仮想通貨市場への影響は?アメリカ政府機関の閉鎖「3週間」解除へ

by BITTIMES   

米国のDonald Trump(ドナルド・トランプ)大統領は、2019年1月25日に長期間に渡って閉鎖されていた政府機関を「約3週間」再開することで与野党と合意したと発表しました。今回の決定は仮想通貨業界で期待が高まっている「ビットコインETF」や「先物取引」の承認を早めるきっかけとなる可能性があります。

こちらから読む:大統領候補者が国外逃亡「アメリカ」関連ニュース

米国史上最長「政府機関の一部閉鎖」

米国では「メキシコ国境の壁」を建設するための費用に関する議論が続いており、トランプ大統領と民主党下院議会との間で対立が起こっていました。これによって米国政府の一部の機関は2019年12月22日から閉鎖されており、自宅待機や無休労働を強いられている政府職員の数は約80万人に上ると言われていました。

閉鎖されている政府機関の中には運輸保安庁、国立公園局、航空管制官なども含まれており、これらの政府機関は予算切れの状態となっていました。このようなことから演説者として大統領に議会演説に招待する憲法上の権限を持っている野党・民主党幹部のNancy Pelosi(ナンシー・ペロシ)下院議長とトランプ大統領の間では激しい議論も行われており、ペロシ氏は「政府機関閉鎖」の問題が解決するまでは招待状を発表しないとも語っていました。

2019年1月25日は多くの政府職員にとって2度目の給料日であり、近代アメリカ史上最長となる「政府機関の一部閉鎖から35日が経過した日」でもありました。この日トランプ大統領はこれまで閉鎖されていた政府機関を3週間だけ再開することで合意しました。

ビットコインETF・先物取引「承認」の可能性

「アメリカ政府機関の一部閉鎖」は仮想通貨業界にも大きな影響を与えていました。最近ではビットコインETFやビットコイン先物取引の承認に注目が集まっていましたが、米国証券取引委員会(SEC)や商品先物取引委員会(CFTC)は今回の騒動の影響などから「承認審査」に遅れを出していました。

Cboe BZX Exchange(シカゴオプション取引所)が提出していたビットコインETFの提案は、2019年1月22日に撤回されたことが発表されています。この撤回の主な理由としては米国政府機関の長期的な閉鎖が「ビットコインETF承認審査の妨げとなっていることなどが挙げられていました。

また、ビットコイン先物取引の開始に目けた準備を進めている仮想通貨取引プラットフォームBakkt(バックト)は、先物取引の提供を2019年1月24日に予定していましたがこれに関しても延期が発表されており、ビットコイン先物取引の公開日は「商品先物取引委員会(CFTC)のプロセスとスケジュールに従って修正される」と説明されていました。

「米国政府機関の再開」は、これまで歯止めがかかっていた「仮想通貨関連サービスの承認審査プロセス」を再開に向かわせる可能性があると考えられています。Bakktなどはこれまでにも承認を得るための取り組みを続けてきているため、適切に審査が行える状況が作られれば本格的に承認に向かう可能性があるとも考えられます。

今回発表された政府機関の一時再開は「約3週間」とされているため、この期間中に承認が降りるとは言い切れませんが、このまま政府機関の再開が順調に進めば承認される可能性もあると考えられます。いずれにせよ今回の発表は「ビットコインETF」や「先物取引」の承認のための好材料であると言えるでしょう。米国政府が今後どのような方向に動いていくのかにも注目が集まります。

2019年1月26日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格には今のところ大きな変化は見られておらず、2019年1月26日時点では「1BTC=394,223円」で取引されています。

BTCはこの1ヶ月の間40万円前後での推移を続けており、過去30日間の最安値は今月14日の「1BTC=378,309円」となっています。

2019年1月11日〜2019年1月25日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年1月11日〜2019年1月25日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:暗号資産の「証拠金取引」開始は近い|バグの可能性調査など最終テストへ

BINANCE:暗号資産の「証拠金取引」開始は近い|バグの可能性調査など最終テストへ

BINANCE:シンガポールで「営業ライセンス」申請|仮想通貨取引サービス継続に向け

BINANCE:シンガポールで「営業ライセンス」申請|仮想通貨取引サービス継続に向け

オーストラリアのコンビニ大手「OTR」仮想通貨決済に対応|Crypto.comと提携

オーストラリアのコンビニ大手「OTR」仮想通貨決済に対応|Crypto.comと提携

Blockstream×Block「太陽光発電のビットコインマイニング施設」建設へ|Tesla製品も活用

Blockstream×Block「太陽光発電のビットコインマイニング施設」建設へ|Tesla製品も活用

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

bitFlyer Europe「新たなトレーディング機能」発表へ|日本ユーザーにも関係

bitFlyer Europe「新たなトレーディング機能」発表へ|日本ユーザーにも関係

注目度の高い仮想通貨ニュース

バハマ証券委員会「35億ドル相当のFTX資産」を保有|債権者に返還予定

バハマ証券委員会「35億ドル相当のFTX資産」を保有|債権者に返還予定

Astarチェーン特化のWeb3サービス開発会社「AstarGames」設立:CryptoGames

Astarチェーン特化のWeb3サービス開発会社「AstarGames」設立:CryptoGames

The Sandbox:パートナー数は700以上に「Game Maker 0.8」も近日公開予定

The Sandbox:パートナー数は700以上に「Game Maker 0.8」も近日公開予定

ドージコイン(DOGE)、ソラナ(SOL)とメタケード(MCADE)市場はインフレ冷え込みを示すにつれて上昇傾向にあり

ドージコイン(DOGE)、ソラナ(SOL)とメタケード(MCADE)市場はインフレ冷え込みを示すにつれて上昇傾向にあり

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月8日〜14日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月8日〜14日

ファイルコイン財団:分散型ファイルシステム(IPFS)を宇宙展開「Lockheed Martin」と協力

ファイルコイン財団:分散型ファイルシステム(IPFS)を宇宙展開「Lockheed Martin」と協力

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

DMMビットコイン:ポリゴン(MATIC)の「現物・レバレッジ取引」提供へ

DMMビットコイン:ポリゴン(MATIC)の「現物・レバレッジ取引」提供へ

カルダノ開発企業「カスタムサイドチェーン開発用のツールキット」発表

カルダノ開発企業「カスタムサイドチェーン開発用のツールキット」発表

HEXA:XYM決済に続き「ETH・MATIC」にも対応へ

HEXA:XYM決済に続き「ETH・MATIC」にも対応へ

インドネシア:規制改革の一環として「暗号資産取引所の設立」を計画=報道

インドネシア:規制改革の一環として「暗号資産取引所の設立」を計画=報道

Albright Capital「LUNC・USTC関連の訴訟」を取り下げ

Albright Capital「LUNC・USTC関連の訴訟」を取り下げ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す