リップル(XRP)が「4,500以上のオンラインストア」で利用可能に:CoinGate

by BITTIMES

仮想通貨決済サービスを提供する「CoinGate(コインゲート)」は2019年2月1日、リップル(Ripple/XRP)に対応したことを発表しました。これによりユーザーは4,500店舗以上のオンラインストアでXRPによる支払いを行うことができるようになります。

こちらから読む:SBIVCがXRPの保管サービスを開始「Ripple/XRP」関連ニュース

食品・小物・レンタルなど様々な商品が購入可能に

仮想通貨を様々な店舗で利用できるようにするためのサービスを提供している「CoinGate(コインゲート)」は、2019年2月1日に仮想通貨「XRP」を対応通貨として追加することを発表しました。

XRPコミュニティーと商人の方々にビッグニュースです!

私たちはXRPを対応通貨として追加しました。つまり、現在XRPはネット上に存在する何千もの店舗で決済手段として受け入れられています。詳細については当社のブログをどうぞ。

CoinGate(コインゲート)は、2014年にリトアニアで設立された仮想通貨決済サービスを提供している企業であり、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ダッシュ(Dash/DASH)
などをはじめとする50種類以上の仮想通貨に対応した決済サービスを導入するための仲介サービスを企業や個人向けに提供しています。

同社のサービスは、Lightning Network(ライトニングネットワーク)にも対応しており、ユーザーは仮想通貨やユーロ(EUR)を使った決済を使って支払いを行うことができる他、仮想通貨を同社サービス内で保管することができます。

対応している店舗の種類は非常に多く、
・オンラインゲーム
・eスポーツ
・音楽イベント
・仮想通貨専用ストア
・サーバー・ホスティングサービス
・有機食品
・小物販売店
・時計店
・レストラン
・スキー・スノボー用品レンタルショップ
・アダルトウェブカメラ
などといった4,500店舗以上に対応しています。

仮想通貨XRPを利用できる店舗は世界中で確実に増えてきています。先月末には、世界210カ国に点在する55万以上の宿泊施設を紹介している旅行代理店「Travala.com」もXRPに対応したことを発表しています。また、個人間で気軽にXRPのやりとりを行うことができる少額送金アプリ「XRP Tip Bot」なども多くのユーザーに愛用されています。

1年前までは「国際送金の手段」としての認識の強かったXRPは、日常的に使用できる手軽な決済手段としての機能性も高めてきています。

「CoinGate(コインゲート)」に関する詳しい情報は以下の公式サイトをどうぞ
>「CoinGate」の公式サイトはこちら

2019年2月2日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は、過去90日間にかけて30円〜50円の間で推移しています。先月末には36円まで上昇しましたがその後はやや下落し、2019年2月2日時点では「1XRP=33.27円」で取引されています。最近の最安値は、先月29日に記録した31円となっています。

2018年12月4日〜2019年2月2日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月4日〜2019年2月2日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)は仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)などでも購入することができます。ビットバンクは以前、XRPの取引量で世界一を達成しています。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:NBAチーム「Houston Rockets(ヒューストン・ロケッツ)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Houston Rockets(ヒューストン・ロケッツ)」と提携

トロントの大学「ブロックチェーン技術者」育成コース提供へ|業界のリーダーを目指す

トロントの大学「ブロックチェーン技術者」育成コース提供へ|業界のリーダーを目指す

Peter Thiel:ブロックチェーン投資に移行「シリコンバレーの時代は終わりに近い」

Peter Thiel:ブロックチェーン投資に移行「シリコンバレーの時代は終わりに近い」

Kakaoのブロックチェーン関連会社「BApps開発コンテスト」開催へ|賞金総額1億円

Kakaoのブロックチェーン関連会社「BApps開発コンテスト」開催へ|賞金総額1億円

Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

Coinbase Pro:Libraのライバル「CELO」取扱いへ|上場発表で価格は約2倍に

Coinbase Pro:Libraのライバル「CELO」取扱いへ|上場発表で価格は約2倍に

注目度の高い仮想通貨ニュース

手越祐也氏が「XANA」とコラボ|メタバースライブ・NFT展開などを予定

手越祐也氏が「XANA」とコラボ|メタバースライブ・NFT展開などを予定

SBI VCトレード「XRP保有者に対するFLRトークンの配布・取扱い」について続報

SBI VCトレード「XRP保有者に対するFLRトークンの配布・取扱い」について続報

日本ブロックチェーン協会:暗号資産に関する税制改正要望(2023年度)を政府に提出

日本ブロックチェーン協会:暗号資産に関する税制改正要望(2023年度)を政府に提出

HEXA:NFT保有者限定コミュニティ機能「Scale-free」公開

HEXA:NFT保有者限定コミュニティ機能「Scale-free」公開

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

XANAメタバース「CryptoNinja」のNFTゲームリリースへ|NFTDuel第三弾IPコラボ

XANAメタバース「CryptoNinja」のNFTゲームリリースへ|NFTDuel第三弾IPコラボ

MetaMask:ユーザー情報の保存期間「7日間」に狭める予定

MetaMask:ユーザー情報の保存期間「7日間」に狭める予定

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

新型ハードウェアウォレット「Ledger Stax」登場|iPodの父が開発支援

新型ハードウェアウォレット「Ledger Stax」登場|iPodの父が開発支援

MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す