トロン(TRON/TRX)ETH・EOSの「合計ボリューム」を凌駕|約48億円の取引量を記録

by BITTIMES

分散型アプリケーション(DApps)の開発促進などにも力を入れていることで知られるトロン(Tron/TRX)は、徐々にその存在感を強めてきており、現在は「時価総額ランキングTOP10」にもランクインしています。そんなTRONのCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、最近のツイートで「TRXの取引量がイオスとイーサリアムを一時的に大きく上回ったこと」を報告しています。

こちらから読む:BitgoでTRXのカストディサービス始まる「TRON/TRX」関連ニュース

TRX=ETH+EOS

トロン(Tron/TRX)のCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、2019年3月9日のツイートでTRXの取引量が大きく上昇していたことを報告しました。

同氏が引用していた「DApp Review」のデータによると、2019年3月4日〜8日にかけてのTRXの取引量は「トロン最大のライバル」とされるイオス(EOS)とイーサリアム(ETH)の取引量を大きく上回っており、一時的には両者の合計値を上回っています。

3月8日の取引量は、
ETH:440万ドル(約4.8億円)
EOS:1,161万ドル(約12.9億円)
となっているのに対して、TRXの取引量は4,361万ドル(約48.4億円)となっています。

(画像:DApp Review)(画像:DApp Review)

しかし、これに関しては異議を唱える意見も出ており、一人のTwitterユーザーは「CoinMarketCap」のデータを引用して「EOSの取引量の方が圧倒的に多いことを説明しています。

EOSの取引量は文字通りTRXの10倍です。

全体的な取引量でみると、依然としてEOSの方が圧倒的に多い取引量を誇っていることが示されていますが、DApps上での取引量に関してはTRONが徐々に勢力を伸ばしてきていると考えられます。

TRONネットワークの拡大は続く

最近の報告によると、TRONのネットワーク上には、
・187の分散型アプリケーション(DApps)
・464以上のスマートコントラクト
・10の分散型取引所(DEX)
・40のツールDApps
・6つのコレクションゲーム
・4つのcandyboxプロジェクト
があるとされています。

TRONは、最近テザー(Tether/USDT)との提携でも話題となっており、2019年第2四半期までにTronネットワーク上で「USDT」を発行することが発表されています。

トロンに対する批判の声は現在も複数見られているものの、TRONネットワークは現在も拡大を続けており、中国の仮想通貨格付け機関「CCID」が先月公開した仮想通貨のランキングでは、初登場となったTRON(TRX)が総合評価で「2位」を獲得しています。

総合的な面でみると、取引量や時価総額など多くの面でイオスに劣っていますが、ジャスティン・サン氏は2019年の目標として時価総額ランキングで「4位」を獲得することを掲げているため、今後もTRONは「イオス」や「イーサリアム」との差をなくすための様々なアプローチをとっていくと予想されます。

その他の仮想通貨が上昇してきていることなども影響し、現在の時価総額ランキングではTRONは「10位」にまで順位を下げてしまったものの、ビットトレントトークン(BitTorrent Token/BTT)のエアドロップ(無料配布)が長期的に継続されることなども発表されているため、今後再び上位にランク付けされる可能性も十分にあると考えられます。

2019年3月11日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)の価格は今月4日に2円近くまで下落しましたが、その後はやや回復しており、2019年3月11日時点では「1TRX=2.55円」で取引されています。

2019年1月10日〜2019年3月11日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年1月10日〜2019年3月11日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NASDAQ上場企業「Mogo」イーサリアム(ETH)に約4,400万円を投資

NASDAQ上場企業「Mogo」イーサリアム(ETH)に約4,400万円を投資

ビットコインは今後数年間で「660万円」を超え、時価総額は110兆円に:Bobby Lee

ビットコインは今後数年間で「660万円」を超え、時価総額は110兆円に:Bobby Lee

ナショナルラグビーリーグ:ブロックチェーンで「偽造品」に対処|IPオーストラリアと協力

ナショナルラグビーリーグ:ブロックチェーンで「偽造品」に対処|IPオーストラリアと協力

DeFi+CeFiの「ハイブリッド型金融サービス」暗号資産取引所で導入進む

DeFi+CeFiの「ハイブリッド型金融サービス」暗号資産取引所で導入進む

マイアミ国際空港が「ビットコインATM」初導入|旅行者の利用増加に期待

マイアミ国際空港が「ビットコインATM」初導入|旅行者の利用増加に期待

ビットコイン・ストリートアート|世界中に描かれる経済革命のシンボル

ビットコイン・ストリートアート|世界中に描かれる経済革命のシンボル

注目度の高い仮想通貨ニュース

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月10日〜16日

コインチェック:話題のテキストブック「NFTの教科書」が当たるキャンペーン開始

コインチェック:話題のテキストブック「NFTの教科書」が当たるキャンペーン開始

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

MetaMask(メタマスク)の「登録・導入・初期設定・復元方法」初心者向けにわかりやすく解説

MetaMask(メタマスク)の「登録・導入・初期設定・復元方法」初心者向けにわかりやすく解説

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

暗号資産取引所「FTX」香港からバハマに本社移転

暗号資産取引所「FTX」香港からバハマに本社移転

Mastercard:ブロックチェーン・仮想通貨分析企業「CipherTrace」の買収を完了

Mastercard:ブロックチェーン・仮想通貨分析企業「CipherTrace」の買収を完了

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

Steam「仮想通貨・NFT関連のブロックチェーンゲーム配信」を禁止|Epic Gamesは歓迎

Steam「仮想通貨・NFT関連のブロックチェーンゲーム配信」を禁止|Epic Gamesは歓迎

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す