ラガービールの製品情報をブロックチェーンで管理「Bock Chain」販売開始:カナダ

by BITTIMES

ブロックチェーン技術を活用することによって製品情報を追跡することができるようにした新しいビール「Bock Chain(ボックチェーン)」が2019年2月1日に発売されました。この製品にはQRコードがプリントされているため、消費者の人々はスマートフォンなどでコードをスキャンして、原料となる大麦が農家で育てられている段階から実際に手元に届くまでの様々な情報を確認することができるようになっています。

こちらから読む:ビール生産情報の追跡を可能にする「ブロックチェーン技術」とは

農場から手元に届くまでの「あらゆる情報」を

Bock Chain(ボックチェーン)は、カナダを拠点とする
・Hamill Farms(ハミルファームズ)
・Great Western Malting(グレートウェスタンモルティング)
・Red Shed Malting(レッドシェッドモルト)
・Last Best Brewing&Distilling(ラストベストブリューイング&ディスティリング)
が、「農場間の食品トレーサビリティーシステム」を提供している「TE-FOOD」と協力して製造しています。

このビールのラベルには「QRコード」がプリントされており、携帯電話でコードをスキャンすることによって製品の起源などに関する詳しい情報を確認することができるようになっています。これらの情報の中には、製品の基本的な情報だけでなく、ビールの原料となる大麦の成長記録を写した「タイムラプス映像」や、アニメーション化された地図による「移動記録」なども含まれていると伝えられています。

また製品情報の確認の他にも、消費者がソーシャルリンクを通じて自分が購入した「Bock Chain」の情報を共有できる機能も提供されるとのことです。アルコール度数5.7%のラガービール「Bock Chain」は、アルバータ州全土で販売されており「Last Best Brewing&Distilling」で購入することができます。

ブロックチェーン技術:ビール産業にとって「非常に重要」

「Last Best Brewing&Distilling」の醸造責任者であるPhil Brian(フィル・ブライアン)氏は、醸造所のサプライチェーンが複雑化している現代社会にとって、ビールの情報を詳しく確認することができるシステムは非常に重要であると語っています。

ブロックチェーン技術を採用したことによって、愛好家の人々はビール農場の情報まで遡って確認することができます。醸造所のサプライチェーンはより複雑になってきているため、地元の農家と協力してビールの大麦がどこから来るのかを正確に知ることができるようにすることは非常に素晴らしいことです。

今回のブロックチェーン技術を提供した「TE-FOOD」は、AEON(イオン)などのような高い知名度を誇っている6,000社以上の企業に「農場間の食品トレーサビリティーシステム」を提供し、毎日400,000件の企業取引を処理しています。

食品の品質」や「商品の流通過程」に関するデータを追跡するための様々なツールを提供している同社は、フランスの大型スーパーマーケットチェーン「Auchan(オーシャン)」にもブロックチェーン技術を用いたトレーサビリティシステムを提供しており、現在もその規模を拡大しています。

ブロックチェーン技術で品質が保証された食品ブランドは、これからさらに増加していくことが予想されます。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン企業向け銀行口座「LBXPay」を発表 ー London Block Exchange

ブロックチェーン企業向け銀行口座「LBXPay」を発表 ー London Block Exchange

インドの仮想通貨取引所「Enlte」リップル(Ripple/XRP)取り扱いへ

インドの仮想通貨取引所「Enlte」リップル(Ripple/XRP)取り扱いへ

ブロックチェーンで再生可能エネルギーの起源を証明:スペイン・ACCIONA Energy

ブロックチェーンで再生可能エネルギーの起源を証明:スペイン・ACCIONA Energy

ドイツ初の「ブロックチェーン銀行口座」開設へ ー BitwalaとSolarisBankが提携

ドイツ初の「ブロックチェーン銀行口座」開設へ ー BitwalaとSolarisBankが提携

ファミリーマートと富士通がブロックチェーンを活用した実証実験

ファミリーマートと富士通がブロックチェーンを活用した実証実験

JPモルガンが暗号資産戦略部門を創設|CEOは意見を改める

JPモルガンが暗号資産戦略部門を創設|CEOは意見を改める

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨複数に長期投資「アメフト界のスター」Richard Sherman

仮想通貨複数に長期投資「アメフト界のスター」Richard Sherman

仮想通貨取引所Bitrue:リップル(XRP)基軸市場に「4つのペア」を追加

仮想通貨取引所Bitrue:リップル(XRP)基軸市場に「4つのペア」を追加

Weiss Ratings:CARDANO(ADA)本格的に稼働すれば「DAppsの王者」に

Weiss Ratings:CARDANO(ADA)本格的に稼働すれば「DAppsの王者」に

高級時計店「ジェムキャッスルゆきざき」ビットコインキャッシュ決済導入へ

高級時計店「ジェムキャッスルゆきざき」ビットコインキャッシュ決済導入へ

暗号資産の「規制明確化・税制変更」を求める要望を提出:新経済連盟

暗号資産の「規制明確化・税制変更」を求める要望を提出:新経済連盟

ゲーム産業のブロックチェーン技術採用「遅かれ早かれ現実に」BINANCE CEO

ゲーム産業のブロックチェーン技術採用「遅かれ早かれ現実に」BINANCE CEO

オーストラリアの仮想通貨取引所「BW.com」CARDANO(ADA)の取り扱い開始

オーストラリアの仮想通貨取引所「BW.com」CARDANO(ADA)の取り扱い開始

Ripple社のライバル「SWIFT」がR3と提携|分散型台帳技術の統合を発表

Ripple社のライバル「SWIFT」がR3と提携|分散型台帳技術の統合を発表

迫る「半減期」がビットコイン価格上昇をもたらす|転換期は5月:アナリスト予想

迫る「半減期」がビットコイン価格上昇をもたらす|転換期は5月:アナリスト予想

ブロックチェーンで「ヘルスケア業界」のコスト削減へ|医療・健康保険会社がIBMと提携

ブロックチェーンで「ヘルスケア業界」のコスト削減へ|医療・健康保険会社がIBMと提携

スマホ決済サービス「メルペイ」始動|全国約90万箇所のiD加盟店に対応:メルカリ

スマホ決済サービス「メルペイ」始動|全国約90万箇所のiD加盟店に対応:メルカリ

サッカーゲームアプリ「キャプテン翼ZERO」にビットコイン報酬システム実装:GMO

サッカーゲームアプリ「キャプテン翼ZERO」にビットコイン報酬システム実装:GMO

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す