Ripple社の「xRapid」利用したフィリピン向けの国際送金に成功|英MercuryFX

by BITTIMES

イギリスの国際送金サービス会社である「MercuryFX(マーキュリーFX)」は、2019年3月6日にRipple(リップル)社が提供する仮想通貨XRPを用いた決済サービス「xRapid」を利用してフィリピンへの国際送金を行うことに成功したと発表しました。

こちらから読む:XRPが貰えるキャンペーン開催中「Ripple/XRP」関連ニュース

メキシコ・フィリピンへの「国際送金サービス」開始

MercuryFX(マーキュリーFX)の発表によると、今回の国際送金は新婚旅行でフィリピンの「Edgewater Dive & Spa」というリゾート地を訪れる予定の個人顧客による支払いで行われたとされています。

Mercuryはたった今歴史を作りました。xRapidを使用してフィリピンへの商業的な送金を行うことに成功しました。

この支払いは、個人のお客様がフィリピンの「Edgewater Dive & Spa」リゾートで新婚旅行を行うための支払いとして行われました。

今回の発表に伴い「MercuryFX」は、個人・法人向けに仮想通貨「XRP」を使用した「メキシコとフィリピンへの国際送金サービス」を開始すると発表しています。

イギリスーメキシコ間では「1万円と31時間」を節約

「MercuryFX」は、Ripple社が提供しているソリューションを積極的に活用しており、今年の1月には「xRapid」を使用してイギリスからメキシコへ送金することに成功したと発表しています。この時の送金では、これまでの国際送金で一般的に使用されていた「SWIFT」を使用した場合に比べて「約1万1,200円の手数料」と「31時間の送金時間」を削減できたと報告されています。

Mercury FXのCEOであるAlastair Constance(アラステア・コンスタンス)氏は、最近ロンドンで開催された「Ripple Regionals 2019」の中でRipple社のソリューションについて語り『xRapidはSWIFTよりも高速であるため、国境を越えた送金を行うための優れた選択肢になる』と語っています。

また同氏は、先日「コインテレグラフ日本版」とのインタビューの中で、数カ月以内には「xRapid」を使用して日本に向けたクロスボーダー送金の実験を行いたいとも語っています。

2019年3月6日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は、過去2ヶ月間に渡って35円前後での推移を続けており、2019年3月6日時点では「1XRP=34.96円」で取引されています。最近の最安値は、1月末に記録した約31円となっています。

2019年1月5日〜2019年3月6日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年1月5日〜2019年3月6日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)の購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米SEC:CBOEのビットコインETF「申請取り下げ」を報告|政府機関の閉鎖が影響

米SEC:CBOEのビットコインETF「申請取り下げ」を報告|政府機関の閉鎖が影響

エルサルバドル「44カ国が参加するBTC関連の会合」開催へ|中央銀行・金融当局が参加

エルサルバドル「44カ国が参加するBTC関連の会合」開催へ|中央銀行・金融当局が参加

BINANCE:リスク(Lisk/LSK)の「ステーキングサービス」提供か

BINANCE:リスク(Lisk/LSK)の「ステーキングサービス」提供か

Libraテストネット:プロジェクト数は「30以上」に|プレメインネットも公開

Libraテストネット:プロジェクト数は「30以上」に|プレメインネットも公開

Craig Wright氏の弁護士:ビットコインの秘密鍵「まだ入手していない」と説明

Craig Wright氏の弁護士:ビットコインの秘密鍵「まだ入手していない」と説明

Google「仮想通貨の広告掲載ポリシーを明確化」条件満たした場合の宣伝を許可

Google「仮想通貨の広告掲載ポリシーを明確化」条件満たした場合の宣伝を許可

注目度の高い仮想通貨ニュース

MMORPG「A3:Still Alive」分散型取引所(DEX)サービスの提供開始日が決定

MMORPG「A3:Still Alive」分散型取引所(DEX)サービスの提供開始日が決定

Huobi Japan:取引所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

Huobi Japan:取引所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

ドバイ不動産大手「DAMAC」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHを受け入れ

ドバイ不動産大手「DAMAC」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHを受け入れ

Bitget「KCGI 2022:王座の呼び声」5月9日開幕へ|初の紹介プログラムも開始

Bitget「KCGI 2022:王座の呼び声」5月9日開幕へ|初の紹介プログラムも開始

ジャスミー:シリコンバレー拠点のゼロ知識証明技術「Mystiko.Network」と技術協力開始

ジャスミー:シリコンバレー拠点のゼロ知識証明技術「Mystiko.Network」と技術協力開始

HEXA:ぷよぷよ作者が手掛ける「にょきにょき」のNFT合計36点オークション販売へ

HEXA:ぷよぷよ作者が手掛ける「にょきにょき」のNFT合計36点オークション販売へ

吉本興業:メタバース・タレントアバター事業「FANY X」をスタート

吉本興業:メタバース・タレントアバター事業「FANY X」をスタート

HEXA(ヘキサ)住民票NFTの「第3回無償配布」登録受付開始

HEXA(ヘキサ)住民票NFTの「第3回無償配布」登録受付開始

BINANCEなど18社「イーロン・マスク氏のTwitter買収」に参加|約72億ドルの資金提供で合意

BINANCEなど18社「イーロン・マスク氏のTwitter買収」に参加|約72億ドルの資金提供で合意

Huobi Japan:販売所・取引所で「ポルカドット・エンジンコイン」取扱いへ

Huobi Japan:販売所・取引所で「ポルカドット・エンジンコイン」取扱いへ

日本初の「暗号資産担保型不動産ローン」個人向けに提供開始:Fintertech

日本初の「暗号資産担保型不動産ローン」個人向けに提供開始:Fintertech

OKCoinJapan:パレットトークン(PLT)取扱いへ|pPLT・ePLTの両方に対応

OKCoinJapan:パレットトークン(PLT)取扱いへ|pPLT・ePLTの両方に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す