【F1業界初】RedBull HONDA:仮想通貨「FuturoCoin」とスポンサー契約

by BITTIMES   

ホンダ(HONDA)製のF1パワーユニットを搭載しているRedBull(レッドブル)のレーシングチーム「Aston Martin Red Bull Racing(アストンマーチン・レッドブル・レーシング)」は、フトゥーロコイン(Futurocoin/FTO)とのスポンサー契約を結んだことを2019年2月5日に発表しました。F1業界に仮想通貨企業が進出するのは今回が初であると伝えられています。

こちらから読む:大手メーカーはブロックチェーン活用を進める「自動車」関連ニュース

仮想通貨「Futurocoin」と複数年間のスポンサー契約

Aston Martin Red Bull Racing(アストンマーチン・レッドブル・レーシング)は、2019年2月5日に仮想通貨「フトゥーロコイン(Futurocoin/FTO)」と複数年間のスポンサー契約を結んだことを発表しました。Futurocoinのブランドは2019年のF1マシン「RB15」やチームのトランスポーター、ドライバーのスーツなどに掲載されます。

Futurocoinは、仮想通貨ダッシュ(DASH)と同じコードに基づいており、約4秒で取引を完了し、安い手数料を実現していると伝えられています。また「FuturoCoin」はゲームでも獲得できるようになっており「Coin of mine」というアプリもリリースされています。

レッドブル・レーシングのチーム代表であるChristian Horner(クリスチャン・ホーナー)氏は「ブロックチェーン技術や仮想通貨は技術開発の最先端をリードしている」と語り、FuturoCoinとのパートナーシップについて次のように語っています。

近年、ブロックチェーン技術と暗号通貨の台頭は非常に目覚しいものになっています。FuturoCoinとのパートナーシップを通じて、それらの技術を受け入れた最初のF1チームになれることを非常に嬉しく思います。

セキュアなデジタル通貨は技術開発の最先端をリードしています。私たちはその革新的な活動の一役を担う事を本当に楽しみにしています。

FuturoCoinの共同創設者であるRoman Ziemian(ローマン・ツェミアン)氏は「スピードやテクノロジー、時代の先駆者という点で仮想通貨とF1は非常によく似ている」と語っています。

暗号通貨とフォーミュラ1はスピード、テクノロジー、時代の先駆者という意味で非常によく似ています。私はモータースポーツの大ファンであり、F1は常に私を魅了してきました。今回のスポンサーシップは当社の新しい章の幕開けであり、FuturoCoinの認知度を高めるための国際的な基盤となるでしょう。

FuturoCoinのCEOであるPaulinaWoźniak(パウリナ・ウォズニアック)氏は「世界で初めてF1業界に参入した仮想通貨になれることを非常に嬉しく思う」と述べています。

FuturoCoinが「世界初のF1カーに掲載される暗号通貨」になることをとても誇りに思います。世界中で認知されている有名なブランドであるアストンマーティン・レッドブル・レーシングと共に働けることを楽しみにしています。

モータースポーツ業界では、仮想通貨プロジェクトとのスポンサー契約が徐々に増えてきています。日本のレーシングチームである「CARGUY」は、カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の協賛によって作られたレーシングマシン「CARGUY ADA NSX GT3」にADAのシンボルマークを掲げてサーキットを走っています。

2019年2月6日|フトゥーロコイン(FuturoCoin/FTO)の価格

フトゥーロコイン(FuturoCoin/FTO)の価格は、昨年末頃から600円前後での推移を続けており、2019年2月6日時点では「1FTO=527.18円」で取引されています。最近の最高値は2018年12月24日に記録した817円となっています。

2018年11月8日〜2019年2月6日 FTOのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月8日〜2019年2月6日 FTOのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所「STREAMEX(ストリームEX)」とは?基本情報や特徴をわかりやすく解説

仮想通貨取引所「STREAMEX(ストリームEX)」とは?基本情報や特徴をわかりやすく解説

ビットコインETF承認「そう遠くない」SEC理事:ロバート・ジャクソン氏

ビットコインETF承認「そう遠くない」SEC理事:ロバート・ジャクソン氏

ビットコインと金、等価値なら「1BTC=740万円」に|過小評価される理由とは

ビットコインと金、等価値なら「1BTC=740万円」に|過小評価される理由とは

仮想通貨DASHが「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」で利用可能に:ベネズエラ

仮想通貨DASHが「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」で利用可能に:ベネズエラ

ジャガー・ランドローバー:仮想通貨IOTAが稼げる「スマートウォレット」機能をテスト

ジャガー・ランドローバー:仮想通貨IOTAが稼げる「スマートウォレット」機能をテスト

ブロックチェーンで「データ通信」の安全性確保|航空管制業務への活用を検討:NASA

ブロックチェーンで「データ通信」の安全性確保|航空管制業務への活用を検討:NASA

注目度の高い仮想通貨ニュース

ホタテ食品のトレーサビリティにブロックチェーン技術活用:Raw Seafoods

ホタテ食品のトレーサビリティにブロックチェーン技術活用:Raw Seafoods

New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

ILCoinが「5GB」のステーブルブロックに達成し、ブロックサイズの記録をさらに更新

ILCoinが「5GB」のステーブルブロックに達成し、ブロックサイズの記録をさらに更新

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

不正ログイン被害者向けに「最大100万円の補償制度」を導入:仮想通貨取引所TAOTAO

不正ログイン被害者向けに「最大100万円の補償制度」を導入:仮想通貨取引所TAOTAO

Libraよりも「監視外の仮想通貨」を警戒している|スイス規制当局の責任者が発言

Libraよりも「監視外の仮想通貨」を警戒している|スイス規制当局の責任者が発言

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

Cardano(ADA)Shellyテストネットは「第2段階」へ|Ouroboros実装に前進

Cardano(ADA)Shellyテストネットは「第2段階」へ|Ouroboros実装に前進

アルトコイン要求する「性的脅迫メール」が増加傾向=Cofense報告

アルトコイン要求する「性的脅迫メール」が増加傾向=Cofense報告

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月22日〜28日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月22日〜28日

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す