次世代型「ヘルスケア・ブロックチェーン」構築へ|医療用画像などを共有:Bitfury

by BITTIMES   

ブロックチェーン技術関連のサービスを幅広く展開している「Bitfury(ビットフューリー)」と、人工知能(AI)とBlockchainを融合させたスタートアップ企業「Longenesis」は、医療用画像や診断データを維持、共有、保護するための「次世代型ヘルスケアプラットフォーム」を開発するために、医療施設と放射線科医を結ぶ分散型プラットフォーム「Medical Diagnostic Web」と提携を結びました。

こちらから読む:医療用画像の共有に活用される「ブロックチェーン技術」とは

X線写真・CTスキャンなどの「医療用画像」を管理

Bitfury、Longenesis、Medical Diagnostic Webによって開発されるブロックチェーンプラットフォームは「X線写真・CTスキャンなどの医療用画像」や「患者の診断情報」を維持、共有、保護するための基盤として機能し、ヘルスケア分野におけるブロックチェーン技術実装のための「業界標準」を設定することになると期待されています。

このプラットフォームはBitfuryのプライベートブロックチェーンフレームワークである「Exonum」上に構築されているため、機密医療情報のセキュリティを確保できるようになっており、「Anchoring」と呼ばれる技術を使用することによってトランザクションを検証することができるようになっています。

Longenesisは、許可を受けた関係者のみが記録された医療データにアクセスできるようにし、HIPAA(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)とGDPR(一般データ保護規則)に準拠していることを保証します。

患者情報を記録・共有できる「革新的システム」

BitfuryのCEOであるValery Vavilov(ヴァレリー・ヴァヴィロフ)氏は、ブロックチェーン技術とAIアルゴリズムを組み合わせることによって、患者情報を信頼できる方法で記録し、より簡単に共有することができる革新的なシステムを世界中にもたらすことができると説明しています。

ブロックチェーン技術は、患者記録の改ざんを防止するのと同時に、より簡単に情報を共有することができる手段を提供することによって、患者データのセキュリティをより強固なものにします。

信頼できるデジタル情報を実現する「ブロックチェーン技術」は、AIアルゴリズムの医学的可能性を組み合わせることによって世界中の医療システムを活性化させる能力を秘めています。

ヘルスケアブロックチェーンの「新たな品質基準」

Medical Diagnostic WebのCEO兼共同創設者であるMichael Averbach(マイケル・エバーバッハ)氏は、今回発表されたブロックチェーンプラットフォームは「プライベートチェーン」と「パブリックチェーン」の両方の長所を兼ね備えたものであると説明し、ヘルスケアブロックチェーンの"新しい品質基準"を業界にもたらすことができると語っています。

私たちが提供する「ハイブリッド・プライベート/パブリックブロックチェーン」は、医療データを透明かつ柔軟で安全に保護することができる環境を提供します。私たちはこれらの最先端技術が1つになることによって「ヘルスケアブロックチェーンの新しい品質基準」への道を開くことができると信じています。

またこのプラットフォームは、現在の医療業界で重要な問題となっている「医療画像処理」の問題の多くを解決するのにも役立つと説明されています。

医療分野へのブロックチェーン技術活用はすでに複数の企業で進められており、韓国の病院などでも「ブロックチェーン情報共有プラットフォーム」の開発が進められています。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

eToro:XRP保有者に対する「Sparkトークン付与」対応へ|今後の買い増加に期待感

eToro:XRP保有者に対する「Sparkトークン付与」対応へ|今後の買い増加に期待感

中央銀行デジタル通貨で「プライバシー」が失われる?金持ち父さん著者が警告

中央銀行デジタル通貨で「プライバシー」が失われる?金持ち父さん著者が警告

仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

不動産の「権利移転記録」にブロックチェーン技術活用へ|LIFULLが実証実験を開始

不動産の「権利移転記録」にブロックチェーン技術活用へ|LIFULLが実証実験を開始

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

パナマの議員:BTC・ETHなどの決済利用を認める「仮想通貨法」の草案提出

パナマの議員:BTC・ETHなどの決済利用を認める「仮想通貨法」の草案提出

注目度の高い仮想通貨ニュース

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

米裁判所:BINANCE元CEOに「禁錮4ヶ月」の実刑判決|CZ氏から感謝のメッセージも

米裁判所:BINANCE元CEOに「禁錮4ヶ月」の実刑判決|CZ氏から感謝のメッセージも

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

米SEC:イーサリアム現物ETFの19b-4申請を全て承認|年内上場に期待高まる

米SEC:イーサリアム現物ETFの19b-4申請を全て承認|年内上場に期待高まる

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

人気沸騰中のSolana系プレセールに最新ミームコインSEALANAが登場!飛び込むクジラが続出して数分で10万ドル超え

人気沸騰中のSolana系プレセールに最新ミームコインSEALANAが登場!飛び込むクジラが続出して数分で10万ドル超え

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

自動損益計算のクリプタクト「Astar zkEVM」に対応|確定申告をサポート

自動損益計算のクリプタクト「Astar zkEVM」に対応|確定申告をサポート

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す