに多くの人々が慌てて投資を行なっていました。

そのような行き過ぎた投資が行われた後には、当然価格が下がります。
(*1)オーバーシュート:行き過ぎた変動のことを指す、マーケット全般で使用される用語。

2017年末の仮想通貨市場では急激な価格高騰が起きており、ビットコイン価格は一時的に220万円近くまで上昇しました。2019年1月時点の仮想通貨全体の時価総額は約13兆円となっていますが、当時の時価総額は約87兆円ほどにまで上昇していました。

仮想通貨業界の成長に反する下落相場

2017年末の行き過ぎた価格上昇によって、昨年1年間は下落が続くことになりましたが、Changpeng Zhao氏は現在の仮想通貨市場は「逆に下方へとオーバーシュートしている」と語っています。

現在、私たちは非常に長い弱気市場にいます。おそらくこれはビットコインの歴史上最長の長さでしょう。

私の個人的な見解では、現在の市場は下側に行き過ぎています。

Changpeng Zhao氏は「現在のビットコイン価格が下がり過ぎている」という見解の理由として、仮想通貨業界全体が現在も成長を続けており、非常に多くの人々が関わりを持っていることをあげています。

実際にBINANCEが最近新しく欧州地域で立ち上げた仮想通貨取引所「Binance Jersey(バイナンス・ジャージー)」には、オープン当初から非常に多くの登録依頼が殺到しており、本人確認手続きが追いつかないほどの状態になっていることが報告されています。

ビットコインなどの仮想通貨を購入したいと考えている人が非常に多いことは、世界各国から報告されている調査結果でも明らかになっており、技術的な研究開発の面においても順調に成長を続けていることを示すデータが数多く報告されています。

このような様々なことから最近では「現在のビットコイン価格は下がり過ぎている」と語る専門家の人々も多く見られており、2019年にはビットコインは適正価格まで回復するはずだという意見も出ています。

2019年1月22日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、2018年12月16日に36万円近くまで下落して以降、やや回復の兆しも見られていましたが、2019年1月22日時点では再び下落する傾向が強まっており「1BTC=389,722円」で取引されています。

2018年11月23日〜2019年1月22日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月23日〜2019年1月22日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Huobi Japan:ビットコインがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:ビットコインがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Softbank孫社長「ビットコインは理解できない」BTC投資でビジネスに支障も

Softbank孫社長「ビットコインは理解できない」BTC投資でビジネスに支障も

仮想通貨都市「AKON CITY」建設が現実的に|著名ラッパー、セネガルでMoU締結

仮想通貨都市「AKON CITY」建設が現実的に|著名ラッパー、セネガルでMoU締結

エルサルバドルのビットコイン法「9月7日」施行へ|BTC・ウォレットの無料配布も予定

エルサルバドルのビットコイン法「9月7日」施行へ|BTC・ウォレットの無料配布も予定

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

中東の国カタール、仮想通貨関連サービス「禁止」の可能性

中東の国カタール、仮想通貨関連サービス「禁止」の可能性

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bybit:人気Move to Earnアプリ「Sweatcoin」のSWEATサポートへ

Bybit:人気Move to Earnアプリ「Sweatcoin」のSWEATサポートへ

Cardano(ADA)大型アップグレード「Vasil」のメインネット実装完了

Cardano(ADA)大型アップグレード「Vasil」のメインネット実装完了

Google:検索エンジンに「イーサリアム:The Mergeのカウントダウン機能」追加

Google:検索エンジンに「イーサリアム:The Mergeのカウントダウン機能」追加

Magic Eden「イーサリアム基盤のNFTコレクション」に対応

Magic Eden「イーサリアム基盤のNFTコレクション」に対応

GMOコイン:取引所(現物取引)専用の高機能ツール「WebTrader」提供へ

GMOコイン:取引所(現物取引)専用の高機能ツール「WebTrader」提供へ

前澤友作氏のMZDAO「クレカなし初期メンバー募集」開始|目標は年間利益100億円以上

前澤友作氏のMZDAO「クレカなし初期メンバー募集」開始|目標は年間利益100億円以上

PoW版イーサリアム「ETHW」暗号資産取引所に続々と上場|ETHW・ETFの受取方法も

PoW版イーサリアム「ETHW」暗号資産取引所に続々と上場|ETHW・ETFの受取方法も

乗車するとNFTがもらえる「JobTribesタクシー」2週間限定で都内を走行:DEA社

乗車するとNFTがもらえる「JobTribesタクシー」2週間限定で都内を走行:DEA社

デジタル資産形成プラットフォーム「WhaleFin」とは?基本情報・特徴などを解説

デジタル資産形成プラットフォーム「WhaleFin」とは?基本情報・特徴などを解説

FIFA:W杯関連のNFTプラットフォーム「FIFA+ Collect」提供へ|Algorandを活用

FIFA:W杯関連のNFTプラットフォーム「FIFA+ Collect」提供へ|Algorandを活用

米ナスダック「Nasdaq Digital Assets」を発表|暗号資産カストディサービス提供へ

米ナスダック「Nasdaq Digital Assets」を発表|暗号資産カストディサービス提供へ

Coincheck NFT(β版)「3D Generativemasks」取扱いへ

Coincheck NFT(β版)「3D Generativemasks」取扱いへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す