ビットコインと金、等価値なら「1BTC=740万円」に|過小評価される理由とは

by BITTIMES   

仮想通貨業界で言われているようにビットコイン(Bitcoin/BTC)が本当に「デジタルゴールド」として機能した場合、1BTCの価格は67,193ドル(743万円)になる可能性があります。実際に金の代用手段としてビットコイン機能するためには解決すべき複数の要因がありますが、一部では「将来的には金と同等の存在になる可能性がある」との分析も報告されています。

こちらから読む:JPモルガン分析では適正価格27万円「ビットコイン」関連ニュース

デジタルゴールドの価格は「67,193ドル」

25万人以上のフォロワーを抱える有名なトレーダーPeter Brandt(ピーター・ブラント)氏は、ビットコイン(BTC)の価値が世界の中央銀行が保有している33,000トンの金と等しい場合、1BTCの価値は67,193ドル(約743万円)になると語りました。

67,193ドル
ビットコインの複合的な価値(2,100万採掘時)が、世界の中央銀行が保有する33,000トンの金の価値と同じになるのであれば、1BTCにはこれだけの価値があることになります。

「ビットコイン」と「金」は様々な場面で比較対象とされており、複数の似た性質からビットコインは「デジタルゴールド」とも呼ばれています。ピーター・ブラント氏のコメントはあくまでも「ビットコインが金と同等の価値を持っていた場合」の金額であるため、実際にこの金額に達するためにはビットコインがこれから金と同様の扱いを受ける必要があります。

ビットコインの評価を下げる複数の要因

ビットコインは将来的に「デジタルゴールド」として扱われる可能性があるとも言われていますが、現時点では技術的な理解が深く浸透していないことなどの影響もあり、詐欺ハッキングなどの事件が問題視されています。

また、仮想通貨関連の明確な規制が定められていないため、これらの犯罪行為は今後も続く危険性があるとも考えられており、金は価値の保存以外に「宇宙船や携帯電話などの電子機器部品」としても使用されているため、現時点でのビットコインは「価値の保存手段とは言い難く、金などの貴金属には及ばない」との評価を受けています。

実際にビットコインが金のような価値を持つためには「環境整備」や「より実用的なユースケース」が必要であるとも言われていますが、最近ではLightning Network(ライトニングネットワーク)などの実用化も進んできており、実際にビットコインを使用するメリットなども増えてきているため、将来的には金などの貴金属を上回る可能性があるとの意見も出ています。

次の半減期で「ストックフローは金と同等」に

別のTwitterユーザーである「@100trillionUSD」氏は、ビットコインのストックフロー(*1)に基づいて、将来的にビットコインの価値が10万ドル〜100万ドル(1,100万円〜1.1億円)に達する可能性があることを語っています。
(*1)ストックフロー:ストックとは資産などの「ある一時点において貯蔵されている量」のことを指し、フローとは収入・支出などの「一定期間内に流れた量」をいう。これら二つの要素は経済状況を読み取る上で重要な2つの要素となっている。

ストックフロー(SF)に基づいて考えると、ビットコイン(赤)は金、銀、パラジウム、プラチナ(青)に比べてまだ過小評価されています。

シルバーのSFは22で市場価値は3,000億ドル(約33兆円)、ビットコインのSFは25で市場価値はわずか650億ドル(約7.2兆円)です。ですがギャップは狭まっています!次の半減期で「ビットコインのSF」と「金のSF」は"=(イコール)"になります。金の市場価値は8兆ドル(約885兆円)です。

「@100trillionUSD」氏は、ビットコインは「金、銀、パラジウム、プラチナ」に比べるとまだ過小評価されているものの、このギャップは徐々に縮小していると説明しており、次の半減期でビットコインのストックフローが金と同等になると語っています。

ビットコインは「デジタルゴールド」となるか

ビットコインが実際に金の代用手段として使用されるようになった場合には、世の中の仕組みも大きく変化することにもなるため、実際に世界の中央銀行などでビットコインが採用されるかどうかに関しては今の所はっきりとはわかりません。

しかしながら、ビットコインの価値を認め、長期的に支持する人々は徐々に増加してきており、価格予想の面に関してはビットコイン価格が1億円に達するとの予想も増えてきています。

最近では以前から1億円の予想を掲げていたJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏に続き、IBMのブロックチェーン・ソリューション責任者であるJesse Lund(ジェシー・ルンド)氏も『ビットコイン価格が将来1億円に達する可能性がある』と語っています。

やビットコインの潜在的価値や今後の価格に関しては様々な意見が交わされていますが、ビットコインを価値の保存手段として信頼する人々も徐々に増えてきており、長期的に見るとビットコイン価格は徐々に上昇を続けているため、数年後には「デジタルゴールド」として正式に認められ、価格が「740万円」に達する可能性があるとも考えられます。

2019年2月25日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先日24日に46万円近くまで上昇していましたがその後大きく下落したことによって、2019年2月25日時点では「1BTC=425,509円」で取引されています。

2019年2月11日〜2019年2月25日 BTCのチャート(引用:bitbank.cc)2019年2月11日〜2019年2月25日 BTCのチャート(引用:bitbank.cc)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインが郵便局で購入可能に!【オーストリア】

ビットコインが郵便局で購入可能に!【オーストリア】

仮想通貨・ブロックチェーン業界に「春」到来:Reddit共同創設者Alexis Ohanian

仮想通貨・ブロックチェーン業界に「春」到来:Reddit共同創設者Alexis Ohanian

Socios.com「Gazzetta Sports Awards 2021」のオフィシャルパートナーに

Socios.com「Gazzetta Sports Awards 2021」のオフィシャルパートナーに

Huobi Global「ロシアルーブル(RUB)の入出金」をサポート|AdvCashと提携

Huobi Global「ロシアルーブル(RUB)の入出金」をサポート|AdvCashと提携

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

EMINEM『ビットコイン』をリリックに使った最新アルバムをリリース

EMINEM『ビットコイン』をリリックに使った最新アルバムをリリース

注目度の高い仮想通貨ニュース

X Payments「必要とされるすべての機能」を提供予定|決済・資産運用なども可能に?

X Payments「必要とされるすべての機能」を提供予定|決済・資産運用なども可能に?

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

KARRATプロトコルが始動:ゲーム、エンターテイメント、AIイノベーションの新時代を切り拓き、ハリウッドと提携

KARRATプロトコルが始動:ゲーム、エンターテイメント、AIイノベーションの新時代を切り拓き、ハリウッドと提携

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

仮想通貨取引所Gateから「Shibarium」が消えた理由が判明|近日中には復活か?

仮想通貨取引所Gateから「Shibarium」が消えた理由が判明|近日中には復活か?

仮想通貨ニュース週間まとめ「エアドロップ情報・アナリストの価格予想」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「エアドロップ情報・アナリストの価格予想」など

ハードウェアウォレットのTangem「仮想通貨決済」に対応|SOL・DOGE・SHIBなども利用可能

ハードウェアウォレットのTangem「仮想通貨決済」に対応|SOL・DOGE・SHIBなども利用可能

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す