ラガービールの製品情報をブロックチェーンで管理「Bock Chain」販売開始:カナダ

by BITTIMES   

ブロックチェーン技術を活用することによって製品情報を追跡することができるようにした新しいビール「Bock Chain(ボックチェーン)」が2019年2月1日に発売されました。この製品にはQRコードがプリントされているため、消費者の人々はスマートフォンなどでコードをスキャンして、原料となる大麦が農家で育てられている段階から実際に手元に届くまでの様々な情報を確認することができるようになっています。

こちらから読む:ビール生産情報の追跡を可能にする「ブロックチェーン技術」とは

農場から手元に届くまでの「あらゆる情報」を

Bock Chain(ボックチェーン)は、カナダを拠点とする
・Hamill Farms(ハミルファームズ)
・Great Western Malting(グレートウェスタンモルティング)
・Red Shed Malting(レッドシェッドモルト)
・Last Best Brewing&Distilling(ラストベストブリューイング&ディスティリング)
が、「農場間の食品トレーサビリティーシステム」を提供している「TE-FOOD」と協力して製造しています。

このビールのラベルには「QRコード」がプリントされており、携帯電話でコードをスキャンすることによって製品の起源などに関する詳しい情報を確認することができるようになっています。これらの情報の中には、製品の基本的な情報だけでなく、ビールの原料となる大麦の成長記録を写した「タイムラプス映像」や、アニメーション化された地図による「移動記録」なども含まれていると伝えられています。

また製品情報の確認の他にも、消費者がソーシャルリンクを通じて自分が購入した「Bock Chain」の情報を共有できる機能も提供されるとのことです。アルコール度数5.7%のラガービール「Bock Chain」は、アルバータ州全土で販売されており「Last Best Brewing&Distilling」で購入することができます。

ブロックチェーン技術:ビール産業にとって「非常に重要」

「Last Best Brewing&Distilling」の醸造責任者であるPhil Brian(フィル・ブライアン)氏は、醸造所のサプライチェーンが複雑化している現代社会にとって、ビールの情報を詳しく確認することができるシステムは非常に重要であると語っています。

ブロックチェーン技術を採用したことによって、愛好家の人々はビール農場の情報まで遡って確認することができます。醸造所のサプライチェーンはより複雑になってきているため、地元の農家と協力してビールの大麦がどこから来るのかを正確に知ることができるようにすることは非常に素晴らしいことです。

今回のブロックチェーン技術を提供した「TE-FOOD」は、AEON(イオン)などのような高い知名度を誇っている6,000社以上の企業に「農場間の食品トレーサビリティーシステム」を提供し、毎日400,000件の企業取引を処理しています。

食品の品質」や「商品の流通過程」に関するデータを追跡するための様々なツールを提供している同社は、フランスの大型スーパーマーケットチェーン「Auchan(オーシャン)」にもブロックチェーン技術を用いたトレーサビリティシステムを提供しており、現在もその規模を拡大しています。

ブロックチェーン技術で品質が保証された食品ブランドは、これからさらに増加していくことが予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アトランタに広がるランサムウェアはビットコインの支払いを要求

アトランタに広がるランサムウェアはビットコインの支払いを要求

ビットコイン先物の公開「非常に近い」Bakkt親会社ICEのCEOが発言

ビットコイン先物の公開「非常に近い」Bakkt親会社ICEのCEOが発言

Flare Networks「FIP.01の投票方法・WFLRへの交換方法」に関するガイドライン公開

Flare Networks「FIP.01の投票方法・WFLRへの交換方法」に関するガイドライン公開

Walmart「NFT・メタバースなどに関する商標登録」を申請|暗号資産発行の可能性も

Walmart「NFT・メタバースなどに関する商標登録」を申請|暗号資産発行の可能性も

コンサル大手「PwC」もメタバース参入|The Sandboxの土地LANDを購入

コンサル大手「PwC」もメタバース参入|The Sandboxの土地LANDを購入

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

注目度の高い仮想通貨ニュース

バイデン政権「仮想通貨リスク軽減のためのロードマップ」を発表

バイデン政権「仮想通貨リスク軽減のためのロードマップ」を発表

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

bitFlyer Blockchain「Miyabi」のブランドリニューアル|Miyabi Explorerを一般公開

bitFlyer Blockchain「Miyabi」のブランドリニューアル|Miyabi Explorerを一般公開

Unstoppable Domains:メタバース3Dアバターの「Ready Player Me」と提携

Unstoppable Domains:メタバース3Dアバターの「Ready Player Me」と提携

スズキのインド子会社:メタバースショールーム「ArenaVerse」を導入

スズキのインド子会社:メタバースショールーム「ArenaVerse」を導入

関東財務局「エクシア・デジタル・アセット」に対する業務停止命令を延長

関東財務局「エクシア・デジタル・アセット」に対する業務停止命令を延長

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

ネパール通信規制当局「仮想通貨関連ウェブサイト・アプリのブロック」を指示

ネパール通信規制当局「仮想通貨関連ウェブサイト・アプリのブロック」を指示

ビットフライヤー:XRP保有者に対する「FLR付与予定日」を発表

ビットフライヤー:XRP保有者に対する「FLR付与予定日」を発表

TON財団:分散型ファイル共有ソリューション「TON Storage」を発表

TON財団:分散型ファイル共有ソリューション「TON Storage」を発表

Twitter:仮想通貨価格の確認機能を拡充「DOGE・ADA・XRP」など30銘柄以上に対応

Twitter:仮想通貨価格の確認機能を拡充「DOGE・ADA・XRP」など30銘柄以上に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す