エストニアの仮想通貨取引所「Kriptomat」リップル(XRP)の取り扱い開始

by BITTIMES   

エストニアの仮想通貨取引所「Kriptomat」は、2019年1月31日にリップル(Ripple/XRP)の取り扱いを開始したことを発表しました。同取引所ではユーロ(EUR)やクレジットカードで「XRP」を購入することができます。

こちらから読む:XRP先物取引が近日公開?「Ripple」関連ニュース

Kriptomatとは?

Kriptomatとは、エストニアを拠点とする仮想通貨取引所です。EUの規制、法律に準拠して運営を行なっている同取引所は、エストニアで正式に許可を受けて仮想通貨取引サービスを提供しています。

ウェブサイトは20カ国以上の言語に対応しており、サービスを利用できる国としては38カ国が挙げられています。(日本は含まれていません)

取り扱う仮想通貨としては、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
トロン(Tron/TRX)
ダッシュ(Dash/DASH)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
などを含む、合計20種類のコインが取り扱われており、これらの仮想通貨はユーロ(EUR)やクレジットカードで購入することができるようになっています。

エストニアは仮想通貨に友好的な国としても知られており、仮想通貨決済の導入が進んでいる国でもあります。「Kriptomat」は、数多くの国向けにサービスを提供しているため、今回の上場によって「XRP」はより多くの国で取引が行われていくことになるでしょう。

「Kriptomat」に関する詳しい情報は以下のリンクからどうぞ
>「Kriptomat」の公式サイトはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

米取引所コインベース:上場検討中の暗号資産「18銘柄」を公開

米取引所コインベース:上場検討中の暗号資産「18銘柄」を公開

グレースケール:イーサリアム投資信託の「現物ETF転換」を申請

グレースケール:イーサリアム投資信託の「現物ETF転換」を申請

チャーリー・マンガー氏:暗号資産を「汚い下水道」と表現|投資は避けるべきと発言

チャーリー・マンガー氏:暗号資産を「汚い下水道」と表現|投資は避けるべきと発言

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説