大学のブロックチェーン研究「世界規模で推進」Ripple社の支援プログラムに11校が参加

by BITTIMES

Ripple(リップル)社は、大学ブロックチェーン研究イニシアチブ(UBRI)に米国、シンガポール、中国などの大学11校が新たに加わったことを2019年2月8日に発表しました。世界規模で「Blockchain技術」の研究開発を推進しているUBRIには、現在29の大学が参加しています。

こちらから読む:音楽業界のスタートアップ企業を支援「Ripple/XRP」関連ニュース

アメリカ・シンガポール・中国の大学「11校」が参加

私たちは11校の新しい大学との提携を通じてブロックチェーンのエコシステムを成長させ、明日を担う業界のリーダーたちをサポートすることを楽しみにしています。

今回新たに参加した大学は、
・カーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)
・コーネル大学(Cornell University)
・デューク大学(Duke University)
・ジョージタウン大学(Georgetown University)
・カンザス大学(University of Kansas)
・ミシガン大学(University of Michigan)
・モーガン州立大学(Morgan State University)
・ノースイースタン大学(Northeastern University)
・サンパウロ大学(University of São Paulo)
・シンガポール国立大学(National University of Singapore)
・清華大学フィンテック研究所(THUIFR)
の11校であり、これらの大学が参加したことによって「UBRI」に参加する大学の数は合計29校に拡大しています。

Ripple社から提供された資金は、
・新しいコースの創設
・奨学金の立ち上げ
・学生に送られる賞の授与
などに役立てられます。

「大学ブロックチェーン研究イニシアチブ」急速に成長中

Ripple社のグローバルオペレーション担当バイスプレジデントであるEric van Miltenburg(エリック・ヴァン・ミルテンバーグ)氏は、UBRIが設立されて以降、急速にブロックチェーン研究プロジェクトやイベント、授業などが開始されていることを説明しており、これらのパートナーを拡大することによって、世界規模でブロックチェーン技術の研究開発を促進することができると説明しています。

私たちのパートナーは、UBRIが立ち上げられてから1年足らずで様々なブロックチェーン研究プロジェクトやイベント、講座などの提供を開始しています。

UBRIのパートナーをグローバルに拡大することによって、ブロックチェーン研究プロジェクトをより豊かにすることができるでしょう。

Ripple社の「大学ブロックチェーン研究イニシアチブ」は1年ほど前に立ち上げられており、これまでにも数多くの進展があったことが報告されています。カリフォルニア大学バークレー校では、学部間で数多くのコラボレーションが行われているほか、今後予定されている「UI/UXハッカソン」のような学生主導の活動も行われています。

今回新しく参加することが発表された大学とのプロジェクトも、すでに進められていることが報告されており、先月半ばには中国の清華大学フィンテック研究所(THUIFR)との間で「ブロックチェーン技術研究奨学金プログラム」が開始されたことも発表されています。

世界各国の主要な大学と協力してブロックチェーン技術の研究開発を推進していくことによって、Ripple社や仮想通貨「XRP」のエコシステムはよりグローバルに展開する力強い基盤として確立されていくことになるでしょう。

2019年2月8日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は、過去90日間に渡って30円〜50円の間で推移しており、2019年2月8日時点では「1XRP=31.97円」で取引されています。

2018年11月10日〜2019年2月8日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月10日〜2019年2月8日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)は仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)などで購入することができます。ビットバンクは以前、XRPの取引量で世界一を達成しています。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨決済「米自動車ディーラー」で導入が進む|オクラホマ州18店舗でも利用可能に

仮想通貨決済「米自動車ディーラー」で導入が進む|オクラホマ州18店舗でも利用可能に

ベネズエラ最大のデパートが「仮想通貨ATM」を導入|決済に続きBTC購入も可能に

ベネズエラ最大のデパートが「仮想通貨ATM」を導入|決済に続きBTC購入も可能に

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

RippleNetとは?|各ソリューションの特徴や違い

RippleNetとは?|各ソリューションの特徴や違い

米MicroStrategy:ビットコイン(BTC)「1,500万ドル相当」を追加購入

米MicroStrategy:ビットコイン(BTC)「1,500万ドル相当」を追加購入

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

国会議事堂の自販機などで仮想通貨決済対応を|米上院議員が決議案提出

国会議事堂の自販機などで仮想通貨決済対応を|米上院議員が決議案提出

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

Huobi Japan:パレットトークン(Palette Token/PLT)取扱いへ

Huobi Japan:パレットトークン(Palette Token/PLT)取扱いへ

FTXの債権者リスト公開|Apple・Googleなどの大手企業や各国政府機関も名称も

FTXの債権者リスト公開|Apple・Googleなどの大手企業や各国政府機関も名称も

Nippon Idol Token(NIDT)暗号資産取引所2社で「2023年春」にIEO実施へ

Nippon Idol Token(NIDT)暗号資産取引所2社で「2023年春」にIEO実施へ

Bitget:CEXでは初となる「現物市場でのコピートレード」開始

Bitget:CEXでは初となる「現物市場でのコピートレード」開始

ヴェノム財団がアイスバーグキャピタルと提携|10億ドルのヴェノム・ベンチャーファンドを設立

ヴェノム財団がアイスバーグキャピタルと提携|10億ドルのヴェノム・ベンチャーファンドを設立

ドージコイン(DOGE)、ソラナ(SOL)とメタケード(MCADE)市場はインフレ冷え込みを示すにつれて上昇傾向にあり

ドージコイン(DOGE)、ソラナ(SOL)とメタケード(MCADE)市場はインフレ冷え込みを示すにつれて上昇傾向にあり

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場|充電ステーションを展開

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場|充電ステーションを展開

仮想通貨決済対応が進む「スイス・ルガーノ」ビットコインだけで居住可能に

仮想通貨決済対応が進む「スイス・ルガーノ」ビットコインだけで居住可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す