ブロックチェーンで「学習履歴・成績証明管理」外国人留学生の教育を支援:SONY×富士通

by BITTIMES

SONY(ソニー)FUJITSU(富士通)は、外国人留学生の「日本語講座の受講履歴」や「成績証明書」を安全に管理し、偽造や不正行為などを防止しつつ、語学教育を促進するために共同開発した「ブロックチェーン管理システム」の実証実験を2019年2月27日から開始します。

こちらから読む:証明書の偽造防止に役立つ「ブロックチェーン技術」とは

日本語能力試験の「証明書偽造」問題

外国人が日本で勉強するための「在留資格」取得するためには、入国管理局に「日本語能力試験に合格したこと」または「一定期間日本語コースを受講したこと」を証明する証明書を提出する必要があります。

通常この証明書は「海外の日本語教育機関」によって発行されることになっており、「日本の日本語学校」が海外の日本語教育機関の代わりに入国管理局に書類を提出するようになっています。

しかし過去の事例では、この書類を"違法に作成する"といった事件が複数報告されており問題となっていました。朝日新聞の報道によると、2018年にはベトナムで地元のブローカーが多くの「偽造証明書」を作成した可能性があるとも報告されています。

オンライン学習システム×ブロックチェーン技術

ソニーと富士通は、ソニーの子会社である「ソニーグローバルエデュケーション社」が開発したブロックチェーン技術と、富士通の「オンライン学習システム」を組み合わせた「偽造防止システム」を共同開発しました。

このシステムは、日本に留学しようと考えている外国人が自国で「オンライン日本語コース」を修了すると、発行された全てのデータと証明書をブロックチェーン上に記録するように設計されています。

日本の日本語学校は、「発行された証明書」と「ブロックチェーン上に記録されたデータ」を比較することによって、証明書が本物であることを確認することができます。ブロックチェーン上に記録されているデータは、複数のコンピューターで記録・管理されているため、情報の改ざんや不正行為を行うことはできないようになっています。

実証実験イメージ(画像:fujitsu.com)実証実験イメージ(画像:fujitsu.com

外国人留学生に「より適切な」教育を

開発されたシステムは2019年2月27日〜3月29日にかけて、留学生の受入・育成を行う教育機関である「ヒューマンアカデミー」で試験運用を開始し、1ヶ月間の試用期間を経たのちに4月から本格的な実装を予定していると伝えられています。

試用期間中はソニーと富士通が問題点を確認してシステムの改善を図り、今後はこのシステムを他の日本語学校に広めていくことも計画しているとも報じられています。

日本にはここ数年間で非常に多くの外国人が訪れており、2019年4月から「改正出入国管理法」が施行されることによって、今後はさらに外国人労働者の受入が拡大すると予想されます。

このシステムを導入することによって、信頼性の高いデータをもとに外国人留学生個々の語学能力を正確に把握し、留学後にそれぞれの能力に見合った適切な教育を支援することができるとも説明されているため、実際に技術の活用が始まれば不正入国などの問題にも対処しつつ、より適切な能力育成の取り組みも進めていくことができるようになると期待されます。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

Ripple社がブロックチェーン経済を見据え17大学に大規模寄付を表明

Ripple社がブロックチェーン経済を見据え17大学に大規模寄付を表明

ブロックチェーンでサッカーファンとの交流強化|パリ・サンジェルマンFC ー フランス

ブロックチェーンでサッカーファンとの交流強化|パリ・サンジェルマンFC ー フランス

Faireum(FAIRC)ブロックチェーンで「オンラインギャンブル」の定額料金モデルを実現

Faireum(FAIRC)ブロックチェーンで「オンラインギャンブル」の定額料金モデルを実現

NY大学が「ブロックチェーン専攻科目」を提供|最先端テクノロジーの法律とビジネス

NY大学が「ブロックチェーン専攻科目」を提供|最先端テクノロジーの法律とビジネス

人気のゲームエンジン「Unity」向けの開発キットを発表|韓国ブロックチェーンID企業

人気のゲームエンジン「Unity」向けの開発キットを発表|韓国ブロックチェーンID企業

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインクジラ「数億円規模の出金報告」相次ぐ|中央銀行への信頼低下も影響か

ビットコインクジラ「数億円規模の出金報告」相次ぐ|中央銀行への信頼低下も影響か

ORBS(オーブス)でリワードが得られる「Proof of Stake/PoS」の仕組みと参加方法

ORBS(オーブス)でリワードが得られる「Proof of Stake/PoS」の仕組みと参加方法

英国最大の旅行管理会社が「ビットコイン決済」を導入:Corporate Traveller

英国最大の旅行管理会社が「ビットコイン決済」を導入:Corporate Traveller

BINANCE:カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の通貨ペア「2種類」を新たに追加

BINANCE:カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の通貨ペア「2種類」を新たに追加

ビットコインSVの「上場廃止」仮想通貨企業が続々と発表|BTC価格に影響する可能性も

ビットコインSVの「上場廃止」仮想通貨企業が続々と発表|BTC価格に影響する可能性も

Coinbase:仮想通貨による「国際決済サービス」を開始|Ripple(XRP)なら手数料無料に

Coinbase:仮想通貨による「国際決済サービス」を開始|Ripple(XRP)なら手数料無料に

リップル(XRP)の実用化進む|サンタンデール銀行が「19カ国」への国際送金に活用

リップル(XRP)の実用化進む|サンタンデール銀行が「19カ国」への国際送金に活用

マネーパートナーズ「仮想通貨交換業」の子会社設立へ|ブロックチェーン事業も視野に

マネーパートナーズ「仮想通貨交換業」の子会社設立へ|ブロックチェーン事業も視野に

ビットコイン価格下落再び、44万円以下の可能性も|Weiss Ratings「買われ過ぎ」と警告

ビットコイン価格下落再び、44万円以下の可能性も|Weiss Ratings「買われ過ぎ」と警告

フランス代表FW「Mbappe(ムバッペ)」選手がビットコインを要求|意味深ツイートの真相とは

フランス代表FW「Mbappe(ムバッペ)」選手がビットコインを要求|意味深ツイートの真相とは

Coincheck:リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)を「大口OTC取引サービス」に追加

Coincheck:リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)を「大口OTC取引サービス」に追加

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す